2019年07月16日

HP「バリアフリーかるたフォーラム」のこと

 昨日福岡で開催された「大阪点字付きかるたを楽しむ会」のイベントの席上、読手である京都小倉かるた会の植山さんの紹介で、全日本かるた協会点字かるた企画部の中原さんと連絡を取るようになりました。そして、開設されている「バリアフリーかるたフォーラム 〜全ての人に小倉百人一首かるたを〜」というホームページに、私のこのブログ「鷺水庵より」にリンクを張ってくださいました。
 このホームページの冒頭には、次のような頼もしい、力強いことばが記されています。

2020東京オリンピック・パラリンピックピック協賛イベントととして、一般社団法人全日本かるた協会では、2015年にバリアフリーかるたに関する企画部を設置しました。


 植山さんも同じ企画部に所属とのことです。この企画、「小倉百人一首フェスティバル2020 in Tokyo」のますますの展開を楽しみにし、私もこの東京オリンピック・パラリンピックピック協賛イベントに積極的に協力していくつもりです。これまで通りの広報活動に加えて、残された1年でできることには何でもお手伝いしていきます。遠慮なくおっしゃってください。私にもできることは多いと思いますので。また、この企画に協力してくださる方がいらっしゃいましたら、このブログのコメント欄を通して手を上げていただけると助かります。

 この企画に関するTwitterのアドレスも伺っています。

https://twitter.com/tenji_carta

 ただし、私はTwitterやFacebookは意識的に遠ざけているので、これに関してはよくわかりません。

 なお、全日本かるた協会が発行している機関誌『かるた展望』の第69号(令和元年7月2日発行)には、植山さんが「バリアフリーかるたの魅力に迫る!」と題する記事を執筆しておられます。掲載されている写真の片隅には、私もちゃっかり写っています。本ブログ「鷺水庵より」のアドレスの紹介もあります。ぜひご一読を。

190716_tenbo.jpg 
 
 
posted by genjiito at 23:57| Comment(0) | ◎国際交流