2015年02月19日

機内で観た映画『るろうに剣心』と『ガンディー』

 海外に行く時、機内で観る映画は毎回楽しみの1つとなっています。
 今回は、ネットで何が観られるかを、事前に調べておきました。しかし、JALの共同運行便だったことと、機体が英国航空だったせいか、まったく違うメニューでした。
 おまけに、座席の前のポケットに、映画や音楽の情報誌がありません。私の席には、ショッピングの冊子もありません。隣の席は、ショッピングの冊子はありました。出発前に、機内の確認が疎かだったったようです。

 画面も小さくて、おまけにすべて英語です。日本語モードで検索すると、5本だけ日本語でタイトルが表示されました。
 日本映画は『るろうに剣心 京都大火編』しか見つかりませんでした。英語のリストの中にでも紛れ込んでいたのかもしれませんが。

 『るろうに剣心 京都大火編』は、一応最後まで観ました。しかし、血を血で洗うシーンが多くて、食傷ぎみでした。迫力のある画面だったので、つい見つめました。このパワーは凄いと思います。ただし、このような映画に縁のない私は、見終わってから人間の愚かさだけが印象として残りました。大半の時間が、人を殺すシーンなのです。そういう分野の映画なのでしょう。
 我が家の子供が、この漫画を見ていたように思います。話を聞いていたら、幕末から明治の頃を舞台とする話のようでした。しかし、実際の映画は残酷なので、あまり子供には見せたくないものです。
 ハリウッドの野蛮なアクション物を真似しているのでしょう。日本人の共感は得られない映画だと思いました。

 他には、『ガンディー』を観ました。
 最初と最後のシーンにあった、ガンディーが撃たれた時に発した言葉は「オー!ゴーッド」と聞こえました。しかし、私の記憶では「へイ!ラーマ」と言ったように覚えています。インドで中島岳志君と一緒に暮らしていた時、彼に墓所に案内してもらい、その時に「へイ・ラーマ」と言ったことを聞いたように思います。「ラーマ」の意味とともに。博識の彼から、懇切丁寧な話を聞きました。今あいまいなので、帰国後にまた調べてみます。

 なお、この『ガンディー』は字幕のない英語版だったので、これから行くイギリスでの耳慣らし、ということになりました。映画の中での会話はほとんどわかりません。ただし、この映画はすでに2回も観ているので、話の筋はわかりました。
 インドの風景をきれいに切り取っています。現実とは異なる、それでいてインドらしいイメージが膨れ上がります。群衆の描き方も含めて、カメラワークがいいと思いました。

 このいい映画を観た後、JALも共同運行をするなら、字幕付きにするとか、もっと日本人の乗客のためのサービスを心がけたらいいのに、と思いました。

 この便は、すべてが英国航空の主導権の元に運行されています。これでは、思いやりに満ちた日本人には、無愛想のすすめという異文化体験の空間に身を置くことになります。

 いろいろと事情があることでしょう。しかし、日本として少しでもこの便に関わるのであれば、「もてなす」という精神を放棄してはいけません。JALの再生は、そこにしかないのですから。
 これは、温かい心で人を見つめる、日本文化の発現の場でもあります。ここに誇り持つべきです。
posted by genjiito at 07:07| Comment(0) | ◎国際交流

おもてなしの心がほしい英国航空

 今回乗ったのは、JAL便といってもブリティッシュエアウェーズとの共同運行便でした。客室乗務員は、私がいたエコノミーエリアでは、日本人が1人だけでした。後の4人は英国の方のようです。

 食事の時も、当然のように英語で聞かれ、片言の英語で答えました。定型文しか喋ることができない私の英語力でも、場数というのでしょうか何とかなっています。

 昼食は日本食を選びました。


150219_lunch




 今回は、糖尿病食はお願いしていません。機内食としての糖尿病食は、日本糖尿病学会の指針に基づいたものなので、カロリーが少し低いだけで、炭水化物はふんだんに盛られています。
 血糖値の急激な上昇に気をつけている私には、飛行機で出る糖尿病食はまったく無意味なものです。そのことがわかったので、もうスペシャルミールとしての糖尿病食を頼むのはやめました。

 海産物のおかずは、すべていただきました。野菜がもっとほしいところです。

 ご飯は、ベチャベチャしていて、芯もありました。食事のことで苦情は言わないようにしています。しかし、これは酷くて、とても食べられたものではありません。

 日本発の便なので、いくら英国航空だとはいえ、お米の炊き方くらいは日本式にできたはずです。こんなご飯を平気で出すようでは、おもてなしの心とは無縁の、餌の給付です。

 ロンドンに到着する前の軽食は、豚肉にあんかけでした。これも、ほとんどいただけませんでした。というよりも、気分が悪くなり、食べるのを中止しました。

150219_pouk




 今回は、体調が優れないままに来たので、こうした食事には身体が敏感に反応します。

 帰りは、イギリス発とはいえJALの便なので、こんなお米の炊き方をしたご飯は出ないことでしょう。
posted by genjiito at 06:05| Comment(0) | *美味礼賛

羽田空港で Wi-Fiがつながらなくて焦る

 空港の搭乗ゲート前で、どうしたことかWi-Fiにつながらないのです。

 ブログをアップしようとした時のことです。
 「I」と「1」のことは、道中にメモとして書いていたので、離陸前にそれだけでもアップしようとしたのです。

 空港では、海外も含めてよくWi-Fiにつなげてインターネットを使います。インターネットの初期の頃は、クレジットカードで利用料金を引き落とす方式でした。しかし、今はどこの空港でも無料で使えます。もちろん、インドのインディラガンジー空港でも。

 それが、どうしたことか、接続エラーばかりです。30分以上も試みていたら、後5分で搭乗手続きを開始するというアナウンスがありました。
 焦ります。ここでアップしておかないと、7年以上も毎日ブログを書いてアップしてきたことが途切れてしまいます。
 他人さまから見ればどうでもいいことでしょう。しかし、当の本人にすると、1つの励みが途絶えることは避けたいのです。祈る気持ちで、いろいろな手だてを尽くしました。

 カウンターの方に事情を話して、最後に搭乗したい旨を伝えておきました。あまりにも必死の形相だったのか、気の毒がってくださいました。
 ギリギリまで接続に挑んだかいがあってか、最後の搭乗客から2番前でゲートインできました。

 つながらなかった原因はわかりません。ノートパソコンだけでなく、iPhone もインターネットにつながらなかったので、ブログにアップする手だてを取り上げられた状態でした。

 とにかく、搭乗直前とはいえ、事なきを得ました。いくつかのメールも、一斉に送信されるサウンドが聞こえたので、とにかくホットして機内の座席に着きました。

 もっとも、こんな時に限って機体のトラブルでもあったのか、1時間以上も離陸しないのです。
 12時間半もの長旅です。のんびりとシートに身体を埋めて待っていました。
 旅先では、何でもありなのです。
posted by genjiito at 05:12| Comment(0) | ◎情報社会

紛らわしいターミナル「I」と「1」(続き)

 昨日は、記事を書きかけのままで搭乗したので、今ロンドンの宿から続きを書いています。

 羽田空港に向かう東京モノレールの中で、車内放送を耳にして何か胸騒ぎをおぼえました。

 手元の「e-チケット」の搭乗ターミナルに「1」とあるので、「羽田空港第1ビル」で降りるはずでした。しかし、その駅の2つ前に「羽田空港国際線ビル駅」という駅があるのです。どうも気がかりなので、何やらおかしいと思い、とにかくその「羽田空港国際線ビル駅」で飛び降りました。とっさの判断です。
 1人で旅に出るときには、こんなことはしばしばです。大事に至らない前に、何かアクションを起こすようにしています。

 その感が当たっていました。国内線と国際線でターミナルが分かれていたのです。
 すぐにインフォメーションカウンターで確認すると、この「羽田空港国際線ビル駅」から国際線が出発するとのことです。

 手にしていた「e-チケット」を見せると、そこに印刷されている「1(いち)」と見える文字は、実はインターナショナルの「I(アイ)」です、とのことでした。よく間違えられる方がいらっしゃいます、と。
 いや、ターミナルに「1」と「2」があれば、普通はこれは「I(アイ)」ではなくて「1(いち)」だと思います。おまけに、帰りの便のロンドンヒースロー空港はターミナル「5」から出発となっているので、「5」の上に印刷されているターミナル番号は「1」だと思うのが自然です。
 「I」と「1」の紛らわしい文字は、昨日の記事で掲載しました。もう一度ここに転載しておきます。


150218_haneda_2




 羽田空港から国際線が飛ぶようになって何年経つでしょうか。2005年11月に、羽田から韓国へ行きました。あの時はどうして行ったのか、どうもよく思い出せません。
 この羽田空港の「I(アイ)」というターミナルの表示は、私だけが勘違いしたのか、それとも他にもいらっしゃるのか。とにかく紛らわしいので、早急に止めてほしいものです。
posted by genjiito at 02:54| Comment(0) | ◎情報社会