2012年12月31日

京洛逍遥(245)錦市場でお節の食材を買う

 今年も、大晦日を無事に迎えることができました。ありがたいことです。
 妻が作るお節料理の食材で少しいいものは、息子と一緒に四条の錦市場へ買いに行きます。
 奈良にいる時には、大阪日本橋にある黒門市場か、京都の錦市場へ行っていました。
 京都に来てからは、30日か31日には、必ず錦市場に来ています。
 先ほど、昨年までの大晦日のブログの記事を確認しました。確かに、律儀に30日か31日が錦市場行きとなっています。

 バスで四条河原町に出て、錦市場の通りに入ります。
 まずは、頭の神さまとして知られている錦天満宮へお参りします。
 西の北野天満宮に対して東の天満宮と言えます。
 
 
 
121231_tenmangu
 
 
 

 錦市場は、いつ来ても人が一杯です。ただし、今年はその混雑の度合いがやや緩和されていました。例年なら大晦日ともなると、狭い通りでもあり、前に進むのが至難の技でした。しかし、今日は一部にすれ違うのが困難な場所があっても、大体お店を見ながら進んで行けました。
 
 
 
121231_nisiki
 
 
 

 お節の飾り付けのため、見栄えのするコンニャクや生湯葉などなど、息子に品選びをしてもらいながら買い揃えました。料理人の息子は、手際よく選んでいました。

 今年も、「開花宣言」という葛素麺を買いました。これは、素揚げにすると菊の花が開いたようになります。
 また、かわいい稲穂もアクセントとして飾り付けることにしました。
 
 
 

121231_inaho
 
 
 

 来年も稔り多い1年でありますように。
posted by genjiito at 22:00| Comment(0) | ◎京洛逍遥