2017年08月25日

読書雑記(206)角田光代『八日目の蟬』

 『八日目の蟬』(角田光代、中公文庫、2011年1月)を読みました。

170822_youkame.jpg


 来月、9月中旬に角田訳の『源氏物語』が刊行されるので、もう少し作者のことを知りたくて手にした本です。この作者については、『源氏物語』を訳すことが公表された時に、「読書雑記(147)角田光代『マザコン』」(2015年11月25日)を読みました。どうも、私にはよくわからない作家でした。
 今回、『源氏物語』を現代語訳した作家ということを意識して、この作品を読みました。物語を紡ぐのが巧みな方のようなので、『源氏物語』を現代語訳するとおもしろいものができるかも知れません。ただし、古典や古文に関するセンスは、できたものを見るしかありませんが。この作者を起用したのは、相当の冒険だと思われます。さて、どういう『源氏物語』の訳が公開されることになりますか。楽しみです。

 それはさておき、『八日目の蟬』は冒頭から緊張感が漂っています。
 赤ん坊を盗んだ女の、その心の中を丹念に描いていきます。生まれたばかりの赤ちゃんが日々成長していく生々しい話が、スピード感をもって語られます。小気味いい切り返しが、作者の得意技のようです。
 後半の第2部から、その娘の話が始まります。話の展開が巧みで、構成に工夫があります。第1部の話を、理詰めで解説するのです。裁判での証言なども盛り込んで。
 この小説『八日目の蟬』は、男性が読むのと女性が読むのとでは、その理解と共感に大きな違いがあるだろうと思いました。男にはわからない性差に伴うことが、話を大きく回転させているからです。
 とにかく、母親を体験した男はいないのです。娘を体験した男もいないのです。それらしい男はいても。このことが、この作品を理解する上で、大きな壁になっていると思いました。
 八日目の蟬の話があります。


「前に、死ねなかった蟬の話をしたの、あんた覚えてる? 七日で死ぬよりも、八日目に生き残った蟬のほうがかなしいって、あんたは言ったよね。私もずっとそう思ってたけど」千草は静かに言葉をつなぐ。「それは違うかもね。八日目の蟬は、ほかの蟬には見られなかったものを見られるんだから。見たくないって思うかもしれないけど、でも、ぎゅっと目を閉じてなくちゃいけないほどにひどいものばかりでもないと、私は思うよ」
 秋に千草と見上げた公園の木を思いだした。闇にすっと立っていた木に、息をひそめる蟬をさがしたことを思いだした。あの女、野々宮希和子も、今この瞬間どこかで、八日目の先を生きているんだと唐突に思う。私や、父や母が、懸命にそうしているように。(343頁)


 ここは、もう少し複雑な言い回しにしてほしかったところです。もっと深い意味を感じとらせるように。
 男とはまったく違う女のセンサーで感じ、語られる物の見方や考え方に、わからないなりにもその違いだけは少し伝わって来ました。
 語られている出産と育児を通して、男と女の違いを知ることになりました。【5】
 
 
初出誌︰『読売新聞』(夕刊)2005年11月21日から2006年7月24日まで連載
単行本︰『八日目の蟬』中央公論新社、2007年3月刊
 
 
 
posted by genjiito at 19:58| Comment(0) | ■読書雑記