2017年08月27日

お茶のお稽古帰りに若者が熱中するゲームに刺激されて

 昨夜は秋の虫たちが鳴き競っていて、楽しそうな賑やかさでした。今朝方は、肌寒いほどの風が我が家を吹き抜けていたので、慌てて窓を閉めました。もうすっかり秋の気配です。

 お茶のお稽古で大和路に向かいました。日差しは強いものの風がカラッとしていたので、平群の山道を登るのも苦ではありません。秋の訪れを実感しました。

 この夏も終わりなので、最後に今年何とか覚えた「洗い茶巾」のおさらいをしました。先日の地蔵盆の時に家で点てたので、ほぼ覚えたと思っていました。しかし、今朝自宅でやってみると、丸卓の上に柄杓と蓋置をかざった後がわからなくなりました。拝見がないことを想定しての場合で、建水と棗と茶碗の持ち帰り方です。よくあることなので、アレッと思って迷い出したら、下手に我流でやり通すことはやめるようにしています。

 今日のお稽古では、このことは確認できました。ただし、拝見のある場合でやることになり、それはそれでまた混乱のもとです。
 せっかく覚えたお点前なので、来年の夏にも「洗い茶巾」はやるはずです。さて、今回のお手前がうまく思い出せて再現できるのかどうか。我が事ながら楽しみです。

 今日は、他の方がなさる逆勝手のお手前を拝見しました。お点前をする場所が変わることはもちろんのこと、道具の置き場所や歩く足の左右に道具の取り方等々、複雑に逆なので、まさに頭の体操です。
 まだ初心者の私は、この逆勝手はずっと先の話です。しかし、いろいろなお手前があることを知り、ますますおもしろくなっていきます。

 帰りの電車の中でのことです。隣に座っていた青年が、突然何か急病になったのかと思いました。身体を大きく揺すぶり、両手足が痙攣したのかと思うほどに大きく震え、私の身体にドンドンぶつかってくるのです。手元をみると、ゲーム機に没頭していたのです。そのボタンを叩く姿は、正気の沙汰とは思えません。しかし、声をかけるのもためらわれたので、しばらくはジッと我慢していました。
 並んでいた座席が大揺れに揺れるので、よほど席を立とうかと思いました。しかし、焦点が定まらない目つきが尋常ではなかったので、刺激しないようにと思い読んでいた本を閉じ、あれこれ考える時間に充てることにしました。
 私の左からの不規則な刺激は、なかなか心地よいものに思えるようになりました。先日、スポーツクラブでプールから上がった後で使ってみた、マッサージ機の振動を思い出しました。

 今からかれこれ30数年前に、コンピューターのマシン語やベーシック言語やC言語を駆使して、ゲームを作ったことがあります。プログラムを作る楽しみを味わっていた時期です。巷には、インベーダーというゲームが大流行していた頃です。
 しかし、もともとゲームが好きではない私は、すぐに人が喜ぶことを考えながら作るゲームから手を引きました。データベースを構築する方に興味が移ったのです。
 今日の若者も、誰かが作ったプログラムの中で遊んでいたのです。ただ、組み合わされた命令書によって出来たゲームだと思われます。あれだけ熱中するのですから、よほど凝った人の興味を惹き付けるプログラムなのでしょう。

 そう思うと、お茶の世界も、一つのプログラムの世界ではないのか、と思うようになりました。
 まだ、この茶道の世界の仕組みがよくわかっていないので、見当違いの連想だったらすみません。この茶道というシステムは、どのようにプログラム化されているのでしょうか。あらためて考えてみるとおもしろいかな、と思うようになりました。少なくとも、ステップアップするシステムは構築されているようです。明らかにゲームのプログラムとは異なることはわかります。千利休以来、長い年月の中で練られたプログラムの中に、今私も身を置いています。茶道と観光との接点を模索している時期だけに、これは今後の茶道のあり方を含めた、興味深い問題となりそうです。
 
 
 
posted by genjiito at 20:18| Comment(0) | *身辺雑記