2008年01月17日

源氏絵皿の最新作です

 精力的にガラスの大皿に源氏絵を描いている植村佳菜子さんの最新作をご覧にいれます。

 昨年の12月13日に、以下の本ブログで紹介した作品に続くものです。


http://blog.kansai.com/genjiito/125


 このガラスの皿を造ってくださっている「ガラス工房やまむら」については、これまた本ブログ(昨年12月4日)で詳しくその工程を含めて紹介しました。

http://blog.kansai.com/genjiito/118


 今年は、源氏物語千年という記念の年です。
 今春までには、少なくとも宇治十帖の10枚は完成させよう、という合言葉のもとに、おっとりした性格にムチ打ってペースをあげているようです。

 私からの励ましのことばは、急ぎながらも作品の質を落とさないように、という無責任な声援です。

 配色のことを言うと、
「ガラスに色を入れて焼くので、なかなか思うような色にならないし、絵の具もフランスからの輸入なので、意のままにならないところがあって」
と、言い訳を言っていました。

 無視

 夜回り先生として有名な水谷修さんの講演会を聞いて来たそうで、水谷さんが
「全国の先生! 子供たちをしからないでください、ほめてあげてください。」
と言っていた、との報告。

 無視


7hoymdmq_s新作源氏絵皿1




Nad47zos_s新作源氏絵皿2




8lie6i57_s新作源氏絵皿3




Vfyc7a_p_sガラス絵小物



posted by genjiito at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎源氏物語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178852180
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック