2018年02月12日

京洛逍遥(483)橋の銘板と出町柳の桝形商店街のこと

 賀茂川に架かる橋の名前の表記が気になり、少しずつ歩いて確認しています。

180211_kamo-hasi-map.jpg

 変体仮名による表記が、急速に明治33年に制定された50音の平仮名になっているのです。

 上賀茂神社の西側を流れる賀茂川に架かる御園橋は、新しい橋に架け変わっていくところです。
 その工事の一環として、橋の銘板が外されていました。

180211_misono-nasi1.jpg

180211_misono-nasi2.jpg

 そして、新しく架けられた橋脚には、これから嵌め込まれる準備ができています。
 ここに、どのような文字で橋の名前が記されるのか楽しみです。

180211_misonobasi.jpg

 ずっと南に下り、下鴨神社の西側に架かる賀茂大橋の1本南側の荒神橋も、現在工事中です。

180212_koujinbasi.jpg

 この橋の銘板は変体仮名を混在させた「くわう志ん者し」と書いてあります。
 昨年、国際標準規格としてのユニコードに変体仮名が採択されました。これからの日本文化に彩りを添える変体仮名を広く認知してもらうためにも、この橋の名前の表記は保存して伝えていきたいものです。

 賀茂の河原の梅が、ぷっくりとしてきました。間もなく開花しそうです。

180211_ume.jpg

 出町柳の桝形商店街には、新しく映画館「出町座」が開館しました。中の書店には、選りすぐりの本が並んでいます。

180211_demati.jpg

 この隣には、昨日から古書店がオープンしました。
 これで、この商店街に2軒の古本屋さんが向かい合わせに並ぶことになりました。
 この桝形商店街は、これから少しずつその姿を変えようとしています。
 これが文化的な一大変革だけに、今後の発展が大いに楽しみです。
 
 
 
posted by genjiito at 21:43| Comment(0) | ◎京洛逍遥