2012年10月31日

投稿2千件一覧(3)〈ブラリ/京洛逍遥/古都/江戸/銀座〉

 本ブログは、1996件目の投稿となります。
 これまでの記事を項目別に5つに分類し、その題目が一覧できるように整理した第3弾です。
 このリンクをたどって、また折々にご笑覧いただければ幸いです。

 今回は、〈4.0-ブラリと/4.1-京洛逍遥/4.2-古都散策/4.3-江戸漫歩/4.4-銀座探訪〉に関する記事の一覧です。
 三都を中心に歩き回った、その時々の紀行が中心です。
 「4.1-京洛逍遥」については、その分類種別が輻輳する記事が多くなっています。内容からいって、他のカテゴリーにも混在していることをご了承ください。それらは、またいずれ整理します。
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
【4.0-ブラリと】

_____
【4.0-ブラリと】「長崎県美術館の米田館長と」(2012/10/28)
_____
【4.0-ブラリと】「夜の思案橋から丸山公園を散策」(2012/10/25)
_____
【4.0-ブラリと】「廃墟の軍艦島に足を踏み入れて」(2012/10/27)
_____
【4.0-ブラリと】「繁華街で呼び込みの声がかからない」(2012/10/26)
_____
【4.0-ブラリと】「お墓参りと大文字の送り火-2012」(2012/8/16)
_____
【4.0-ブラリと】「新宿の飲み屋さん街で知り合う人たち」(2012/6/27)
_____
【4.0-ブラリと】「映画「わが母の記」のロケ地・伊豆湯ヶ島へ」(2012/6/10)
_____
【4.0-ブラリと】「新婚生活の地を訪れての驚愕」(2012/6/7)
_____
【4.0-ブラリと】「歳末の法善寺横町界隈へ」(2011/12/29)
_____
【4.0-ブラリと】「車窓からチラつく雪を見ながら山形へ」(2011/11/21)
_____
【4.0-ブラリと】「検診の合間に二松学舎大学の学食へ」(2011/6/2)
_____
【4.0-ブラリと】「日南町の井上靖と池田亀鑑」(2011/3/11)
_____
【4.0-ブラリと】「平山郁夫の「大唐西域壁画」」(2011/2/12)
_____
【4.0-ブラリと】「びわ湖百八霊場(2)27-正明寺の秘仏千手観音」(2010/11/23)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(37)大本山永平寺で結願に」(2010/11/8)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(36)満願の華厳寺」(2010/11/7)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(35)松尾寺」(2010/11/5)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(34)成相寺」(2010/11/4)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(33)宝厳寺」(2010/11/4)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(32)長命寺」(2010/11/3)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(31)観音正寺」(2010/11/2)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(30)興福寺南円堂」(2010/11/1)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(29)三井寺」(2010/10/30)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(28)播州清水寺」(2010/10/29)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(27)粉河寺」(2010/10/27)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(26)法起院」(2010/10/27)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(25)長谷寺」(2010/10/26)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(24)善峯寺」(2010/10/25)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(23)岡寺」(2010/10/25)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(22)花山院(番外)」(2010/10/21)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(21)中山寺」(2010/10/20)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(20)壺阪寺」(2010/10/20)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(19)元慶寺(番外)」(2010/10/19)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(18)施福寺」(2010/10/19)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(17)藤井寺」(2010/10/18)
_____
【4.0-ブラリと】「びわ湖百八霊場(1)2-岩間寺」(2010/10/18)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(16)岩間寺」(2010/10/17)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(15)上醍醐寺」(2010/10/16)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(14)今熊野観音寺」(2010/10/16)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(13)三室戸寺」(2010/10/15)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(12)勝尾寺」(2010/10/14)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(11)総持寺」(2010/10/12)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(10)穴太寺」(2010/10/10)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(9)円教寺」(2010/10/9)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(8)一乗寺」(2010/10/8)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(7)頂法寺(六角堂)」(2010/10/7)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(6)行願寺(革堂)」(2010/10/5)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(5)紀三井寺」(2010/9/28)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(4)青岸渡寺」(2010/9/27)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(3)清水寺」(2010/9/25)
_____
【4.0-ブラリと】「お彼岸の墓参と信貴山温泉」(2010/9/23)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(2)六波羅密寺」(2010/8/31)
_____
【4.0-ブラリと】「西国三十三所(1)5周目は石山寺から」(2010/7/19)
_____
【4.0-ブラリと】「JR石山駅の紫式部スタンプ」(2010/7/2)
_____
【4.0-ブラリと】「琵琶湖の赤い月」(2010/5/6)
_____
【4.0-ブラリと】「お彼岸は河内高安の里へ」(2010/3/20)
_____
【4.0-ブラリと】「池田亀鑑の若き日を歩く」(2010/3/12)
_____
【4.0-ブラリと】「調査で中国地方に」(2010/3/7)
_____
【4.0-ブラリと】「池田亀鑑ゆかりの石碑と資料」(2009/12/17)
_____
【4.0-ブラリと】「池田亀鑑ゆかりの日南町」(2009/12/16)
_____
【4.0-ブラリと】「日南町議の久代氏と思わず握手」(2009/12/15)
_____
【4.0-ブラリと】「出雲の神はネットと無縁」(2009/12/12)
_____
【4.0-ブラリと】「松本清張ゆかりの日南町」(2009/12/11)
_____
【4.0-ブラリと】「米子への空路でツラツラと」(2009/12/9)
_____
【4.0-ブラリと】「資料に会うために遠出」(2009/12/4)
_____
【4.0-ブラリと】「音楽の異版・ブルックナーを聴く」(2009/10/30)
_____
【4.0-ブラリと】「逸翁美術館の茶入」(2009/10/15)
_____
【4.0-ブラリと】「堺市博物館」(2009/9/5)
_____
【4.0-ブラリと】「浅田次郎の講演会」(2009/3/21)
_____
【4.0-ブラリと】「富士山の雄姿」(2009/1/13)
_____
【4.0-ブラリと】「御堂筋の銀杏並木」(2008/12/14)
_____
【4.0-ブラリと】「万博公園の太陽の塔」(2008/12/8)
_____
【4.0-ブラリと】「夕陽ヶ丘駅の家隆の塚」(2008/5/17)
_____
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
【4.1-京洛逍遥】

_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(237)秋を呼びに飛び立つ鷺たち」(2012/9/16)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(236)文化交流の場〈さろん淳平〉」(2012/9/15)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(235)グリル生研会館の洋食」(2012/8/29)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(233)上賀茂神社の手作り市」(2012/8/26)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(232)葵祭で神仏習合を考える」(2012/5/16)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(231)葵祭が順延となり我が家でお茶会」(2012/5/15)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(230)廬山寺のエセ源氏絵展」(2012/5/14)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(229)上賀茂神社の競馬会-2012-」(2012/5/5)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(228)鹿ケ谷の安楽寺」(2012/5/4)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(227)下鴨神社の流鏑馬神事」(2012/5/3)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(226)法然院と谷崎潤一郎のお墓」(2012/4/30)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(225)瑠璃光院と我が家でのお薄」(2012/4/28)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(224)ゆったりとした智積院」(2012/4/16)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(223)お花見と御所の一般公開-2012春」(2012/4/8)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(222)下鴨神社の桜と糺市」(2012/4/1)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(221)上賀茂神社の手作り市」(2012/3/25)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(220)葵橋で鳶を襲う鷺を目撃」(2012/3/20)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(219)下鴨神社の光琳の梅」(2012/3/19)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(218)工事現場が好きな鷺たち」(2012/1/24)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(217)物思いに耽る鷺とはしゃぐ鴨たち」(2012/1/23)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(216)鴨たちの輪舞」(2012/1/14)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(215)最近の賀茂川の中洲」(2012/1/8)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(214)紙文化の楽紙館」(2012/1/7)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(213)三が日の水鳥たち」(2012/1/5)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(212)河合神社の境内で思ったこと」(2012/1/3)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(211)上賀茂神社へ初詣_2012」(2012/1/2)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(210)下鴨神社へ初詣_2012」(2012/1/1)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(209)北野天神・高安墓参・錦市場-2011」(2011/12/31)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(208)「真々庵」でPHPを考える」(2011/12/22)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(207)賀茂川の真冬の鳥たち」(2011/12/19)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(206)冬支度の大徳寺境内」(2011/12/17)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(205)神々しいまでの朝日」(2011/11/24)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(204)賀茂川に憩う初冬の鷺と鴨」(2011/11/23)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(203)如意ヶ岳の朝焼け」(2011/11/9)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(202)京都御所の一般公開─2011秋」(2011/11/1)
_____
【4.1-京洛逍遥】「【復元】京都・宇治の回転寿司」(2011/10/4)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(201)白川疎水通りと鱗雲」(2011/10/2)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(200)慶事のお香を松栄堂で」(2011/9/1)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(199)「紫野源水」の茶菓でいただく薄茶」(2011/8/31)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(198)手作り市とお茶のお稽古」(2011/8/28)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(197)半木の道の光と水」(2011/8/17)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(196)京都五山の送り火を考える-2011」(2011/8/16)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(195)朝夕元気に散歩しています」(2011/8/14)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(194)下鴨神社の「納涼古本まつり」2011版」(2011/8/13)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(193)祇園祭と鱧-2011」(2011/7/16)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(192)大徳寺の鉄鉢料理と京都駅南口の回転寿司」(2011/7/10)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(191)四条で講演を聞き千本釈迦堂の陶器市へ」(2011/7/9)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(190)下鴨神社の糺の森に茶店オープン」(2011/5/21)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(189)そば鶴と大徳寺興臨院」(2011/4/30)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(188)上賀茂神社の桜」(2011/4/29)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(187)鴨川茶店-2011-」(2011/4/9)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(186)鞍馬温泉でリラックス」(2011/4/3)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(185)30数年ごくろうさまでした」(2011/4/1)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(184)京大病院からの帰りに見た賀茂川の桜」(2011/3/31)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(183)電気の神様・上賀茂神社と半木の道の蕾」(2011/3/22)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(182)春を待つ下鴨神社」(2011/3/6)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(181)春を待つ上賀茂」(2011/2/27)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(180)大徳寺前のカフェじーの」(2011/1/30)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(179)下鴨神社-2011」(2011/1/3)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(178)ウサギの岡崎神社」(2011/1/2)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(177)上賀茂神社へ初詣_2011」(2011/1/1)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(176)大晦日に初雪の賀茂街道」(2010/12/31)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(175)歳末の錦天満宮と錦市場」(2010/12/30)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(174)都大路を走る全国高校駅伝」(2010/12/26)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(173)北野天満宮の「しまい天神」」(2010/12/25)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(172)パイプオルガンと蕎麦寿司と大徳寺」(2010/11/21)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(171)京都御所一般公開-2010秋」(2010/11/18)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(170)宮川町歌舞練場で舞踊を見る」(2010/11/14)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(169)ヨドバシカメラと白川沿い」(2010/11/5)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(168)知恩寺の古書市で井上靖自選集を買う」(2010/10/31)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(167)バスの中での雲水さん」(2010/10/28)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(166)時代祭-2010」(2010/10/23)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(165)平安神宮で左近の桜が咲く」(2010/10/21)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(164)誓願寺の策伝忌と奉納落語会」(2010/10/11)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(163)植物園で名月と野外音楽」(2010/9/22)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(162)鞍馬寺とくらま温泉」(2010/9/21)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(161)賀茂川のリハビリウォーキング開始」(2010/9/15)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(160)不可解な運転と対応の京都市バス」(2010/9/14)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(159)錦市場の冨美家でうどん」(2010/9/12)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(158)上善寺の小山郷六斎念仏」(2010/8/23)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(157)お茶の一保堂で憩う」(2010/8/18)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(156)大文字の送り火-2010」(2010/8/16)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(155)下鴨神社の「納涼古本まつり」2010版」(2010/8/11)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(154)熊野神社・八ツ橋発祥の地」(2010/8/3)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(153)祇園祭の花傘巡行」(2010/7/24)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(152)下鴨神社の御手洗祭の足つけ神事」(2010/7/23)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(151)選挙スローガンの「商都・平安京の復活」」(2010/7/11)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(150)新大宮通りのそば寿司」(2010/7/10)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(149)賀茂川畔の欅並木」(2010/7/7)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(148)建仁寺の半夏生」(2010/6/20)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(147)京都大アンティークフェア」(2010/6/18)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(146)京都駅南のイオンモール」(2010/6/8)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(145)出町の桝形アーケード街」(2010/6/7)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(144)吉田山大茶会」(2010/6/6)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(143)賀茂川のあかね雲」(2010/6/5)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(142)平安神宮の杜若と鯖街道マラソン」(2010/5/17)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(141)葵祭の社頭の儀」(2010/5/15)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(140)初夏の瑠璃光院」(2010/5/9)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(139)詩仙堂と恵文社」(2010/5/5)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(138)上賀茂神社の斎王代」(2010/5/4)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(137)糺の森の流鏑馬神事」(2010/5/3)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(136)賀茂川暮色−葉桜と夕陽−」(2010/4/26)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(135)植物園の春」(2010/4/12)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(134)京都御所の一般公開 -2010-」(2010/4/11)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(133)鴨川茶店-2010-」(2010/4/10)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(132)平安神宮紅しだれコンサート -2010-」(2010/4/9)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(131)平等院で舞楽「延喜楽」」(2010/3/28)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(130)白川沿いの書道展」(2010/3/27)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(129)京都市の地下鉄グッズ」(2010/3/22)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(128)四条京町家で横笛体験」(2010/3/21)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(127)北野のお揚げさんとのコラボ」(2010/3/14)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(126)仁丹の町名表示板」(2010/3/5)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(125)洛陽三十三所(31)東向観音寺」(2010/3/1)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(124)北野天満宮の梅花」(2010/2/28)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(123)京竹工芸のバッグに惚れる」(2010/2/27)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(122)洛陽三十三所(8)大蓮寺」(2010/2/26)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(121)「みやこめっせ」で文化体験」(2010/2/23)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(120)賀茂川の中州(2)」(2010/2/19)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(119)夕焼けに映える新春の賀茂川」(2010/1/3)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(118)下鴨茂神社へ初詣」(2010/1/2)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(117)上賀茂神社へ初詣」(2010/1/1)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(116)師走の錦市場」(2009/12/31)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(115)賀茂川の中州」(2009/12/26)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(114)洛陽三十三所(6)金戒光明寺」(2009/12/6)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(113)結婚記念に「京都の秋 音楽祭」へ」(2009/11/22)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(112)大徳寺「龍源院」の石庭」(2009/11/21)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(111)禅寺の閑臥庵」(2009/11/16)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(110)紫式部に縁のある大徳寺」(2009/11/6)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(109)今宮神社の骨董市とあぶり餅」(2009/11/5)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(108)御所の秋季特別公開」(2009/11/3)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(107)植物園の『源氏物語』草木の実展」(2009/11/2)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(106)知恩寺で古書と出会う」(2009/11/1)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(105)賀茂川の水鳥-2009秋」(2009/10/19)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(104)京友禅体験記」(2009/10/18)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(103)紫織庵」(2009/9/12)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(102)無名舎」(2009/9/11)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(101)晴明神社と一条戻橋」(2009/9/6)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(100)府立植物園で『源氏物語』」(2009/8/23)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(99)大文字の送り火2009」(2009/8/17)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(98)五条坂陶器まつりの源氏絵-2009」(2009/8/10)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(97)陽明文庫の『源氏物語』」(2009/8/7)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(96)気楽に行けるコンサート」(2009/8/4)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(96)スダレ・ペインティング?」(2009/7/24)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(95)下鴨神社の御手洗祭」(2009/7/21)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(94)祇園祭と源氏絵?風」(2009/7/15)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(93)京都駅前の10年後を予想」(2009/7/14)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(92)祇園祭の山鉾立て」(2009/7/13)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(91)文系趣味人向けの古本屋」(2009/7/11)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(90)有料ガイドブック〈2〉」(2009/6/30)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(89)有料ガイドブック〈1〉」(2009/6/30)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(88)無料ガイドブック〈4〉」(2009/6/29)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(87)無料ガイドブック〈3〉」(2009/6/28)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(86)無料ガイドブック〈2〉」(2009/6/24)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(85)京都府総合見本市会場の骨董市」(2009/6/22)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(84)みやこめっせで公卿と舞妓」(2009/6/21)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(83)府立植物園のバラ園」(2009/6/14)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(82)龍安寺で湯豆腐」(2009/6/13)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(81)人力車と算盤」(2009/5/31)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(80)無料ガイドブック〈1〉」(2009/5/30)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(79)雲林院の歌碑」(2009/5/20)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(78)宇治の源氏」(2009/5/18)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(77)玄関への道がないホテル」(2009/5/17)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(76)街中の小さな変化」(2009/5/16)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(75)葵祭2009」(2009/5/15)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(74)鴨長明と河合神社」(2009/5/12)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(73)上賀茂の社家」(2009/5/11)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(72)太田神社のかきつばた」(2009/5/9)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(71)東寺で源氏物語の見立て絵」(2009/5/8)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(70)新緑の法然院」(2009/5/8)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(69)水が流れる堀川に変身」(2009/5/7)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(68)上賀茂神社の競馬会」(2009/5/5)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(67)下鴨神社の歩射神事」(2009/5/5)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(66)真如堂」(2009/5/4)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(65)吉田山荘」(2009/5/2)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(64)賀茂の桜と結婚式」(2009/4/11)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(63)平安神宮紅しだれコンサート」(2009/4/10)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(62)賀茂川の桜をレポート」(2009/4/7)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(61)賀茂川の桜はまだ」(2009/4/5)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(60)差別待遇をする錦市場の回転寿司屋」(2009/4/4)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(59)京都着物パスポート」(2009/3/23)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(58)仁和寺の裏道」(2009/3/19)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(57)「西院」の読み方」(2009/2/24)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(56)今年の廬山寺の節分会」(2009/2/4)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(55)昨年の廬山寺の節分会の舞台裏(附記版)」(2009/1/31)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遙(54)散策のガイドマップ」(2009/1/17)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(53)大晦日の賀茂川と錦市場」(2008/12/31)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(52)定家京極邸址前で喫茶」(2008/12/28)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(51)東寺の「しまい弘法」」(2008/12/21)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(50)賀茂川の水鳥たち」(2008/12/15)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(49)明治天皇の産屋」(2008/12/7)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(48)大徳寺高桐院の紅葉」(2008/12/1)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(47)紅葉の京洛」(2008/11/29)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(46)「紫式部通り」を見つける」(2008/8/28)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京都御苑の自転車の跡」(2008/8/18)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(45)大文字の送り火」(2008/8/16)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(44)くらま温泉」(2008/7/13)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(43)上賀茂のリストランテ「愛染倉」」(2008/7/9)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(42)仁和寺と陽明文庫」(2008/7/8)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(41)いつから「町家」か?」(2008/6/22)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(40)紫式部が火の用心」(2008/6/13)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(39)北野天神の縁日」(2008/5/25)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(38)洛北のフォークコンサート」(2008/5/11)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(37)神泉苑の狂言」(2008/5/5)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(36)上賀茂の手作り市」(2008/5/5)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(35)鴨川茶店」(2008/4/14)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(34)植物園の「光源氏」」(2008/4/13)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(33)堀川の復活整備」(2008/4/12)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(32)賀茂川の桜」(2008/4/8)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(31)春のおとづれ」(2008/4/2)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(30)西無車小路町」(2008/3/25)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(29)京都御苑」(2008/3/22)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(28)築150年の京町家カフェ」(2008/3/16)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(27)平安神宮でガマの油売り」(2008/2/24)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(26)京都文化博物館の川端と東山展」(2008/2/11)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(25)北野天神の歌仙絵と梅」(2008/2/4)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(24)廬山寺の節分会に注文」(2008/2/4)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(23)京都府立陶板名画の庭」(2008/1/28)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(22)元旦の新聞に!!」(2008/1/2)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(21)大晦日のヲケラ詣り」(2007/12/31)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(20)今年は住民として錦市場へ」(2007/12/30)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(19)北山杉の里」(2007/12/24)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(18)八坂神社の西楼門」(2007/12/3)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(17)八瀬・瑠璃光院」(2007/10/29)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(16)鞍馬寺」(2007/9/23)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(15)鷹峯の光悦寺」(2007/9/23)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(14)比叡山のルノワール」(2007/9/17)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(13)早朝の賀茂川」(2007/9/17)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(12)下鴨神社」(2007/8/12)
_____
【4.1-京洛逍遥】「京洛逍遥(11)祇園祭・宵山」(2007/7/16)
_____
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
【4.2-古都散策】

_____
【4.2-古都散策】「古都散策(10)薬師寺での聞香が当たる」(2012/1/15)
_____
【4.2-古都散策】「【復元】初夏の散策(9)萬葉の白毫寺」(2011/9/20)
_____
【4.2-古都散策】「古都散策(33)平群でお茶のお稽古」(2011/7/11)
_____
【4.2-古都散策】「古都散策(32)西大寺チャリティー茶会」(2010/10/24)
_____
【4.2-古都散策】「古都散策(31)平群の時代祭」(2010/4/25)
_____
【4.2-古都散策】「【復元】古都散策(2)唐招提寺」(2009/11/14)
_____
【4.2-古都散策】「古都散策(30)『天平の甍』の文学碑」(2009/11/13)
_____
【4.2-古都散策】「古都散策(29)2年ぶりの正倉院展」(2009/11/10)
_____
【4.2-古都散策】「古都散策(28)唐招提寺の落慶法要」(2009/11/8)
_____
【4.2-古都散策】「【復元】古都散策(24)龍田大社へ初詣」(2008/1/3)
_____
【4.2-古都散策】「古都散策(27)法隆寺と龍田川の紅葉」(2007/12/8)
_____
【4.2-古都散策】「古都散策(26)興福寺の秘仏」(2007/11/8)
_____
【4.2-古都散策】「古都散策(25)正倉院展」(2007/11/4)
_____
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
【4.3-江戸漫歩】

_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(58)武蔵小山温泉「清水湯」」(2012/10/20)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(57)新宿西口ガード脇の岐阜屋で」(2012/10/17)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(56)佃テラスから見るスカイツリーと業平橋駅」(2012/5/23)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(55)板橋区立美術館の狩野家展」(2012/4/22)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(54)隅田川の桜祭りと夕焼け」(2012/4/15)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(53)散り初めた葉桜がいい」(2012/4/12)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(52)咲き初めた深川と立川の桜」(2012/4/6)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(51)隅田川の鴨たち」(2012/1/9)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(50)深川の木々も色づいて」(2011/11/17)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(49)豊洲の船カフェと運河クルーズ」(2011/11/6)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(48)築地の秋まつり」(2011/10/9)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(47)朝の隅田川と都鳥」(2011/10/3)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(46)糖質制限と築地のすし塚」(2011/9/28)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(45)虹の橋と十返舎一九の墓」(2011/9/27)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(44)深川も夏から秋へ」(2011/9/14)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(43)東京駅近くの公園で盆踊り」(2011/9/10)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(43)佃島の手押しポンプと賀茂川の月」(2011/8/3)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(42)水上バスで浅草へ」(2011/7/23)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(42)お江戸日本橋へウォーキング」(2011/6/26)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(41)楽天地天然温泉「法典の湯」」(2011/6/25)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(40)蕎麦寿司と亀戸天神社」(2011/6/11)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(39)東京染井温泉サクラ」(2011/6/7)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(38)前野原温泉さやの湯処」(2011/5/9)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(37)清澄公園から芭蕉庵旧跡へ」(2011/5/8)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(36)深大寺温泉」(2011/5/7)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(35)平和島の骨董市」(2011/5/4)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(34)九段坂病院へ向かう道」(2011/5/2)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(33)深川図書館と清澄庭園」(2011/4/24)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(32)賀茂川の桜と隅田川の桜」(2011/4/11)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(31)江戸から一転平安の作品となった仏像」(2011/3/3)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(30)九段坂から富岡八幡・深川不動へ」(2011/2/17)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(29)早朝の隅田川ウォーキング」(2011/1/9)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(28)新春の隅田川夕照」(2011/1/8)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(27)スカイタワーと佃島」(2010/12/12)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(26)ビヤホール「ライオン」」(2010/6/28)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(25)出光美術館で屏風を見る」(2010/6/25)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(24)高円寺を彷徨う」(2010/6/16)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(23)懐かしの三鷹駅前」(2010/6/15)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(22)中野のブロードウェー」(2010/6/4)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(21)慶應大学での中古文学会」(2010/5/22)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(20)立川市新庁舎の本のオブジェ」(2010/5/18)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(19)妙栄稲荷大善神」(2010/4/2)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(18)深川の桜めぐり-2010-」(2010/4/1)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(17)イブの新宿で一升瓶を抱える女」(2009/12/24)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(16)都美術館の冷泉家展」(2009/11/7)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(15)深夜の八重洲通りをテクテクと」(2009/10/21)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(14)東京駅〈3〉不気味な手すり」(2009/6/18)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(13)東京駅〈2〉0キロポスト」(2009/6/9)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(12)小津映画のセンター」(2009/6/8)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(11)東京駅〈1〉」(2009/4/14)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(10)東京の桜」(2009/4/8)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(9)富岡八幡と深川不動へ初詣」(2009/1/6)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(8)東京エキナカ」(2008/6/11)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(7)内藤新宿」(2008/6/4)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(6)与謝野晶子の住居跡」(2008/5/27)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(5)隅田川」(2008/1/20)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(4)怪しい郵便ポスト」(2008/1/19)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(3)36年ぶりの東京タワー」(2007/12/12)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(2)鶴屋南北住居跡」(2007/11/25)
_____
【4.3-江戸漫歩】「江戸漫歩(1)夜の隅田川を眺めながらの帰宅」(2007/9/20)
_____
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
【4.4-銀座探訪】

_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(26)狩野画塾跡の説明板」(2011/8/23)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(25)地下鉄銀座駅のマーキュリー像」(2010/8/4)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(24)粋なミキモト真珠の店先」(2010/6/3)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(23)銀座の居酒屋(1)」(2010/5/19)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(22)桜通りは咲き初め」(2010/4/3)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(21)壹眞珈琲店のシフォンケーキ」(2010/3/25)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(20)京都御所・仙洞御所・修学院離宮の写真展」(2010/1/24)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(19)桂離宮の写真展」(2010/1/7)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(18)時差ボケ解消に」(2009/10/6)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(17)メタボな銀座桜通り」(2009/4/13)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(16)桜の咲き初め」(2009/3/29)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(15)突然渡された高級時計」(2009/3/9)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(14)聖夜の銀座」(2008/12/25)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(13)銀座で「おくりびと」」(2008/12/11)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(12)銀座で突然、板前さんと出会う」(2008/10/19)
_____
【4.4-銀座探訪】「久しぶりに銀座で泳ぐ」(2008/8/19)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(11)柳ではなくて桜満開」(2008/4/22)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(10)信号機が少ない」(2008/3/5)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(9)ハートラベルのワイン」(2008/2/6)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(8)戸越銀座の商店街」(2008/1/9)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(7)ブルガリと回転寿司」(2007/11/29)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(6)銀座共同溝」(2007/11/11)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(5)手帳を探す」(2007/11/9)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(4)アルマーニ オープン」(2007/11/8)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(3)庶民的」(2007/9/16)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(2)吉野家」(2007/9/4)
_____
【4.4-銀座探訪】「銀座探訪(1)夜の銀座 de 泳ぐ」(2007/8/28)
_____
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by genjiito at 23:49| Comment(0) | ◆情報化社会

2012年10月30日

投稿2千件一覧(2)〈読書/井上靖/藤田/谷崎/吉行/池田〉

 本ブログは、1995件目の投稿です。
 これまでの記事を項目別に5つに分類し、その題目が一覧できるように整理した第2弾です。
 このリンクをたどって、また折々にご笑覧いただければ幸いです。

 今回は、〈3.0-読書雑記/3.1-井上靖卒読/3.2-藤田宜永通読/3.3-谷崎全集読過/3.4-吉行淳之介濫読/3.6-池田亀鑑〉に関する記事の一覧です。
 読書ノートを基本とし、作家など人物に関する記事が集まっています。私は『源氏物語』の作者を紫式部という一人の人間に限定しない立場なので、本ブログにも「紫式部」という人物のカテゴリーはありません。
 「3.6-池田亀鑑」については、最近立項したカテゴリーなので、それ以前に書いたものは他のグループに分類されているものも多いと思われます。
 カテゴリーは、しだいに増やしてきたものなので、その分類種別が混乱している記事が散見していることをご了承ください。それらは、またいずれ整理します。
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
【3.0-読書雑記】

_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(51)森見登美彦『宵山万華鏡』」(2012/7/3)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(50)『十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞』」(2012/6/5)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(49)谷崎松子『倚松庵の夢』と潤一郎への想い」(2012/5/1)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(48)高田郁『夏天の虹?みをつくし料理帖』」(2012/4/9)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(47)水上勉『西陣の女』」(2011/12/26)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(46)福田美鈴『わが心の井上靖』」(2011/10/18)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(45)森見登美彦『太陽の塔』」(2011/10/15)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(44)森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』」(2011/10/13)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(43)『我ら糖尿人、元気なのには理由がある。』」(2011/10/10)
_____
【3.0-読書雑記】「【復元】映像は原作を超えられるか」(2011/9/21)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(42)高田郁『心星ひとつ みをつくし料理帖』」(2011/9/9)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(41)柏木圭一郎『京都紫野 菓匠の殺人』」(2011/9/5)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(40)永江朗『そうだ、京都に住もう。』」(2011/8/2)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(39)【復元】楽しい『源氏物語』」(2011/7/28)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(38)岩波新書『平安京遷都』(川尻秋生)」(2011/7/27)
_____
【3.0-読書雑記】「日本図書館協会の選定図書に選出されました」(2011/7/7)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(37)水上勉「雁の死」」(2011/7/3)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(36)水上勉「雁の森」」(2011/7/1)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(35)水上勉「雁の村」」(2011/6/27)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(34)吉村昭『三陸海岸大津波』」(2011/6/9)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(33)高田郁『小夜しぐれ みをつくし料理帖』」(2011/4/22)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(32)【復元】物語の作者とは?」(2011/4/18)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(31)【復元】曾野綾子著『アレキサンドリア』雑感」(2011/2/4)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(30)水上勉『雁の寺』」(2011/1/7)
_____
【3.0-読書雑記】「【復元】読書雑記(29)『問題な日本語』を再読して」(2011/1/6)
_____
【3.0-読書雑記】「【復元】読書雑記(28)「よろしかったでしょうか」はどこが変?」(2011/1/5)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(27)水上勉『湖の琴』」(2010/12/7)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(26)高田郁『出世花』」(2010/12/6)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(25)高田郁『銀二貫』」(2010/12/5)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(24)高田郁『今朝の春 みをつくし料理帖』」(2010/12/4)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(23)高田郁『想い雲 みをつくし料理帖』」(2010/12/2)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(22)高田郁『花散らしの雨 みをつくし料理帖』」(2010/11/26)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(21)高田郁『八朔の雪 みをつくし料理帖』」(2010/11/25)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(20)藤本孝一『本を千年つたえる』」(2010/11/24)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(19)『おいしいコーヒーの経済論』」(2010/6/17)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(18)天野節子『目線』」(2010/4/23)
_____
【3.0-読書雑記】「【復元】吉村達也『回転寿司殺人事件』」(2010/4/21)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(17)井上ひさし『合牢者』」(2010/2/25)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(16)『朝青龍はなぜ強いのか?』」(2009/12/23)
_____
【3.0-読書雑記】「【復元】『坂の上の雲』は小説というよりも物語」(2009/11/19)
_____
【3.0-読書雑記】「芥川賞受賞作「終の住処」」(2009/8/24)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(15)嵯峨徳子『京都大不満』」(2009/6/20)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(14)大門剛明『雪冤』」(2009/6/2)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(13)『老後は銀座で』」(2009/5/29)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(12)酒井順子『都と京』」(2009/5/23)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(11)浅田次郎『月のしずく』」(2009/4/29)
_____
【3.0-読書雑記】「愛用のブックカバー(2)」(2008/12/4)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(10)交渉するための秘術『神の交渉力』」(2008/11/28)
_____
【3.0-読書雑記】「きょう買った本」(2008/7/4)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(9)〈定年小説〉特集を読む」(2008/5/25)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(8)澤野久雄『失踪』」(2008/5/14)
_____
【3.0-読書雑記】「みやこめっせで春の古書市」(2008/5/4)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(7)水上勉『京の川』」(2008/2/12)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(6)清水義範『読み違え源氏物語』」(2008/1/30)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(5)川端康成『古都』」(2007/12/1)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(4)高梨耕一郎『京都半木の道 桜雲の殺意』」(2007/10/2)
_____
【3.0-読書雑記】「愛用のブックカバー」(2007/9/24)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(3)室井佑月『ドラゴンフライ』」(2007/9/22)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(2)『パール判事』快著誕生」(2007/8/2)
_____
【3.0-読書雑記】「読書雑記(1)吉村昭『死顔』」(2007/7/25)
_____
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
【3.1-井上靖卒読】

_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(147)「失われた時間」「湖岸」「篝火」」(2012/10/21)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(146)「投網」「合流点」「二つの秘密」「風のある午後」」(2012/10/11)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(145)「風」「夜の金魚」「銹びた海」」(2012/10/4)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(144)「鮎と競馬」「殺意」「父の愛人」」(2012/10/3)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(143)「赤い爪」「杢さん」「青いカフスボタン」」(2012/10/1)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(142)「その日そんな時刻」「昔の恩人」「春の雑木林」」(2012/9/29)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(141)「森蘭丸」「驟雨」「ひとり旅」」(2012/9/7)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(140)「野を分ける風」「信松尼記」「僧行賀の涙」」(2012/9/4)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(139)「山の少女」「爆竹」「再会」」(2012/7/18)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(138)「稲妻」「末裔」「みどりと恵子」」(2012/7/17)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(137)「海浜の女王」「美也と六人の恋人」「断崖」」(2012/7/11)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(136)「水溜りの中の瞳」「あげは蝶」「夏花」」(2012/7/10)
_____
【3.1-井上靖卒読】「【続】湯ヶ島で井上靖の文学散歩」(2012/6/12)
_____
【3.1-井上靖卒読】「湯ヶ島で井上靖の文学散歩」(2012/6/11)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖原作の映画『わが母の記』」(2012/6/9)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(135)「海水着」「青いボート」「落葉松」」(2012/4/11)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(134)「白い手」「仔犬と香水瓶」「贈りもの」」(2012/4/10)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(133)「小鳥寺」「秘密」「古九谷」」(2012/1/18)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(132)「百日紅」「大いなる墓」「夜明けの海」」(2012/1/16)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(131)「山の湖」「潮の光」「傍観者」」(2012/1/11)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(130)「蜜柑畑」「表彰」「勝負」」(2012/1/6)
_____
【3.1-井上靖卒読】「国際集会で井上靖の発表を聞いて」(2011/11/26)
_____
【3.1-井上靖卒読】「クレマチスの丘にある井上靖文学館」(2011/8/21)
_____
【3.1-井上靖卒読】「酒田市の井上靖文学碑「氷壁」」(2011/7/6)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(129)「帽子」「魔法壜」」(2011/7/4)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(128)「あかね雲」「眼」「魔法の椅子」」(2011/6/30)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(127)「岩の上」「裸の梢」「夏の焔」」(2011/6/29)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(126)「ハムちゃんの正月」「とんぼ」「馬とばし」」(2011/6/28)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(125)「黙契」「白い街道」「ある女の死」」(2011/6/23)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(124)「晩夏」「少年」「帰郷」」(2011/6/22)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(123)「楕円形の月」「小さい旋風」「千代の帰郷」」(2011/5/6)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(122)「貧血と花と爆弾」」(2011/5/5)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(121)「無蓋貨車」「年賀状」「悪魔」」(2011/4/17)
_____
【3.1-井上靖卒読】「[井上靖卒読]リスト【1〜100】」(2011/4/16)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読・再述(2)「闘牛」」(2011/4/15)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読・再述(1)「猟銃」」(2011/3/28)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(120)「星の屑たち」「二分間の郷愁」「黄色い鞄」」(2011/3/26)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読・再述(3)「通夜の客」」(2011/3/15)
_____
【3.1-井上靖卒読】「日南町の井上靖(2)ラクダのこぶの峠道」(2011/3/13)
_____
【3.1-井上靖卒読】「日南町の井上靖(1)」(2011/3/12)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(119)「七人の紳士」「早春の墓参」」(2011/3/8)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読・再述(4)「春の嵐」」(2011/3/7)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読・再述(5)『その人の名は言えない』」(2011/2/5)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(118)『黯い潮』」(2010/12/23)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(117)「流転」」(2010/12/13)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(116)『魔の季節』」(2010/12/11)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(115)書誌情報の備忘録」(2010/12/9)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(114)「昔の愛人」「薄氷」」(2010/12/8)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(113)『流沙』」(2010/11/17)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖『猟銃』の方法を学ぶ」(2010/8/1)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(112)『四角な船』」(2010/7/14)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(111)『欅の木』」(2010/7/6)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(110)『憂愁平野』」(2010/6/21)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(109)『崖』」(2010/6/2)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(108)「ある自殺未遂」「七夕の町」「二枚の招待状」」(2010/5/13)
_____
【3.1-井上靖卒読】「「比良のシャクナゲ」の舞台へ」(2010/5/2)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読・再述(2)「比良のシャクナゲ」」(2010/5/1)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(107)『夜の声』」(2010/4/17)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上家の疎開先としての日南町(4)」(2010/3/19)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上家の疎開先としての日南町(3)」(2010/3/17)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上家の疎開先としての日南町(2)」(2010/3/16)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上家の疎開先としての日南町(1)」(2010/3/15)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(106)《未収録詩篇》」(2010/2/8)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(105)《拾遺詩篇》」(2010/2/7)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(104)『風濤』」(2010/2/4)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖ゆかりの日南町(2の2)」(2009/12/14)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖ゆかりの日南町(2の1)」(2009/12/13)
_____
【3.1-井上靖卒読】「モンゴルと井上靖の記念館へ」(2009/12/10)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(103)「異域の人」「永泰公主の頸飾り」」(2009/11/30)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(102)「漂流」「塔二と弥三」「明妃曲」」(2009/11/27)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(101)『敦煌』」(2009/11/17)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(100)新発見「中国行軍日記」に見る夫婦愛」(2009/11/11)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(99)『楊貴妃伝』」(2009/10/29)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(98)「天目山の雲」「佐治与九郎覚書」」(2009/10/22)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(97)『天平の甍』」(2009/10/20)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(96)「信康自刃」「天正十年元旦」」(2009/10/8)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(95)「桶狭間」「平蜘蛛の釜」」(2009/10/7)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(94)『渦』」(2009/10/3)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(93)『しろばんば(後編)』」(2009/10/1)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(92)『しろばんば(前編)』」(2009/9/30)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(91)「鬼の話」「道」」(2009/9/29)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(90)「補陀落渡海記」「小磐梯」」(2009/9/28)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(89)「岬の絵」「あすなろう」「断雲」」(2009/9/3)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(88)詩集『星蘭干』」(2009/9/2)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(87)「漆胡樽」「人妻」「踊る葬列」」(2009/8/22)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(86)詩集『傍観者』」(2009/8/21)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(85)「無声堂」「ある兵隊の死」」(2009/8/20)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(84)『孔子』」(2009/8/12)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(83)『異国の星(下)』」(2009/7/30)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(82)『異国の星(上)』」(2009/7/28)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(81)「母の手」「旧友」「めじろ」」(2009/7/9)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(80)『海峡』」(2009/7/5)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(79)「霰の街」「あすなろう」「戦友の表情」」(2009/7/3)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(78)「三原山晴天」「初恋物語」」(2009/7/1)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(77)朗読テープ「猟銃」「闘牛」」(2009/6/23)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(76)「謎の女(続編)」「夜靄」」(2009/6/16)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(75)『蒼き狼』」(2009/6/10)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(74)『昨日と明日の間』」(2009/6/7)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(73)『詩集 乾河道』」(2009/6/5)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(72)『詩集 遠征路』」(2009/5/28)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(71)『あすなろ物語』」(2009/5/21)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(70)『白い牙』」(2009/5/14)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(69)『緑の仲間』」(2009/5/13)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(68)『花壇』」(2009/4/30)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(67)『地図にない島』」(2009/4/27)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読・再述(11)『風林火山』」(2009/4/26)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(66)『燭台』」(2009/4/17)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(65)『兵鼓』」(2009/4/16)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(64)『月光』」(2009/4/15)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(63)『朱い門』」(2009/4/9)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(62)「氷の下」「滝へ降りる道」「伊那の白梅」」(2009/2/10)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(61)『詩集 運河』」(2009/2/8)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(60)『詩集 地中海』」(2009/2/7)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(59)「利休の死」「北の駅路」」(2009/2/2)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(58)「ある偽作家の生涯」「鵯」「楼門」」(2009/2/1)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(57)『オリーブ地帯』」(2009/1/27)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(56)『風と雲と砦』」(2009/1/21)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(55)『詩集 北国』」(2009/1/5)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(54)『紅花』」(2009/1/4)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(53)『盛装』」(2008/12/24)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(52)『揺れる耳飾り』」(2008/12/19)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(51)『こんどは俺の番だ』」(2008/12/18)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(50)「玉腕記」「三ノ宮炎上」」(2008/12/2)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(49)『白い風赤い雲』」(2008/11/30)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(48)『遠い海』」(2008/11/26)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(47)『傾ける海』」(2008/11/23)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(46)『白い炎』」(2008/11/14)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(45)「澄賢房覚書」」(2008/11/11)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読-『井上靖?ロマネスクと孤独?』」(2008/11/6)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(44)『波濤』」(2008/10/18)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖の奥さまのご逝去」(2008/10/16)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(43)『河口』」(2008/10/10)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(42)「初代権兵衛」「碧落」「チャンピオン」「頭蓋のある部屋」」(2008/7/2)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(41)「満月」「舞台」「考える人」」(2008/7/1)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(40)『夏草冬濤』」(2008/6/12)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読・再述(10)『愛』」(2008/6/3)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(39)『戦国城砦群』」(2008/5/29)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(38)「俘囚」「花粉」「四つの面」」(2008/5/19)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(37)「蘆」「川の話」「湖上の兎」」(2008/5/16)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(36)「湖の中の川」「大洗の月」「孤猿」」(2008/4/21)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(35)「姨捨」「胡桃林」「グウドル氏の手套」」(2008/4/19)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(34)「ある愛情」「斜面」」(2008/3/31)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(33)『わが母の記』」(2008/3/29)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(32)「流星」「梧桐の窓」」(2008/3/26)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(31)全集で割愛された作品群」(2008/3/3)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(30)『霧の道』」(2008/3/2)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(29)『群舞』」(2008/2/28)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(28)『氷壁』」(2008/2/9)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(27)「銃声」「かしわんば」」(2008/2/7)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(26)『後白河院』」(2008/1/24)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(25)『淀どの日記』」(2008/1/22)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(24)『若き怒濤』」(2008/1/11)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(23)『夢見る沼』」(2008/1/10)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(22)『青衣の人』」(2008/1/7)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(21)『あした来る人』」(2007/12/14)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(20)『詩集 季節』」(2007/12/5)
_____
【3.1-井上靖卒読】「【復元】井上靖卒読(9)『戦国無頼』」(2007/11/30)
_____
【3.1-井上靖卒読】「【復元】井上靖卒読(8)『紅荘の悪魔たち』」(2007/11/27)
_____
【3.1-井上靖卒読】「【復元】井上靖卒読(7)『雷雨』」(2007/11/21)
_____
【3.1-井上靖卒読】「【復元】井上靖卒読(6)『波紋』」(2007/11/19)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(19)『化石』」(2007/10/25)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(18)『ある落日』」(2007/10/24)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(17)『黒い蝶』」(2007/10/20)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(16)『春の海図』」(2007/10/11)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(15)『星よまたたけ』」(2007/10/8)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(14)『真田軍記』(続)」(2007/9/5)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(13)『真田軍記』」(2007/8/31)
_____
【3.1-井上靖卒読】「井上靖卒読(12)『花と波濤』」(2007/7/26)
_____
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
【3.2-藤田宜永通読】

