2007年07月06日

心身(4)18歳レベルの体力

 スポーツクラブへ、相変わらずマメに通っています。お風呂だけのときもありますが……。
 全国展開しているクラブなので、各地のどこの施設でも利用できます。京都の家のそばにもあるので、好きな時に行っています。
 また、歩くことも心がけています。万歩計をベルトに付け、毎日結果を楽しんでいます。私の場合は、だいたい毎日、1万5000歩以上を歩いています。通勤時の駅は、少し遠いところを利用するようにしています。また、職場では、エレベータを極力使わないようにしています。私の部屋は4階にあるので、階段を使ってちょうどいい運動量のようです。

 毎月、体力測定もしています。自転車を、決められた時間に決められた負荷を段階的に増加させて、持久力を中心とした体力を測るのです。

 先月は、50歳の年齢に相当する体力だという結果でした。実年齢よりも6歳も若いので、疲れた日々が流れて行く中で、思っているほど体力が衰えていないことがわかり、内心ホッとしました。
 そして今日は、何と驚くなかれ、18歳相当の体力だということでした。60に手が届きそうになった私としては、この結果には複雑な思いが入り混じります。素直に受け入れがたいのです。しかし、結果は結果なので、それが機械のいたずらだったとしても、気分はいいものです。
 自転車を漕いでいても、確かにいつもよりも楽な感じはしました。目の前の表示を見続けながら漕いでいたのですが、液晶パネルのグラフは、自転車のペダルへの負荷が増加しても安定していました。
 快調に測定を終え、表示される「優秀」という文字を見て、これは引っ越しの成果だと思いました。重い荷物の上げ下ろしを、この2ヶ月間やり通したからです。そんなことで、体力が18歳レベルというのも、俄には信じがたいのですが、気分のいいことは素直に受け入れることにします。精神年齢の話ではないので、喜ぶべきことなのです。

 体力が基本となって、気力も活性化します。
 これを一つの誇りとして、またいろいろなことにチャレンジしましょう。
 そう言えば、明後日から2日間は、スキューバダイビングの講習会です。そして、この夏にはスキューバダイビングの国際免許を取得するのです。

 気力体力の減退を如実に実感する日々の中、18歳という励ましの測定結果は、とにかく私にとっては朗報といえましょう。
posted by genjiito at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | *健康雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178851957
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック