2017年08月23日

読書雑記(205)高田郁『あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇』

 『あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇』(高田郁、時代小説文庫、角川春樹事務所 、2017年8月)を読みました。

170823_akinai4.jpg

 江戸時代中期の、大坂天満の呉服商「五鈴屋」を舞台とする話です。
 本作品も、前作を受けての話が展開します。しかし、いつもと違うのです。女主人公である幸が目立ちすぎます。いい子すぎます。机上で作文したものであることが、これまで以上に、そこここで伝わってきました。あまりにも、作者のご都合主義が露呈しすぎです。読んでいて、いつもの高田郁らしい調子がなかなか伝わってこないのです。半ば拍子抜けして、どうしたのだろうと思い、我慢しながら先を急ぎました。
 そうこうするうちに中盤で、披露宴に引き続いて舞台回しとなっていたお家さんが死にゆく場面で、賑わいと厳かな終焉が巧みに描き分けられていきます。秀逸な語り口です。作者の筆の力が、この半ばにしてようやく蘇ったようです。
 また、近松門左衛門の作品がうまく物語に取り込まれています。徹頭徹尾下調べをした証です。
 さらには、紅花のお茶がでてきたことに驚きました。今、私はお茶に興味を持っているからです。それは、間引いた紅花を乾燥させたものでした。

お染は、ああ、せや、と呟いて、土瓶に入れようとしていた茶葉を少し小皿に零す。
「ご寮さん、これ、何やと思わはります?」
 からからに乾いた葉は、よくよく見ると茶葉とは異なり、細い軸らしいものが付いている。何だろう、と首を捻る幸に、
「間引いた紅花を、乾燥させたものだすのや」
「紅花? あの紅花ですか?」
幸は目を見張り、小皿の葉を窪めた掌に受けて、じつと見入った。
 紅花は文字通り紅花染めに用いられる植物で、雪深い出羽国が主な産地であった。俗に「紅一匁、金一匁」と評されるほどに値打ちの高いものだ。およそ呉服の商いに携わる者なら、それが如何に貴重で高価なものか、骨身に沁みていた。
「紅花は花を摘んで磨り潰したあと、乾燥させて餅のように固めたものが染屋に渡る、と聞いたことがあります。間引いた紅花がこんな形で手に入るだなんて……」(161〜162頁)
 
 干した紅花を土瓶に入れて、熱い湯を注げば、焦げ臭いような妙に懐かしい匂いが漂う。(163頁)
 
 湯呑みを手にした。逸る気持ちを抑えて、ゆっくりと貴重なお茶を飲み干す。思いがけず飲み易く、口の中がさっぱりとする。(164頁)

 
 後半は、次第に作者も弾みがついたのか、行商という新しい商法を幸が思いつき、斬新な商売に手を付けることになります。文章も活気が出てきました。
 季節感がしっかりと背景に置かれ、風俗が前景に描かれます。登場人物が生き生きと動くのです。作者の本領発揮です。
 十五夜の月影が桑の実色の生地を照らす場面は、作者が得意とするところです。

 お竹は薄を手放して、幸の傍ににじり寄った。広縁から幸の居るところまで、煌々と月影が射し込み、膝に広げた縫い物を照らしている。日中の陽射しの中で見るのとは色味が異なり、妖艶な美しさだった。また、縮緬だと、「しぼ」と呼ばれる凹凸が生地に表情を付けて、一色ながら何とも良い味わいが出る。
「綺麗な色だすなあ」(240頁)
 

「ええ月だすなぁ」
 ぎりぎり、隣家の屋根に留まる月を愛でて、お竹はしんみりと眩いた。
「紅屋の嬢さんが四代目に嫁いで来はったんも、それに四代目の四十九日も、確か、十五夜だしたなぁ」
 因縁の日を覚えていた女衆に、幸は敢えて何も応えずに、ただ一緒に月を観る。
 そう、場所も同じこの広縁で、四代目の忌明けの夜、五代目徳兵衛を継ぐ条件として、惣次が持ち出したのが「幸を娶ること」だった。五代目と添うたあと、今はその弟、智蔵と夫婦となり、六代目徳兵衛の女房として勝負の衣装を縫いながら、お竹と十五夜の月を愛でている。
「来年の十五夜も、こないして笑うて眺めたいもんだすなぁ」
 このところ仏像と化すのも忘れているお竹が、つくづくと言った。
 因縁の十五夜に、幸は心密かに月に誓う。どんな時も知恵を絞り、笑って勝ちに行く。笑って、勝ちに行くのだ、と。(242〜243頁)


 豊かな表現が生き返りました。
 そして、後は一気呵成に話が緊迫し、頁を繰るのがもどかしくなるほどに急展開します。この続きを一日も早く読みたい、との思いで本を閉じることになりました。【5】
 
 
 
posted by genjiito at 19:54| Comment(0) | ■読書雑記