_____
【3.2-藤田宜永通読】「『還暦探偵』の加筆訂正から見えた問題点」(2011/12/21)
_____
【3.2-藤田宜永通読】「藤田宜永通読(13)『還暦探偵』」(2011/12/20)
_____
【3.2-藤田宜永通読】「藤田宜永通読(12)『夢で逢いましょう』」(2011/11/14)
_____
【3.2-藤田宜永通読】「藤田宜永通読(11)『愛ある追跡』は駄作です」(2011/7/8)
_____
【3.2-藤田宜永通読】「藤田宜永通読(10)『老猿』」(2010/6/29)
_____
【3.2-藤田宜永通読】「藤田宜永通読(9)『空が割れる』」(2010/4/13)
_____
【3.2-藤田宜永通読】「藤田宜永通読(8)「還暦探偵」」(2010/3/26)
_____
【3.2-藤田宜永通読】「藤田宜永通読(7)『たまゆらの愛』」(2009/9/1)
_____
【3.2-藤田宜永通読】「藤田宜永通読(6)『恋愛不全時代の処方箋』」(2009/2/20)
_____
【3.2-藤田宜永通読】「藤田宜永通読(5)『喜の行列 悲の行列』」(2008/10/22)
_____
【3.2-藤田宜永通読】「藤田宜永通読(4)『恋愛事情』」(2008/4/4)
_____
【3.2-藤田宜永通読】「藤田宜永通読(3)『戦力外通告』」(2007/11/22)
_____
【3.2-藤田宜永通読】「藤田宜永通読(2)『いつかは恋を』」(2007/10/27)
_____
【3.2-藤田宜永通読】「藤田宜永通読(1)『リミックス』」(2007/9/18)
_____
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
【3.3-谷崎全集読過】

