2008年03月25日

京洛逍遥(30)西無車小路町

 京の地名には、おもしろいものがたくさんあります。
 そんな一つを。

 御所の中にある宮内庁京都事務所にほど近い乾御門から西へ350メートルほど行くと、「西無車小路町」という町名に出会いました。ちょうど烏丸通りと堀川通りの中間地点にあたり、北に徳大寺殿町、南に一条殿町があります。
 西南の一条戻橋には、小野小町の草紙洗いで有名な地がありますが、ここではあえて話題を外しましょう。

 武者小路千家の「官休庵」の前で撮ったのが、次の写真です。


Vvyplqd3_s町名



 通りかかった最初は、シャレで書かれた冗談かと思いました。茶人たちも粋なことを、と思いながら帰って調べると、なんと実際の町名なのです。
 住民の遊び心の体現なのでしょうか……。

 地図を見ると、道を隔てた通りが「武者小路通」で、隣の町名が「武者小路町」です。
 写真にも、手前の住居表示板に、「武者小路通新町西入 西無車小路町」と書かれているのが読めます。
 この町名表示の舞台裏を知りたくなりました。


posted by genjiito at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎京洛逍遥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178852253
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック