2020年06月21日

休日の大阪市内で一仕事を終えて

 今日も会合に出席するために、大阪市内に出かけました。出町柳駅前からは、如意ヶ岳の大文字が爽やかに「大」の字を見せています。

200621_daimonji.jpg

 京都五山の送り火まで、あと1ヶ月半。今年の大文字は、いつもの年に増して疫病退散を中心にした、切実な願いや祈りに包まれることでしょう。

 京阪電車の乗客は適度にコントロールされた数なので、安心して移動ができます。
 乗り換えの淀屋橋駅で地上に出ると、中之島がきれいに見通せます。

200621_nakanosima.jpg

 左から、日銀、市役所、図書館、公会堂と、歴史的な建造物が並んでいます。
 水の都大阪を実感するエリアです。

 帰りは夕方だったので、乗客は多い方でした。休日なので、お買い物帰りでしょうか。地下鉄では、拳一つ半くらいの隙間を空けて、ゆったり座っておられます。そのせいもあり、数人が立っておられました。
 そんな中で、隣の方が私との間に大きめのカバンと紙袋をドンと寝かせて置いて、ちょうど1人分以上の間隔を保っておられます。確かに、ソーシャルディスタンスを考えると、それくらいの間をとってもいいと思います。しかし、今は少し混み合っているので、多少は融通を利かせてもいい状況です。少し体格のいい女性だったので、その方と荷物のスペースには、スリムな私が3人は座れます。そんなに自己主張しなくても、と思いました。かと言って、少し詰めませんか? と言うわけにもいきません。なかなか、難しいものです。

 京阪電車は、2人がけのベンチシートに1人ずつ座り、いつものようにゆったりしていて快適です。日曜日の夕刻とは思えないほどに、時間もゆったり流れていきます。
 窓から見える大阪湾に沈む夕陽が、幻想的な色を見せていました。
 無事に一仕事を終えた後なので、ついシャッターを切り、しばし夕景に見惚れていました。

200621_yuuhi.jpg 
 
 
posted by genjiito at 22:29| Comment(0) | ・ブラリと