2019年09月26日

定期健診の後で高齢化に対応する新社会を想う

 共済の健康診断は無料だということなので、それならと鞍馬口にある健康センターに行ってきました。
 そのすぐ横には、気持ちがゆったりする公園がありました。中を流れる水路は、我が家のそばの白川疏水が西に流れ、賀茂川の下を潜って、川向こうの紫明通りから堀川に流れ込むものです。

190926_simei.jpg

 今回の検診は、一番簡素なコースでした。検尿に始まり、次の項目を受けます。血液検査、身長、体重、血圧、腹囲、問診、診察です。
 問診は、私のこれまでの手術歴の確認と糖尿病でインスリンの注射をしていないか、ということに加えて、タバコに関する質問だけでした。このタバコに関しては、予想外に根掘り葉掘り聞かれました。待合室にも、タバコの害についてのパンフレットが多かったので、タバコ撲滅週間だったのでしょうか。私にタバコは無縁のことなので、これに時間を割かずに、もっと日常生活に絞って聞いてほしいと思いました。5分ほどの問診の内の8割以上が、今の私の身体に直結しないタバコに関する質問だったからです。

 診察は、最近特に気になっていることはないか、という一点でした。2、3分の気抜けがするほどの早業でした。

 常日頃から健康には気遣っているので、気になることは血糖値だけです。いつもは、京大病院と自前の測定器の結果で判断しているので、違った機関の違った機器で測定することが、今回の検診を受けた一番の理由です。
 30分もかからずに終わりました。帰りに、自動販売機のコインを1枚手渡されました。好きなドリンクを1本どうぞ、とのことです。販売機のパネルに並ぶ商品は、すべてがコカコーラのものでした。日頃から、コカコーラと雪印メグミルクとロッテの商品には手を出さないようにしています。しかし、今は無料だということなので、誰かにあげればいいと思って、1本いただきました。

 朝から絶食でした。お腹が空いたので、最近オープンした近所のお店に入りました。私は一度に食べられる量が限られているので、おかずだけをいただくことにしました。しかし、いくら待っても、手を上げても注文を取りに来てもらえません。やっと呼び止めると、タッチパネルでしか注文が受けられないとのことです。そして、小さな文字と写真がずらりと並んでいるものから選んでタッチしてください、と言われました。今、目の調子がよくないこともあり、こうした小さなモニターに表示される小さな文字を読み取るのが大変です。そこで、手元の印刷されたメニューから食べたい料理の名前を言いました。すると、お店の方が面倒くさそうに私の代わりに注文品をタッチパネルに入力してくださいました。その操作を見ていると、いくつもの画面を切り替えては、選択しながら進んで行かれました。これをお客さまに強いるのはどうでしょうか。スマホに慣れた人はともかく、目がいい人には問題がないとして、こうした機器の操作などに馴染んでいない人にとっては、注文する段階で神経がどっと疲れることでしょう。

 経営者側にとっては、効率化のためだということはわかります。しかし、これからますます高齢化の時代となります。おまけに、こうしたシステムは次々と便利だと言われるものに変わっていくのです。操作方法も日夜変わっていくことでしょう。かつて、コンピュータが普及する時に、秒進分歩の変わりようを見せつけられました。今また、世代間において文化を受容するスピードに誤差が広がりつつあります。新たな異文化受容の問題点が見え出しました。今日の注文の仕方も、この流れの中の1つのように思われます。私としては自分に合った少しスローなやり方を、お店側はハイスピードという効率化をお客に求めるのです。お互いが疲れない、住みやすい社会を築いていきたいものです。

 そんな中で、レジで支払おうとしておられたお客さんが、店内でタバコを吸っておられた年配の女性に対して、この店は禁煙だと注意しておられました。他のお客さんも、どうもタバコ臭いと思っていた、と口々に言っておられました。レジに近い席なのに、お店の方は何も注意しておられなかったのです。そうこうするうちに、注文の品はいつ来るのかと怒っている方もおられます。食べ出してから、お水をもらえないかとおっしゃっています。次にお手拭きも、と。私には、席に着くとすぐに、水とお手拭きが出て来ました。

 オープンして間がないお店なので、店員さんの教育とサービスが追いつかないのでしょう。
 それにしても、タバコを見過ごしておられた何人もの店員さんは、よほど忙しかったのでしょう。ご本人がタバコを吸われるのか、あるいは、かつて勤めていたお店は吸えたので気付かなかったのでしょうか。いずれにしても、周りのお客さまに不愉快な思いを強いていたのですから、何か一言お詫びのことばがあっても良かったように思いました。

 ギスギスした社会や、トゲトゲした関係は困ります。加齢と高齢化に伴う生き方のパターンや、多彩な方々が共存していく時代を迎えています。今日の何気ないお店の風景から、さまざまな問題点を抱えながら進んでいくこれからの社会の一面を見た思いがしました。
 
 
 
posted by genjiito at 23:46| Comment(0) | *健康雑記