2017年08月21日

京洛逍遥(458)京大病院がある聖護院地域での長かった一日

 朝早くから京大病院へ診察に行きました。
 病院の玄関から東を見上げると、先日の京都五山の送り火でみごとな「大」の字を浮かび上がらせた如意ヶ岳の大文字が見えます。また来年の勇姿を楽しみにしましょう。

170821_dqimomji.jpg

 今日は、皮膚科と糖尿病内分泌栄養内科の2つが組まれています。
 まずは採血から。一時間後に結果が出て、それによって糖尿病に関する診察があります。
 今日の採血では、いつもと違って針を刺された腕が痺れました。いろいろな手術を私は経験しているので、これくらいは大したことはありません。痛くないですか? と聞かれたら、「痛いです」と答えようと思っていました。しかし、こんな時に限って聞かれることもなく、試験管の本数が多くなっていきます。5本の管に、血液がたっぷりと吸い込まれました。これまでにない痛さだったのは、針の位置に加えて、体調もあったかと思います。

 血液検査の結果が出るまでの間に、皮膚科に行きます。
 今日で、右足の疣の治療は終了となりました。きれいになったのです。
 昨年の初夏からなので、約一年半かかりました。疣は恐るべし、ということを実感しました。ただし、昨年の7月に剥離骨折をした左足首が、いまだに不調です。これは皮膚科とは関係ないので、自然におさまるのを待つしかないようです。最初に診てもらった整形外科の対応に問題があったのではないか、と勝手に思っています。

 糖尿病栄養内科では、いつものように血液検査の結果をもとにして、詳しい説明を伺いました。腎臓も肝臓も問題はありません。ただし、今回初めて、肝臓に疾患がある場合に血液中で上昇する物質である「AST(GOT)」と「ALT(GPT)」のうち、「AST(GOT)」だけが少しだけ高い数値を示していました。これについては、以下のことが原因とされているようです。

アルコールを過剰摂取していないか
肥満ではないか
最近内服を始めた薬やサプリメントなどがないか
過度な運動を行っていないか


 いずれも、私にはあてはまりません。
 基準値をオーバーしているといっても、数値で1だけのオーバーなので、特に問題はないようです。

 さて、一番の課題であるヘモグロビン A1cの値です。
 この前の4月が「7.1」、6月が「7.6」と危ない状況になり、今回が「7.4」なので、少しだけ下がっています。例年、初夏から高くなり、8月から秋口にかけて下がる傾向があるので、また次の10月の様子を見ることになりました。今、特に何かがあるということではないようです。消化管を持たない私は、血糖値が高めなのはどうしようもないことのようです。合併症に気をつけることが肝要です。その兆しは、微塵も感じられません。今気になっているのは、加齢による老化の諸症状だけです。

 体重が50キロにならないことについては、無理に体重を増やそうとすると血糖値が上昇しがちなので、このままの食生活でいいのではないか、ということでした。昨日の体重は48.8キロです。しばらくは、懸案の50キロを目標にすることに拘らないことにします。到達目標を下げます。

 2つの科の診察が終わってから会計のところへ向かうと、「ここが最後尾」という札を持った方が入口のホール近くにおられて驚きました。とにかく、長蛇の列です。一時間弱の待ち時間だとのこと。精算にはそれ以上の待ち時間があるので、その間に病院の前の薬局へ処方箋を持って行きました。
 ここでも、30分以上は待たされます。これに痺れを切らして、かつて別の薬局へ処方箋を持って行って対処しようとしたことがあります。ところが、薬局へ行くタイミングを失してしまい、再度処方箋を書いてもらったことがあります。そのため、何時間かかっても、診察が終わって精算するその日の内に薬を受け取ることにしています。

 今日は、さらに時間がかかるようなので、この空白の時間を利用して、NPO法人〈源氏物語電子資料館〉に関係する書類のことで、この聖護院地区に集中している2つの役所へ行くことにしました。
 病院のすぐ東側の荒神橋の袂にある京都地方法務局では、NPOの資産と役員再任の登記に関することで対処してもらいました。あらかじめ予約をしておいたので、迅速に終わりました。丁寧な説明をしてくださいました。ありがとうございます。

 この荒神橋の柱には、「荒神橋」と「くわう志ん者し」と刻まれています。この「荒神橋」と刻まれた柱の左後に、如意ヶ嶽の大文字が見えています。

170821_koujin1.jpg

170821_koujin2.jpg

私は、「はし」が「者し」と変体仮名混じりで刻まれることが多い点に注目しています。今のところ、そこに法則性が見いだせないので、とにかく事例を集めているところです。

 次に、法務局から自転車で丸太町通りを東へ走り、平安神宮の北側にある左京税務署へと移動します。NPO法人の税金に関して相談をもちかけると、ここでも親切な対応をしてもらいました。そして、申告するものがないことを確認できました。今後とも、NPO法人〈源氏物語電子資料館〉が幅広い事業展開をするようになれば、ここのお世話になることになります。そのように活躍の場が拡がることを楽しみにしたいと思います。府税に関しても問題はないでしょう、との判断を時間をかけて点検してもらいました。税金に疎い私に、懇切丁寧に説明してくださった署員の方に感謝しています。

 その後、また病院に戻っていろいろな対応や手続きをして、夕方になってやっと今日のスケジュールが終わりました。丸一日が、こうした時間に費やされることは、毎度のこととはいえ、粘り強い忍耐を強いられることです。今後は、段取りよく物事に対処することで、限られた時間をさらに有効に使いたいとの思いを強くしました。
 それにしても、こうして病院で身体のことでチェックをしていただき、特に問題がないことを確認できたというこことは、明日も引き続き生きていていいという安堵の思いにつながります。何かと不安を抱える身体とのお付き合いをしていると、こうして一日一日生きていられる時間が延びていくことは、何ものにも代えがたい嬉しさでもあります。これまでのように、元気だった頃のようには、思うように仕事が捗ってはいません。しかし、明日があるということは、もう一歩でも仕事が捗るということです。与えられた幸運を、さらに次へとつなげていきたいと思っています。
 約束の仕事をなかなか終えることができず、多くの方にご迷惑をおかけしています。身体が動く限り、自分なりの優先順位の中で、すべきことをこなしています。自ずと、スローライフになっています。こんな状況にあって、痩せ細った身体を労り、抱えてのことなので、今しばらくお待ちください。
 
 
 
posted by genjiito at 23:56| Comment(0) | ◎京洛逍遥