2008年05月30日

源氏のゆかり(14)説明板2-凝華・飛香舎跡

 弘徽殿跡の地点から北の方を見ると,こんな感じの通りです。


Buydmczx_s土屋町通を望む



 このすぐ北の左に立つ狸の場所に、凝華舎と飛香舎の跡があります。
 今は、染め物工場がある所です。

Qg7sus0m_s玄関に



 凝華舎とは、梅壷と言ったほうがわかりやすいと思います。
 弘徽殿女御は、弘徽殿を朧月夜に譲った後は,この梅壷を局としました(「賢木」巻)。

 また、光源氏の養女で冷泉帝に入内した六条御息所の娘の秋好中宮は、ここに住んでいたために梅壷女御と呼ばれました(「絵合」巻)。

 飛香舎は、藤壷という名前で知られています。
 光源氏が想いを寄せた藤壷女御がいた所です(「桐壷」巻)。


5p0kslpp_s説明板



 この説明にもあるように、『源氏物語』が執筆された当時の藤壷女御は、道長の娘で紫式部がお仕えした彰子中宮です。
 『源氏物語』における藤壷の重要性がわかります。



posted by genjiito at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎源氏物語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178852340
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック