2008年05月07日

源氏千年(43)朝日「人脈記」10

 第10回のタイトルは、「これぞ傑作! 翻訳の至福」(関東版)/「世界に響く 人間描写」(関西版)です。

 『源氏物語』は世界中で読まれています。現在私が確認した所では、20種類の言語で翻訳されています。
 黄金週間で中断していた「人脈記」では、今回は海外での翻訳状況を踏まえた話となっています。

 フィアラ先生は、何かと連絡をくださいます。非常に細やかな心配りのできる方です。お願いした約束は、キッチリと果たしてくださいます。今日の記事にあるように、「なめらかな日本語」で話されます。
 今年、チェコ語訳が完成しました。近刊の『源氏物語【翻訳】事典』でも、先生直々の原稿をいただきました。

 2人目のエルキン先生は、今年の1月まで職場でご一緒でした。トルコ語への翻訳の苦労話を、たくさん伺いました。今日の新聞を見ると、トルコ語訳『源氏物語』は、今秋刊行とのことです。しばらく連絡がとれなかったので、心配していました。お元気のようで、安堵しました。

 サイデンステッカー訳の『源氏物語』を凌駕する英訳を果たされたタイラー先生も、『源氏物語【翻訳】事典』に寄稿してくださいました。いろいろなイベントでお世話になっています。飾らない語り口が、多くの方々の信頼を得ていると思います。もっともっと、翻訳の裏話を聞きたいものです。

 今回登場の3人の先生は、みなさん日本の文学を熟知しておられます。このような先生方が、海外にはたくさんいらっしゃいます。そして、その教え子である学生さんたちも、海外にもかかわらず『源氏物語』と真剣に取り組んでいるのです。
 日本人よりも熱心に『源氏物語』を読んでいる方が多いので、海外に行くたびに、日本の研究が遅々として進まないことに焦燥感を覚えます。

 日本の文学作品は、海外では非常に注目されています。書店に入るとわかります。近現代の文学の翻訳が多いのですが、古典も予想外に健闘しています。
 たくさんの日本の文学作品が、さまざまな言語に置き換えられて、たくさんの海外の方々に読み続けられています。

 まさに、『源氏物語』は世界文学の中の一大金字塔なのです。




posted by genjiito at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎源氏物語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178852310
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック