2019年09月23日

京洛逍遥(577)彼岸花を見ながら賀茂川右岸を散策

 出町柳まで散策しました。賀茂川右岸(西側)を歩いていると、川辺に彼岸花、中洲に鷺、上空には鳶という、彼岸の中日らしい景色に身を置くことができました。
 今年は中洲が大きくなり、川の中に小川が流れているように見えます。

190923_higan1.jpg

 鷺や鴨は、川に段差があるところが好きです。ここで、小魚を待っているのでしょう。

190923_sagi1.jpg

 対岸の左岸(東側)に咲く彼岸花を撮ろうとしたら、のんびりと魚を待っていた鷺が突然飛び立ちました。

190923_sagi2.jpg

 そして、お盆の送り火の「大」がうっすらとのぞいている、如意ヶ岳が見える木の上に止まりました。どこにいるのかわかりづらいので、写真に赤の矢印を付けておきます。

190923_sagi3.jpg

 葵橋の手前にも、彼岸花が咲いていました。

190923_higan2.jpg

 彼岸花は、田圃の畦道や土手の斜面などでよく見かけます。賀茂川の岸に咲く彼岸花は、初めて見たように思います。年に2度、期間限定の花なので、たまたま出会わなかっただけなのかも知れません。
 これから秋を経て冬へと、この川の景色も季節ごとに変わっていきます。散策の楽しみでもあります。
 
 
 
posted by genjiito at 20:48| Comment(0) | ◎京洛逍遥