2019年10月10日

体力測定が良好な中で新しい取り組みを実践中

 過日の健康診断の結果が届きました。糖尿病以外は、特に問題はありません。強いて言えば、痩せ過ぎだと……
 こればかりは体質なので、どうしようもありません。
 検査項目が少ない形ばかりの検診なので、結果は予想通りです。京大病院で2ヶ月ごとに血液検査を受けています。それとほぼ同じ結果だったことが、最大の収穫です。

 夏以降、体重が49キロ台で安定してきました。それまでが、長い間にわたり46〜48キロを行ったり来たりしていたので、これは久しぶりの安心材料です。1999年に単身赴任として上京した時には、63キロありました。それが、半年後に糖尿病と診断され、胃ガンの手術をするなど、さまざまな病気を経験して、今に至っています。それでも、目標の50キロはもう少しです。こまめに、少しずつ、ゆっくりと食べているのがいいのでしょう。もっとも、まわりにいる人は大変でしょうが。

 今日は、スポーツクラブで自転車を漕ぐ体力テストをしてきました。液晶モニタがよく見えなかったので、結果の詳しい数値は覚えていません。「すばらしい」という表示が見えたので、大きく体力が落ち込んでいることはなさそうです。こうした機器を使ったテストは、使いこなすコツを知っているせいか、いつも過分な評価をいただきます。50代の頃は、ずっと18歳台の体力だという評価が表示されていました。こんな体力測定がどれだけ正確かは別にして、悪い気はしません。今回もそれだと思っています。

 今、体調で気になっているのは、右耳後ろの頭痛、右首筋の凝り、目の奥が重たい、水のような鼻水、足のつま先が冷たい、そして全身の倦怠感です。加齢のせいです、と言われて終わりそうな症状です。しかし、気になっているのは確かです。寒くなるにつれて、これらがどう変化していくのか、移り変わりを監視していきます。

 とにかく、一日も長く生きて、やりたいことを1つでも多く成し遂げたいという思いに突き動かされる日々です。体調を日々チェックしているのも、そのためです。少しの変化も見逃すことなく、早め早めの対処で、健康的な毎日を送りたいと思っています。
 いや、睡眠不足が私の一番の不摂生だと言われそうです。それでも、このところ抜本的な改革に取り組んでいます。23時までに床に就くということです。さて、これが今後はどうなることか、お楽しみに、としておきます。
 
 
 
posted by genjiito at 23:00| Comment(0) | *健康雑記