2019年10月15日

清張全集復読(36)『火の路 上』

 『火の路 上』(松本清張、文春文庫、1978年7月)を読みました。

191015_hinomiti1.jpg

 この作品を読むのは3度目です。新聞に連載されていた時、次に単行本で、そして今回は文庫本で読みました。

 開巻早々、飛鳥の酒船石の写真が出てきます。これは、読者にとっては現在残されている遺物のイメージを膨らませることになる、ありがたい配慮です。そして、酒船石の所で一人の女性が登場。謎解きの始まりです。さらに、奈良市内での殺傷事件へと話題が発展します。古美術家と歴史学者が展開する、古代史ミステリーです。
 中でも、学者批判、論文盗用、実証主義、民俗学に対する批判は、清張の内部にあった本音の一端だと思われます。少し長くなるのも厭わず、引いておきます。

 それは先生が弟子の論文を平気で盗用するという話であった。弟子は、学界での自分の将来を先生に托しているので、文句も言えずに泣寝入りになる、それが学界の「慣習」だと言っていた。
「海津信六の論文を、さすがにそのまま盗用する学者はいない。しかし、海津論文は示唆が多いから、下敷きにするにはもってこいだよ」
「しかし、そんなことをしてたら、タネが分かるんじゃないですか?」
「海津信六の古い論文を知っている者には、ははあ、この先生の学説はこれからタネを取っているのだな、と推定がつく。が、それが表立って非難されないのは、お互いが同じようなことをやっている点にもある」
「その場合、自説の基礎となった海津さんの論文を出典名として挙げないのですか?」
「とんでもないよ、君」
と、佐田はパイプを口から放した。
「……そんな公明な心がけの学者はほとんどいない。自信のない人たちばかりだからね。それに海津信六の論文名を挙げたら、それだけで自己のマイナスになる」
「どうして海津信六さんの論文を出典として挙げると、その学者のマイナスになるんですか。そんな天才的な学者の説だったら、かえってプラスじゃないのですか?」
 福原は素人ぽい疑問を質した。
「そういう正論が通らないのが学界だ。派閥がある。ご承知の通りにね。で、どんな権威ある学者の説でも、反対派の学者に引用されることは、まず、ないといっていいね。引用した学者が自派から総スカンを喰うからね。まして海津信六は若いときに脱落した学者だ。そういうのを出典として明記したら、ひどい目に遇う」
 佐田はパイプを弄んで口からはなしたり当てたりしていた。
「そういう脱落した学者の説を下敷きにして論文を書くというのは、どういうことですか?」
「大きな矛盾だ。その矛盾がまかり通るところが学界の特殊性だね。要するに、海津信六の考えをとらざるを得ないくらいに現在の学者、学部や研究所の教授、助教授、講師連の頭は貧弱なんだよ」(135〜136頁)

(中略)

「実証的というのは学問的には尊重されるのでしょう?」
「まさに、その通り。実証性のない学問は学問ではない。しかし、このごろは実証というのが資料の羅列に終わるということといっしょくたにされているね。これは才能のない学者がわざとその混同に持ちこんでいる傾向がある。たとえば、奈良で君に話したように、板垣助教授などは資料として他の学説を紹介するだけで、自説はあまり出さない。先生はそれが実証的で科学的だと思ってるんだね。ぼくに言わせたら、それはエセ実証主義で、本人の無能露呈以外の何ものでもない。……だいたい、板垣君の上にいる教授の久保能之君にしてからそうなんだ。あの男、堅実型といわれているが、この堅実も無能という語に置きかえてもいいね。無能だから、発想が他に伸びない。いきおい、安全な自己の守備範囲だけを固めることになる。これを世間では、久保の堅実主義だとか慎重主義だとか言っている。それを助教授の板垣君が見習ってるのさ。まあ、久保教授についてはそう言われても仕方がない。久保君は、もともと史学の出身ではなく、法学畑
から横すべりして来て、教授になったようなものだからね」(137頁)

(中略)

 佐田のロ調は、静かな昂奮が伴うにつれて、論文調を帯びた。
「久保君はそういう男さ。そういつやりかただ。だから古代の罪科でも祝詞にあるような天津罪・国津罪になると、もう、お手上げだ。民俗学の連中の言っていることをそのまま援用している。だいたい、民俗学を古代歴史学の補助学問とか隣接学問と思いこんでいるのが奴さんの無知でね。民俗学なんてものは学問にはほど遠いものさ。民俗学に歴史性の欠落が言われているのを、いまさらとぼくは言いたいね。久保君は、神がかり的な折口信夫あたりの直観説を引用すれば、信者の民俗学者どもがみんな恐れ入ってしまうから、自説の強化になると思っている憐れむべき男だ。彼の古代法制というのも、日本のことばかり見ているから、分からないのさ。皆目、無知なことのみ言うようになる。古代の朝鮮、北アジア、東アジアの民族習慣に眼をむけないから、トンチンカンなことばかり書いたり言ったりするようになる。まあ、そう彼に注文するほうが、どだい無理な話だがね。それで大学教授だから、大学教授も質が落ちたものさ」(138〜139頁)


 ここに出てくる海津信六は、学界から弾き出された男です。「海津信六は官学の大学出ではない。私立の大学にも行っていない。地方の高等師範学校出身さ」(141頁)と語られます。岡山県の津山出身だとも。旧制中学の歴史の教師でした。私には、このことから池田亀鑑の経歴を思い出させます。なお、松本清張は、國學院大學の樋口清之先生と親交がありました。博物館の学芸員の資格をとるために受講した樋口先生の講義で、松本清張の話がよく出ました。ここに書かれていることは、学生時代から目にし、耳にし、実体験もしたことばかりです。この発言の背景には、清張の恵まれなかった己の才能と生い立ちを支える、確たる信念があるのです。
 その海津は、T大学史学科の助手をしていました。しかし、天才とも言われていた海津は、女性とのことで転落し、学問を捨てたのです。高須通子が追いかける飛鳥の石造遺物の謎に、この海津の過去にまつわる謎がないまぜになり、物語はさらに興味深いものへと展開していきます。
 問題点が次第に姿を現し、大きなうねりとなって読者に迫ってくるのは、清張の小説の特徴です。
 やがて、海津が学者だった頃の実像が見え、高須の研究意欲が刺激されます。海津から得た示唆が、飛鳥の遺物とゾロアスター教に結びつくと、中央アジアの文化論が展開されます。このあたりは、在野の歴史家清張の面目躍如たるものが遺憾なく発揮されています。学問上の専門知識が、ふんだんに語られます。もはや、歴史小説と研究史と研究論文が渾然一体となった世界として読者に提示されます。清張ならではの、レベルの高い専門家の知識の領域に読者は誘われます。
 次第に中東のイランが注目され、実際に高須は出向くことになります。ここで、海津が示す調査研究の手法に関する私見は、今に通ずるものだと言えるでしょう。

 もちろんイランにはこれまで日本からも多数の学者が行っており、詳細に現地を調査したり観察してまわっていますから、いわゆる「残滓」は無いようにも思われます。けれども、学者はその目的とするところによって調査方法も違うし、主目的からはずれたものには眼が届かないと思います。見れども見えず、ということにもなりましょう。また、いくら視察してもその学者の思念にないものは無視されてしまいます。さらに敢えて言えば、学者に慧眼がなかったら、これまたモノが見えないのと同様です。また、たとえそのモノが眼に入ったとしても、間違った解釈をされると実態からはずれることになります。(352頁)


 通子がイランに行くことになってから、身辺の人間関係が立ち現れて来ます。一人で研究者として生きていても、現実には人とのつながりの中で生きているのです。その中でも、過去の辛かったことが蘇りました。悔いしか残らなかった恋愛話が、長野の実家で夜空を見上げながら思い起こされます。
 これまで、この作品を3度読んでいます。1回目は、この作品が連載された日々の新聞で。そして、2回目は、この作品が単行本として刊行されたすぐに。さらには、大阪の高校で、秋の遠足に飛鳥へ連れて行くことにした時、現地を下見しながらこの作品を拾い読みしたのです。そして、この作品に触れながら、遠足の案内の資料を作りました。授業でも取り上げました。
 今、3度目を読み進め、ちょうど半ばに至りました。そして、この上巻の後半のゾロアスター教の話の後にある、高須通子の個人的な恋愛話が語られていたことを、初めて知った思いでいます。古代史のことばかりが記憶に残り、こうした、一人の女性が生きていく上でのさまざまな人とのしがらみも、丹念に描かれていたことを読み飛ばしていたようです。長編の作品になると、こうしたこともあるのだと思わされています。清張は、人間の内面を描き出す力を持った作家であったことに、あらためて思い至りました。読みが浅かったことを、この前半を終わる時点で痛感させられました。
 
 
書誌:昭和48年(1973)6月16日〜翌49年10月13日まで、朝日新聞に「火の回路」として連載。
昭和50年11月に単行本として『火の路 上』(文藝春秋)が、翌月に『火の路 下』が刊行。
文庫本としては、昭和53年7月に文春文庫から上下2巻が、昭和54年7月に光文社カッパノベルスとして上下2巻が、さらに昭和58年3月に文藝春秋社から『松本清張全集 第50巻(全66巻)』に収録。
 
 
 
posted by genjiito at 22:57| Comment(0) | □清張復読