2020年02月28日

京洛逍遥(593)京都市役所にNPOの書類を提出

 特定非営利活動法人(NPO)〈源氏物語電子資料館〉に関する書類を、京都市役所へ提出するために行きました。
 いつものように、ホテルオークラの真向かいにある東口から入ろうとしました。しかし、工事期間中でも開いていた工事塀の一角が、完全に塞がれています。それではと正面に回っても、市役所の本館には行けません。

200228_siyakusyo1.jpg

 工事関係者に聞くと、反対側の北口から入れる、とのことです。ちょうど建物を時計回りに一周させられました。
 北口から入ろうとしても、それらしき入口がありません。ガードマンの方に聞くと、私が行きたいNPO関係の部署は、ここではなくて、さらに向かいにある、分庁舎地下1階に移っているとのことです。しかも、3人目の方が教えてくださいました。グルグル回って15分。昨夏から、まったく様子が違っています。

200228_siyakusyo2.jpg

 地域自治推進室は、だだっ広いフロアの一角にありました。正確には、「京都市文化市民局地域自治推進室市民活動支援担当」という係です。

 あらかじめ電話で訪問の意図を伝えてあったので、対応は迅速にしていただけました。ここは、いつもテキパキと気持ちのいい対応をしてくださいます。
 ここ数日、かかりっきりで作成した書類は28枚。対応してくださった係員の女性は、一旦自分の席に持ち帰って点検しておられます。そして、まもなく1枚だけ斜線で訂正する指示があった以外は、問題なしということで受け取っていただけました。
 書類作成が大の苦手な私には、あれだけ四苦八苦して作成したものが、あっけないほど短時間で受理され、拍子抜けです。安堵とともに、ドッと疲れが出ました。

 気分転換を兼ねて、すぐそばの夏目漱石の句碑がある御池大橋を渡りました。ここから下の三条大橋を眺めるのは久しぶりです。そして、写真を撮るのは初めてのように思います。

200228_3jyouhasi.jpg

 その三条大橋の袂にあるブックオフに、ブラリと立ち寄りました。ここでは、意外な本との出会いがあります。今日は、版本のお茶の本がありました。『茶式花月集 上・下・後編上・後編下』の四冊です。天保10年の板行なので、おもしろいと思っていただいてきました。さて、どんな内容が書いてあるのか、これからパラパラと気ままに読みたいと思います。

200228_teabook1.jpg

200228_teabook2.jpg

200228_teabook3.jpg
 
 
 
posted by genjiito at 20:54| Comment(0) | ◎京洛逍遥