2018年04月02日

中之島で見かけた橋の名前

 入学式に参列するため中之島に出かけたので、辞令交付式と入学式の間のお昼時間に、大阪市庁舎の周辺を散策しました。現在、公共の物に刻まれ、書かれた仮名文字に興味をもっています。そこで、以下で川に架かる橋の名前をとりあげます。
 式典の会場となっている中央公会堂は、堂島川と土佐堀川に挟まれた中之島公園の東端で、市役所の後ろにあります。
 次の図は、「ウィキペディア」からの転載です。

180402_nakanosima.jpg

 公会堂がある中之島を挟んで、土佐堀川と堂島川の2つの川に架かる「難波橋」には、変体仮名混じりで「な尓者ばし」と刻まれています。これは、704年に行基が架けたと言われ、天神橋と天満橋を合わせて「浪華三大橋」とも呼ばれています。今の橋は大正4年に架けられたものです。

180401_naniwa1.jpg

180401_naniwa2.jpg

 この橋の仮名文字表記に「ばし」と濁点があることに注目しています。「橋」を「ばし」とするか「はし」とするか、ということに問題意識を持つようになったからです。

 市役所の前を通る御堂筋の堂島川側には「大江橋」が架かっています。コンクリートの橋ながら、国の重要文化財です。江戸時代の元禄年間に架けられたそうです。今の橋は、昭和10年に完成しました。

180401_ooe.jpg

 ここに刻まれている仮名文字は「おほえはし」であり、「おおえばし」ではありません。

 この「大江橋」の前の御堂筋を市役所から南側に渡り、土佐堀川には「淀屋橋」が架かります。

180401_yodoya.jpg

 刻まれた文字は「よどやはし」です。これも、大江橋とともに昭和10年に完成し、共に重要文化財です。「ど」は濁るのに「は」は濁っていません。その違いは何に由来するのでしょうか。

 そして公会堂の南側の土佐堀川に架かるのが「栴檀木橋」です。昭和60年に架け替えられたものです。

180401_sendan1.jpg

180401_sendan2.jpg

 上の写真にある通り、標柱には「せんだんのきはし」と鋳造の文字が嵌め込まれ、その横には大正時代の親柱が建っています。

180401_sendan3.jpg

 これも「はし」となっており、濁ってはいません。

 橋の名前に変体仮名を使ったり、仮名遣いを異にしたり、濁ったり濁らなかったりと、よくわからないことだけらけです。私はこうしたことは専門ではないので、何かご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示をお願いします。
 
 
 
posted by genjiito at 20:00| Comment(0) | ・ブラリと