2020年07月05日

京洛逍遥(635)三条東殿遺趾に建つ新装の新風館

 烏丸通の御池を少し下った所には、院政時代の三条東殿遺趾があります。

200705_iseki1.jpg

 ここには、11世紀初めに藤原齊家の邸宅があり、その後、白河法皇・鳥羽上皇・後白河法皇は院の御所としました。待賢門院もここに住んでいました。平治の乱が勃発したのもここです。

 この場所に、商業複合施設の新風館がありました。それが、2016年3月に再開発のため閉館し、新型コロナウイルスのために遅れたとはいえ、今年の6月に新しくなってオープンしました。
 京都市営地下鉄「烏丸御池」駅の真上にある、木の香漂う建築です。

200705_subway.jpg

200705_sinpu1.jpg

200705_sinpu2.jpg

200705_sinpu3.jpg

 エレベータに乗ると、まずは戸惑いが起こります。

200705_elevator.jpg

 旧京都中央電話局と新築棟が結びついた外観も、見ごたえがあります。

200705_sinpu4.jpg

 中には、ショップ、レストラン、シネマなど、20店舗が入っています。
 ほとんどが若者向けのお店ながら、小物などは楽しく見て回れました。
 新しいランドマークの誕生です。
 
 
 
posted by genjiito at 19:59| Comment(0) | ◎京洛逍遥