2008年05月21日

源氏絵巻のメガネ拭き

 朝日新聞の5月20日版に、「時めきたまふ眼鏡ふき」という記事がありました。
 石山寺が所蔵する源氏物語絵巻をプリントした眼鏡拭きを、昨年10月に東レと開発したところ、それが約5万枚も売れたというのです。

 素材は、超極細糸を使用したものです。
 絵のないものは私も活用していますが、源氏絵が描かれたものが人気とは……。
 これも源氏千年紀の効果でしょうか。

 これを手に入れようと思っていたところ、偶然にも新聞記事を見たその日に、ある方からいただきました。


Wrlg7iwl_s眼鏡拭き



 これは、石山寺の源氏絵巻ではなくて、徳川美術館が所蔵する土佐光則筆『源氏物語画帖』の「初音」の絵です。
 この写真は、私が持っている皿の上に広げて撮影したものです。現物は、写真の白い部分がないものです。

 同じことなら、絵のあるものの方が楽しいので、これを今後は使うことにします。

 いろいろな源氏グッズがあるので、今後ともこうした報告もしたいと思います。
 『源氏物語』の受容史を研究テーマにしていることですので。




posted by genjiito at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎源氏物語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178852328
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック