2017年08月22日

読書雑記(204)白川紺子『下鴨アンティーク アリスと紫式部』

 連作となる《下鴨アンティーク》の第1弾『下鴨アンティーク アリスと紫式部』(白川紺子、集英社オレンジ文庫、2015年1月)を読みました。ライトノベルと言われている分野の作品です。

170815_arisu.jpg

 作品の発表時期が前後するものの、すでに第3弾を読んで「読書雑記(189)白川紺子『下鴨アンティーク 祖母の恋文』」(2017年01月09日)を書きました。さらに最初から読んでみたくなったので、本書を手にしました。

 [iTunes Preview]から内容紹介の文章を引きます。

【集英社オレンジ文庫創刊!】アンティーク着物をめぐるミステリー。京都、下鴨――。高校生の鹿乃は、旧華族である野々宮家の娘だ。両親を早くに亡くし、兄の良鷹と、准教授をしている下宿人の慧と三人で、古びた洋館に住んでいる。アンティーク着物を愛する鹿乃は、休日はたいてい、祖母のおさがりの着物で過ごす。そんなある日、「開けてはいけない」と言われていた蔵を開けてしまう! すると、次々に不思議なことが起こって…!?



■「アリスと紫式部」
 虫干しを契機に、蔵の中の着物を確認していて、鹿乃は不思議なことに巻き込まれます。源氏車が、少し時間が経ってから見ると壊れた絵になっていたのです。
 同居人の慧は兄の同級生で、今は私大の准教授です。その慧が相談相手です。
 その着物を持っていた人にまつわる愛憎劇が炙り出されます。そして、話は「あべこべ」の謎解きに。
 『源氏物語』の「葵」巻での内容がヒントです。
 壊れていた源氏車が元に戻ったという説明は、理屈としてはわかります。しかし、私には具体的にその直ったということがイメージとして描けませんでした。理屈が先行していて、無理があるように思います。何度かこの最後を読み直した今も、そのようには読みきれませんでした。完成度は高いと思いながらも、この点で不満が残っています。【3】
 
■「牡丹と薔薇のソネット」
 女子高生が活写されて始まります。
 長襦袢から声が聞こえる怪。その背後には、シェクスピアのソネットに託したラブレターがありそうです。何ともアカデミックな設定です。ただし、盛り上がらないままに話は次へと引き継がれます。
 ここでは、人間関係が丁寧に語られています。そして、お祖母ちゃんの日記が話題として提示されます。長期連載のためには、こうしたつなぎの話が必要なのでしょう。【1】
 
■「星月夜」
 お祖母ちゃんが17歳の時に書いたという日記が、話を推し進めていきます。蔵の中にあるお祖母ちゃんの着物探しの始まりです。
 お祖母ちゃんの日記に書いてあることをなぞるように、物語は綴られていきます。
 夜空に星が瞬くのを2人で見た話が、本話のポイントです。しかし、このネタは、日記の話を引用する体裁を取らなくてもよかったのではないか、と思いました。謎解きが理屈っぽくなっているからです。鹿乃と慧との話として語った方がよかったのに、と思っています。【1】
 
 
 
posted by genjiito at 20:59| Comment(0) | ■読書雑記