2019年08月18日

36度の中を大和平群でお茶のお稽古

 大和は盆地なので、暑さは京洛に負けていません。今日の日中は、共に36度でした。
 線路ぎわには、キバナコスモスが暑さを和らげています。

190818_kibana.jpg

 龍田川の上流になるここは、水が温まっているせいか、水の流れがどんよりと留まっています。

190818_tatsuta.jpg

 今日のお稽古は、前の方が使われた釣瓶水指を引き継いで始めることになりました。
 すでに釣瓶の水指と柄杓と蓋置は飾ってあったので、まず建付けには棗と茶碗を置いての挨拶から始まります。建水も、柄杓をのせずに持ち出すので、いつもと感じが違います。
 柄杓を取って、蓋置を釜の左隅に置くのも、すべて目の前の釣瓶の上にあるので、これはこれで動きがはっきりしていて気持ちがいいものです。
 釣瓶の蓋を開け閉めする時以外は、ほとんどがいつもの通りです。
 今日も、たくさんのことを教えていただきました。串刺しの団子や水気の多いお菓子のいただき方、棗の蓋の裏の花押のことなどなど。細かなことながら、お話ししたり聞かれた時に役立つ話題が、少しずつ増えていきます。

 帰りに乗り換える生駒駅で、記憶力を試す掲示を見かけました。

190818_animal.jpg

 日毎に物忘れが酷くなっていくことを自覚する身なので、こんなゲームは道中での刺激になっていいと思います。よし、と思って、「らいおん、しか、ぞう、うさぎ」に続けて「黄・赤・緑・青」と、何度も繰り返し口ずさみました。ここまでは大丈夫です。
 もっとも、次の乗換駅である大和西大寺駅では、駅ナカのお店をブラブラし、時間になったので京都行きの急行にサッサと乗り込んだために、生駒駅で覚えた動物のことを試さないままでした。動物の名前や色や順番のことを確認する楽しみは、生駒駅を出た時点ですでにすっかり忘れていたのです。
 この問い掛けの掲示は、必要とする人のためにはならないようです。掲示の目的がどこにあったのかは別にして、私のように健忘症に突入したもののためなら、もう一捻りが必要かと思われます。身勝手なことだと思いつつも……一応の感想です。
 
 
 
posted by genjiito at 20:44| Comment(0) | *身辺雑記