2007年07月27日

スクーバ・ダイビング(4)

 水深4メートルのプールでのダイビング実習は、今日で最後です。
 まずは、200メートルを泳ぐテストでした。これは、とにかく足をつかずに泳ぎきればいいので、日ごろから鍛えている水泳の調子でできました。
 続いて、水の上に10分間ジッと浮いたままでいる、という課題「サバイバルフロート」をこなしました。ウエットスーツを着ての水面浮游なので、楽に浮いていられました。それにしても、10分も水の上でプカリプカリは初めての体験です。リラックスする訓練だと思って、ボーッと天井を見ていました。やってみると、10分は意外に短いものだと感じました。3分間チキンラーメンを待つ方が、長く感じるのではないでしょうか。

 さて、今日はこれまで学んだスキルの復習でした。初めてやったのは、パワー・インフレーター・ホースといって、ボンベから空気を送るホースを外して、また付けるというものでした。また、足がつった時の直し方や、疲労したダイバーを曳行する訓練もしました。

 総復習が終わってから、自由に4メートルの水底を泳ぐ時になって、急に体が軽くなり、水面の方にだんだんと上がってしまいました。そして、なかなか沈めなくて苦労しました。後で聞くと、ボンベの空気が減っていたために、そのボンベが浮きの働きをして浮力が大きくなったことが原因のようでした。水の中では、いろんなことがあるものです。

 まだ初心者の域を出られませんが、一先ずはやるべきことは一通りやり終えました。実感は乏しいのですが、思い出すといろいろと出来そうなので怖くなります。

 残るは、ダイビングに関するペーパーテストです。3日後に試験を受ける予約をして帰りました。さて、これから試験対策のラストスバートです。暗記が多いので、この年では限界を感じます。覚えていられないのです。
 体内窒素の残留に関する計算問題は、もう頭がパニックです。

 来週は、伊豆長岡温泉にある大瀬崎という所で、最後の海洋実習です。本当に海に潜るのです。不安が潜行する中での期待は、非常に複雑な思いを体感させてくれています。
 さて、どうなりますか。
 その前に、とにかく試験勉強です。
posted by genjiito at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | *身辺雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178851973
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック