2008年01月02日

京洛逍遥(22)元旦の新聞に!!

 元旦の朝日新聞を見ていて驚きました。
 ナンと3面の手前の記事に、自分の顔が微かに見えるのです。写真中央の頭は、どう見ても、これは自分です。
 あれっ、これは昨日の、と、確信に至りました。


Mry4wvrk_s元旦の朝日新聞



 前夜の大晦日に行った、八坂さんのをけら詣りの記事に添えられた写真の中に、自分の顔の上半分が写っていたのです。

 年末に別件で朝日新聞の取材を受けたばかりだったので、不思議な縁を感じました。

 をけら火の右側に、報道関係のカメラの列があったので、それを避ける気持ちもあって、左側の火に縄を延ばしたのですが、その時が朝日新聞のカメラマンのシャッターチャンスとドンピシャだったようです。
 それにしても、全身でなくてホッとしました。
 どこで自分の姿が全国に晒されるのかわからない、と思うと、複雑な気持ちになりました。

 新聞、テレビ、週刊誌と、さまざまな写真が氾濫しています。
 悪いことをしているのではないので、別にこれがどうということはありません。しかし、自分の知らないところでこうした存在証明をされることは、内心戸惑いが起きます。
 テレビ中継などでは、プラカードなどで、姿が放映されることを通知されるそうです。しかし、こうした行事に参加した者の様子を報道する際には、いちいち確認はしないのでしょう。
 毎年恒例の伝統行事なので、報道されることは暗黙の了解の元に成り立つ現場であり、それを前提での報道写真ということなのでしょう。

 松本清張の小説に、映像によって自分のアリバイが崩れる作品がありました。フッと、そのことを思い出しました。

 昨年の元旦には、『源氏物語』の外国語訳に関する記事の中で私のことが紹介されました。
 今年は、京の伝統行事に絡んで、偶然とはいえ自分にとっての記念となる掲載となりました。
 他人にとっては何ということはない出来事ですが、何となく生きている面白さを感じさせてくれる1年の締めくくりと、それを引き継いでのスタートとなりました。

 今年は、どんな1年になるのか、大いに楽しみです。



posted by genjiito at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎京洛逍遥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178852164
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック