2018年02月14日

乗り心地の悪い特急「はるか」で帰る

 会議続きの1日でした。
 いつも持って行くお弁当も、会議の合間を縫って、4回に小分けして食べるのがやっとのこと。
 一つのお弁当を食べ終えたのは18時半でした。
 学バスが17時15分で終わっているので、駅まで歩こうとしていた時でした。
 先月から科研のお手伝いで来ていただいている、プロジェクト研究員のOさんが、駅まで車で送りましょうかとのありがたいお言葉。
 寒い夜道を駅まで歩くのは気が重かったので、甘えることにしました。
 大助かりです。

 天王寺駅からは、ぐったり疲れていたので、いいタイミングで来た関空と京都をつなぐ特急「はるか」に飛び乗りました。
 大学は関空から2つめの駅にあるのに特急が止まらないのです。
 急ぐ時は天王寺駅まで出て、そこから特急で一路京都に向かいます。

 ただし、「はるか」は乗り心地が最悪です。
 特急「くろしお」も似たり寄ったりです。
 とても、本など読めません。
 それでいて、特急料金は天王寺〜京都間が970円もします。
 その点、時々使う京阪は、特急料金はいらない上に、乗り心地は新幹線以上です。
 ダブルデッカーの2階席で、ゆったりと本が読めるのです。
 「はるか」とは比較にならないほどの快適さがあります。

 今日はひたすら疲れていたので、本を読む気力もありません。
 「はるか」にガタゴトと小一時間ほど揺られて、うつらうつらと帰ります。

 京都で地下鉄に乗り換え、北大路駅からバスで帰りました。
 「はるか」に乗ったせいもあってか、22時前には家に着きました。
 予想外に早かったので、いつもほどに帰り道で体力は使いませんでした。

 それにしても、JRも地下鉄の車内も、夜なのに海外からの観光客でいっぱいです。
 活気があるというのか、喧騒に包まれているというべきか。
 個人的には、心がざわざわするばかりで、落ち着きません。

 疲れた気持ちで書いているからではなくて、インバウンドについては、考え直す時期に差し掛かっているのではないかと思っています。
 観光客最優先ではなくて、これまで育んできた日本人の生活パターンを守ることが大事だと思うのです。
 
 
 
posted by genjiito at 23:10| Comment(0) | *健康雑記