2015年05月13日

読書雑記(126)水野敬也『夢をかなえるゾウ2』

 『夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神』(水野敬也、2012.12、飛鳥新社)を読みました。


150513_yumezo2




 前作「読書雑記(122)水野敬也『夢をかなえるゾウ』」(2015年04月03日)がよかったので、楽しみにして読みました。
 しかし、この第2作はハズレでした。
 続けての傑作とは、なかなか出ないものです。

 受けない芸人の話から始まります。主人公は、「夢はかならずかなう」と信じています。ライブハウスで出会ったガネーシャに、「人間は生長する生き物なんやで」と言われ、我に返ります。

 中でも、本でも解決できない悩みがある件はおもしろい指摘でした。一理あるのです。


『本』でも解決でけへん悩みちゅうのは何なん? 自分の悩みは地球初の、新種の悩みなん? 自分は悩みのガラパゴス諸島なん? (60頁)


 その他、チェックした箇所を抜き出しておきます。


・「実は『他人に対する言葉や行動は、自分に対する言葉や行動』でもあるんですよ」(185頁)

・「何かを手に入れるということは、何かを手放すということです。そして何かを手放す覚悟のない人が……成功することはありません。」(224頁)


 前作が傑出していたせいか、本作は間が持たず、キレが良くありません。おまけに、理詰めで展開していきます。そして、説明が増えたので、おもしろさよりも興味に訴える物語となっています。

 ことばが先行し、ことばに頼る文章となっています。感性が前作よりも相当劣化しています。

 話題を引き延ばししすぎるため、話のキレが悪くなっています。テンポがよくないのです。説明口調になっているので、軽快な展開となるはずが寸断されているのです。

 最後の「西野勤太郎のメモ帳」を引きます。
 これを含めて、全体的に読者へのサービス精神が低下しています。【2】


■ガネーシャの教え
・図書館に行く
・人の意見を聞いて、直す
・締切りをつくる
・つらい状況を笑い話にして人に話す
・優先順位の一位を決める
・やりたいことをやる

■金無幸子の教え
・楽しみをあとに取っておく訓練をする
・プレゼントをする
・他の人が気づいていない長所をホメる
・店員を喜ばせる
・自分が困っているときに、困っている人を助ける
・欲しいものを口に出す
・日常生活の中に楽しみを見つける

■釈迦の教え
・つらいとき、自分と同じ境遇にいる人を想像する
posted by genjiito at 23:40| Comment(0) | ■読書雑記