2008年01月23日

心身(9)健康維持の日々

 東京地方は、朝から小雪が舞っていました。積もることを期待したのですが、昼過ぎには小雨となり、吹き溜まりに白いものが残っている程度でした。シャーベット状の道を歩くのは、ベチャベチャとして気持ちが悪いものです。白雪を踏む時のギュッギュッという音が懐かしく思われます。

 品川の職場も、立川へ移転するために、ここに通うのは来月の15日までです。
 電車を降りたら、館長と一緒になりました。正門まで来た時に、館長は突然カメラをカバンから出され、少し雪を被った庭などを撮影しておられました。春の桜が満開の時は、たくさん写真を撮ったとおっしゃっていました。最後の雪景色を撮影できるのかと思われたようですが、真っ白な庭ではなくて少し残念そうでした。

 今日は、4つもの会議と過酷な業務の合間に、部屋の書類などを、寒い中、セッセと段ボールに詰めました。もう20箱ぐらいになったでしょうか。まだまだこの作業は続きます。

 夜、銀座の伊東屋へ行き、愛用の手帳のリフィルを買いました。これまでは、見開き1週間タイプを使っていました。しかし、用件だけを記入するので、スペースを埋めるのが面倒です。そこで、見開き2週間タイプに変更することにしたのです。
 これで、手帳もスリムになります。代わりに、メモ用紙を少し多く入れることにしました。

 いつものスポーツクラブでは、今日はヨガを取り入れたヒーリングクラスに入り、心身をリラックスさせました。ここは、気分転換には最適の空間です。
 体重は52.5キロと、秋口の50キロスレスレをようやく脱却できました。食事の時間帯とメニューを考えながら、何とか1日1500キロカロリーという食事制限を維持できています。新年早々は食べ過ぎたせいもあり、血糖値が高い日が多かったのですが、今は糖尿病の境界値の少し内側をさまよっています。息子に弁当も作ってもらっているので、この調子でいけば、薬漬けの生活を送らなくてすみそうです。

 体力測定も、新年は19歳レベルだと出ました。毎月測定していますが、18歳から20歳レベルの体力を維持できています。もっとも、マシンをコントロールするのも得意なので、この体力測定の機器も、うまく操っているところがあります。呼吸法によって、結果が違うのです。私の体力が二十歳以下だというのではなくて、そのような結果が出るコツを会得している、というのが正直なところです。

 今年も、身体に気を遣う生活を送ることとなります。
 まずは、順調なスタートと言えるでしょう。


posted by genjiito at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | *健康雑記
この記事へのコメント
先日体力測定をしたら、30歳代と言われました。<br />毎朝、電車到着のアナウンスを聞きながら駅の階段を<br />猛スピードで駆け上がってるのに。なんででしょうか?<br /><br />気持ちはいつまでも10代なのですが。。。<br /><br />20代の娘より。
Posted by miburo at 2008年01月24日 20:52
体力測定の時には、深く息を吸い、細く長く吐くのがコツです。<br /> それも、一定のペースで。<br /><br />
Posted by genjiito at 2008年01月25日 08:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178852186
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック