2008年04月28日

源氏千年(36)朝日「人脈記」6

 「ニッポン人脈記 千年の源氏物語」の第6回は「王朝の香り あくなき探求」(関東版)/「王朝の香りに酔いしれて」(関西版)です。

 先般、私は松栄堂で催された聞香の会に参加したばかりでした。

「『源氏物語』のお香と、初めての聞香」
http://blog.kansai.com/genjiito/249

 興味を持ち出したばかりでもあり、まったく知らなかった世界が身近に感じられます。

 過日の「源氏千年(30)朝日「人脈記」4」でも触れたことですが、河添房江先生の『光源氏が愛した王朝ブランド品』(角川選書、2008.3)に薫物の章があり、藤原範兼が鳥羽上皇の命で編纂した『薫集類抄』のことも引かれていました。
 またまた、薫物に関する章の見出しだけですが紹介しておきます。

「八 平安のフレグランス その一 『うつほ物語』と『枕草子』」
 ・シャネルの五番
 ・日本の香文化の源流
 ・儀式に使われる薫物
 ・ギフトとしての薫物
 ・『うつほ物語』と『枕草子』の不思議
 ・『このついで』の美学
「九 平安のフレグランス その二 『源氏物語』の世界」
 ・梅枝巻の薫物合の世界
 ・蛍宮の八方美人ぶり
 ・薫物と四季の美意識
 ・鈴虫巻の持仏開眼供養の香り
 ・香りがまじりあう効果

 お香の世界が、ぐっと日常レベルに近づいてきました。

 鳥毛逸平氏はもちろん、建築家の安原盛彦氏についても、今回の記事で初めて知ることが多くありました。『源氏物語』が幅広い分野の研究対象になっていることがわかります。

 村上征勝先生の計量文献学の成果については、先生が統計数理研究所においでの頃からお話を伺っていた話です。それだけに、あの結果を先生ご自身が現在はどのように評価なさっているのか、もう少し突っ込んでもらえたら、と思いながら読みました。

 それにしても、掲載スペースと字数の制限の厳しさを思わざるを得ません。残念です。
 今回の取材にあたって、膨大な情報が白石さんの元に集まっていると思われます。そうした資料と情報を、ぜひとも再構成して、『源氏物語』の現在について一書にまとめていただくことを熱望します。
 源氏千年の年だからこその、『源氏物語』の受容史を総括する、意義深い成果となることでしょう。

 今日の記事が「こんな『源氏』の読み方もある。」と締めくくられており、多くの方々が「なるほど、『源氏物語』は奥が深いものだ」と思われたことでしょう。

 明日の夕刊はお休み、とのことです。
 夕刊を手にする楽しみが一日延びたのは、残念なようで嬉しいものです。


posted by genjiito at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎源氏物語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178852298
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック