2007年08月27日

エレベータはなぜ仲良く昇降するのか

 今日は、エレベータの前でジッと待つ日でした。
 違う場所で4回も同じ状況に置かれたので、日ごろの疑問が確信になりました。
 どうして、複数台あるエレベータが、一緒に動くことが多いのでしょうか。
 2台や3台、もしくは4台もあるエレベータが、どれも同じ階にあることに直面することが多いのです。もっとランダムに昇降できないのでしょうか。

 エレベータを管理するコンピュータのプログラムがどうなっているのかは知りません。しかし、どう考えても効率の悪い動きをしているとしか思えません。

 一緒に上がってくるエレベータが複数台あっても、1台が到着すると、他のものは手前で折り返していることはわかります。それくらいはプログラミングで対処できることです。一つの呼び出しに、複数台が駆けつける必要はないのです。
 問題は、エレベータの前で待つ時間の長さです。複数台あれば、うまくコントロールすれば、待ち時間を短縮できるはずです。
 少なくとも、並んで昇降するエレベータを、ジッと眺める状況が生ずるのは、エレベータを管理する会社とそれを動かすプログラムのレベルが低すぎるからとしか思えません。怠慢です。危険なエレベータに対する技術的な改良と対処は必要です。しかし、利用者のことはプログラミングされていないようです。

 今のエレベータのプログラムの多くは、あまりにも出来が悪いと思われます。もっと、利用者の心理を研究して、効率の良い昇降をする道具にしてもらいたいと思います。

 海外はともかく、日本人はこうした点では優秀なはずなので、エレベータ会社はチャレンジしてほしいと思います。利用者の気持ちを熟知した動きをするエレベータの設置を、心待ちにしています。
posted by genjiito at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | *身辺雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178851996
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック