2017年03月17日

読書雑記(197)山本兼一『おれは清麿』

 『おれは清麿』(山本兼一、祥伝社文庫、平成27年4月)を読みました。

160107_orehakiyomaro.jpg

 山浦正行(清麿)は、信濃国小諸の村役人の子。兄と共に、刀鍛冶を目指す17歳の若者です。清麿は、江戸末期の刀工として知られています。ただし、その人物像はよくわかっていないようです。安政元年(1854)に42歳で自刃しました。
 刀工や刀剣に関する作品を執筆していた山本兼一が、この男に挑んだのが本作です。
 結婚して男の子が生まれます。しかし、大好きな刀を打つことが諦められず、妻子を置いて松代に出ました。
 その後、一年間江戸で修行をします。しかし、悪い鋼を平気で使う江戸では得るものがなかったこともあり、また信濃に帰ります。そしてまた江戸に。
 職人としての己と葛藤し、めくるめく思いが、丹念に道具の説明を通して語られます。素材である鉄に対しても、作者山本の並々ならぬ実地や実見を踏まえた調査の痕が伝わってきます。
 そのような中で、長州の萩へ刀鍛冶として行くことになります。2年後にはまた上京。
 読み進むうちに、女性の描き方が型どおりで、思いやりに欠けるように思いました。最初の妻のつるも、後のふくも、共にお人形です。これは、主人公に思いを注ぎ込んだことによるものなのでしょう。初期の山本作品の特徴だと思っています。
 正行(清麿)は刀鍛冶一徹の職人気質を守り抜きます。
―とことんまで、納得できる刀を打つ。
 それがおれの仕事だ、と自分に言い聞かせた。なにも妥協せず、気を抜かず、できる限りのことをすべてやる。それ以外に、満足できる刀を打つ方法はない。おれは愚か者だ。そこで妥協したら、生きている値打ちのない人間になってしまう。(353頁)

 この芸術家とでもいうべき人間像は、余すところなくこれでもかと描き尽くされます。
 最後の場面では、作者の清麿に対するあらん限りの情愛と思い入れが感じられました。【3】

初出誌︰「破邪の剣」(『小説NON』祥伝社、平成22年3月号〜平成23年9月号に連載)
 加筆改題した単行本『おれは清麿』(祥伝社、平成24年3月)
 
 
 

posted by genjiito at 23:00| Comment(0) | 読書雑記