2017年03月09日

日比谷の講座受講生の方々と鎌倉期『源氏物語』を実見

 日比谷図書文化館での講座では、国文学研究資料館が所蔵する橋本本「若紫」を、字母に注意して読み進めています。テキストは、『国文学研究資料館蔵 橋本本『源氏物語』「若紫」』(伊藤鉄也・淺川槙子編、新典社、2016.10)を使っています。

 その講座の受講生の方々に、テキストとして使用している橋本本を、実際に国文学研究資料館で見てもらいました。日頃は、白黒印刷の影印版で読んでいる写本です。その700年前に書かれた原本を、ご自分の目と手で読んでもらうのですから、毎回みなさま方は楽しみにして参加なさっています。
 今日も8名の方がお集まりでした。

 用意したのは、3種類の鎌倉期に書写された『源氏物語』です。

(1)榊原本、16冊(内一冊は室町時代)
(2)橋本本、3冊(1冊は展示中)
(3)「若菜上」、1冊

 一昨年来、何度かこのような実見の機会を設定した関係で、2度目の方も3度目の方もいらっしゃいます。やはり、原本を読む機会を得ると、数百年前に書かれた写本の世界に引きずり込まれます。古写本の魅力に取り憑かれるのは、本当に贅沢なことだと思います。

 今日も2時間半をかけて、説明をしながら見ていただきました。
 この催しは、今回で一応終了となります。
 毎回、拙い説明で恐縮しています。たくさんのご質問をいただき、私もいい勉強をさせていただきました。700年前に書写された『源氏物語』を目の前にして、みなさまと自由にお話ができるのは至福のときです。
 来年度からは、また新たな場所で、魅力的な写本を見ていただく用意をしています。
 本との出会いの旅を、ご一緒に楽しみましょう。
 
 
 

posted by genjiito at 22:43| Comment(0) | ◆源氏物語