2019年02月05日

クラウド上のデータが大混乱となり作業がストップ

 先月下旬に、私がメインのパソコンとして使っているMacBook Proが不調のため、アップルのサポートを受けて初期化し、システムを入れ替えました。そのことは、「よりによってこんな時にパソコンを初期化」(2019年01月27日)に詳しく書きました。

 その後、新しく入れ直したシステムで順調に本稼働の準備を進めていました。特に問題もなく、そろそろこのメインマシンに作業を移行しようとしていた矢先に、今度はデータを置いていたウェブ上のiCloudのデータがおかしいのです。このことは、過日の記事でも、

 (4)iCloud(2テラ)のデータがダウンロードできない
 (5)ファイルやフォルダの容量が不自然な数字で表示される

として報告していました。
 それが、本稼働にあたって、これまでのデータを取り出して作業をしようとした時に、取り出せない状況になっていることが判明したのです。
 データを手元に置くのではなく、そのすべてをウェブ上に置くことで、いつでもどこでも仕事ができる環境を作ったはずです。しかし、そのウェブ上のデータが大混乱しているのですから、うまくデータが引き出せないことから仕事は停滞するばかりです。

 困った時にはアップルに電話をすると、私のパソコンの中を遠隔操作で一緒に見てもらいながら問題を解決する、というサービスが受けられます。今回もお願いしました。最初は問題点の確認をしてもらい、それでも解決しない場合は、専門家であるスペシャリストの方が対応してくださいます。

 今日は、午後7時から10時半まで、何と3時間半もの長きにわたり、つなぎっ放しの電話とパソコンの遠隔操作をしながら、スペシャリストの方からのサポートを受けました。バックアップデータの活用や、その再転送のことなどを検討してくださいました。個別のファイルをコピーする方法は、途方もない数量と分量のデータなので、その手作業での移行には何年もかかりそうです。結局は、さまざまなケースを想定しても、解決しませんでした。結論は、手作業でバックアップデータを、iCloudとは切り離してコピーを繰り返すことに落ち着きました。ただし、その作業にどれだけの時間がかかるのかは、予測もできません。

 スペシャリストの方の手元にある問題解決のための資料では、今回の事例は対処できない状況にあることがわかりました。アップルも、技術のすべてをマニュアルとして作成し、それを技術者に提供していないそうです。そのため、スペシャリストの方も、アップルが公開していない技術的な問題については、それ以上の対処ができないのです。私の場合が、その公開されていない問題に該当するトラブルのようです。

 ほんの一例をあげます。iCloudには手元のパソコンにあったデータが二重に転送されているのです。それは、「A」と「A2」というように、内容が同じものながらも違う名前としてアップロードされているのです。しかも、その2つが、ほとんどが同一のファイルが同期して転送されている中で、時たま違うのですから、サブと思われる「A2」を無視するわけにもいきません。つまり、ウェブ上でデータが混乱状態にあるのです。正確に言うと、ウェブにアップする前の段階で、アップロードに手間取っている内に手元のデータが混乱したということが考えられます。これは、ブラウザを使ってiCloudのデータを確認していただいてわかりました。

 その最大の原因は、データの容量が多いことと、数量も多いことにあるそうです。先月、しかたなく初期化する前に、それまでのウェブとの同期状況を見たところ、1年2ヶ月を要しても手元のデータの4分の1も転送できていなかったのです。この調子で、今の同期が終わるのを待つとしたら、あと5年以上はかかります。何とも気の遠くなる話です。とにかく、今すぐに、手元のデータを使いたいのです。5年後に使えますと言われても、何の話ですかと言わざるをえません。

 とにかく、今問題となっているのは、私的に使っている個人ユーザーのデータなのです。大組織や大型プロジェクトの場合とは、桁違いに小さいはずです。今回のような状況に陥っていることについては、アップル側の問題もあります。しかし、今それを追求しても、5年後に手元のデータがウェブ上にアップロードされているかどうかを確認しないことには、この問題の原因の解決には至りません。そんなに悠長な話を今していても仕方がないのです。

 そんなこんなで、この年度末に追い詰められた状況の中で、またもや仕事が停滞してしまっています。
 共同研究なので、多くの方々と一緒に仕事をしています。そのような中で、研究代表者としてメインとなる私の状況が、何とも惨めな状況に置かれているのです。
 明日までに仕上げて、次にバトンタッチするはずの計画が、思うように進められません。今編集しているものは、3月までに印刷して発行し、それを発送し終えなければなりません。時間に追われる中で、さらに窮地に陥っています。
 研究協力者のみなさまのお力を借りる中で、とにかく間に合うようにするしかありません。

 先日、1月27日には、「よりによってこんな時にパソコンを初期化」と題して、ご迷惑をおかけすることのお詫びを書きました。
 今日は、「よりによってこんな時にクラウドのデータが大混乱」という事態に直面しています。
 重ね重ね、関係するみなさまにお詫びします。
 毎度のことなので、「またか」「しょうがないな」と思っていただくしかありません。そして、タイムリミットがすでに来ている中で、最後のデータの調整などに関して、ご協力をよろしくお願いします。
 
 
 
posted by genjiito at 23:59| Comment(0) | ◎情報社会