_____
【3.3-谷崎全集読過】「谷崎全集読過(15)「亡友」「美男」」(2012/10/23)
_____
【3.3-谷崎全集読過】「谷崎全集読過(14)「独探」」(2012/9/30)
_____
【3.3-谷崎全集読過】「谷崎全集読過(13)「お才と巳之介」」(2012/9/8)
_____
【3.3-谷崎全集読過】「谷崎全集読過(12)『陰翳礼讃』」(2011/6/21)
_____
【3.3-谷崎全集読過】「谷崎全集読過(11)「お艶殺し」」(2011/5/3)
_____
【3.3-谷崎全集読過】「谷崎全集読過(10)「法成寺物語」「恐怖時代」」(2011/2/6)
_____
【3.3-谷崎全集読過】「谷崎全集読過(10)「恋を知る頃」「春の海辺」」(2010/12/20)
_____
【3.3-谷崎全集読過】「谷崎全集読過(9)「誕生」「象」「信西」」(2010/12/18)
_____
【3.3-谷崎全集読過】「谷崎全集読過(8)「憎念」「華魁」」(2010/4/27)
_____
【3.3-谷崎全集読過】「谷崎全集読過(7)「羹」」(2010/4/5)
_____
【3.3-谷崎全集読過】「谷崎全集読過(6)「悪魔」「続悪魔」」(2010/2/9)
_____
【3.3-谷崎全集読過】「谷崎全集読過(5)「彷徨」「あくび」「恐怖」」(2010/2/5)
_____
【3.3-谷崎全集読過】「谷崎全集読過(4)「秘密」「The Affair of Two Watches」」(2009/12/22)
_____
【3.3-谷崎全集読過】「谷崎全集読過(3)「幇間」「?風」」(2009/12/8)
_____
【3.3-谷崎全集読過】「谷崎全集読過(2)「麒麟」「少年」」(2009/11/26)
_____
【3.3-谷崎全集読過】「谷崎全集読過(1)「刺青」」(2009/11/20)
_____
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
【3.4-吉行淳之介濫読】

_____
【3.4-吉行淳之介濫読】「吉行淳之介濫読(9)「水族館にて」「驟雨」」(2011/11/12)
_____
【3.4-吉行淳之介濫読】「吉行淳之介濫読(8)「重い体」「夜の病室」」(2011/11/2)
_____
【3.4-吉行淳之介濫読】「吉行淳之介濫読(7)「谷間」「祭礼の日」」(2011/10/30)
_____
【3.4-吉行淳之介濫読】「吉行淳之介濫読(6)「ある脱出」「詩編」」(2010/12/15)
_____
【3.4-吉行淳之介濫読】「吉行淳之介濫読(5)「藁婚式」「薔薇販売人」」(2010/12/14)
_____
【3.4-吉行淳之介濫読】「吉行淳之介濫読(4)「鼠小僧次郎吉」「小野小町」」(2010/5/11)
_____
【3.4-吉行淳之介濫読】「吉行淳之介濫読(3)「餓鬼」「火山の麓で」「花」」(2010/4/4)
_____
【3.4-吉行淳之介濫読】「吉行淳之介濫読(2)「星の降る夜の物語」「遁走」」(2010/3/23)
_____
【3.4-吉行淳之介濫読】「吉行淳之介濫読(1)「路上」「雪」」(2010/3/6)
_____
【3.4-吉行淳之介濫読】「吉行淳之介濫読(0)作者紹介」(2010/2/28)
_____
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
【3.6-池田亀鑑】

_____
【3.6-池田亀鑑】「池田芙蓉(亀鑑)著『馬賊の唄』を読んで」(2012/7/14)
_____
【3.6-池田亀鑑】「小冊子『池田亀鑑』ができました」(2012/3/31)
_____
【3.6-池田亀鑑】「池田亀鑑の書簡から本文研究の背景を推測する」(2012/3/30)
_____
【3.6-池田亀鑑】「米子にある稲賀敬二先生のお墓へ」(2012/3/12)
_____
【3.6-池田亀鑑】「池田亀鑑の生い立ちに関する新事実」(2012/3/11)
_____
【3.6-池田亀鑑】「盛会だった池田亀鑑賞の授賞式」(2012/3/10)
_____
【3.6-池田亀鑑】「池田亀鑑の生誕地日南町にまた来ました」(2012/3/9)
_____
【3.6-池田亀鑑】「第1回 池田亀鑑賞の授賞式のご案内」(2012/3/7)
_____
【3.6-池田亀鑑】「池田亀鑑賞 第1回受賞者の公表」(2012/2/13)
_____
【3.6-池田亀鑑】「池田亀鑑賞の選考会」(2012/1/28)
_____
【3.6-池田亀鑑】「第1回「池田亀鑑賞」の応募は12月20日までです」(2011/11/5)
_____
【3.6-池田亀鑑】「昭和8年の高松宮妃殿下のお写真」(2011/10/25)
_____
【3.6-池田亀鑑】「日南町のガイドブックに紹介された池田亀鑑」(2011/8/26)
_____
【3.6-池田亀鑑】「本と出会う楽しみ−末松謙澄と池田芙蓉」(2011/6/17)
_____
【3.6-池田亀鑑】「昭和6年に大正大学で展示された古写本『源氏物語』」(2011/6/16)
_____
【3.6-池田亀鑑】「池田亀鑑の旧蔵書を活用した研究発表」(2011/6/15)
_____
【3.6-池田亀鑑】「昭和7年の源氏展冊子の奥付が書き換えられたこと」(2011/6/8)
_____
【3.6-池田亀鑑】「池田亀鑑賞が新聞に紹介されました」(2011/6/5)
_____
【3.6-池田亀鑑】「池田亀鑑が反町茂雄を通して購入依頼した写本群のメモ」(2011/6/4)
_____
【3.6-池田亀鑑】「昭和7年に東大で開催された源氏展冊子は検閲されていた」(2011/6/3)
_____
【3.6-池田亀鑑】「池田亀鑑賞プロモーション映像の公開」(2011/5/27)
_____
【3.6-池田亀鑑】「新刊『もっとも知りたい……』のご案内」(2011/5/26)
_____
【3.6-池田亀鑑】「池田亀鑑と父が同日に逝去したこと」(2011/4/10)
_____
【3.6-池田亀鑑】「池田亀鑑の名前と学生時代の写真」(2011/4/8)
_____
【3.6-池田亀鑑】「池田亀鑑の好物」(2011/4/7)
_____
【3.6-池田亀鑑】「『源氏物語大成』の背景と資料(1)」(2011/4/6)
_____
【3.6-池田亀鑑】「日南町の池田亀鑑(6)教科書と後藤氏に関する補足情報」(2011/3/23)
_____
【3.6-池田亀鑑】「日南町の池田亀鑑(5)亀鑑の両親に関する新資料」(2011/3/20)
_____
【3.6-池田亀鑑】「日南町の池田亀鑑(4)生誕の家と2人の「とら」さん」(2011/3/19)
_____
【3.6-池田亀鑑】「日南町の池田亀鑑(3)教科書情報の追補」(2011/3/18)
_____
【3.6-池田亀鑑】「日南町の池田亀鑑(2)教科書監修に関連して」(2011/3/17)
_____
【3.6-池田亀鑑】「日南町の池田亀鑑(1)明治40年の小学卒業名簿」(2011/3/16)
_____
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by genjiito at 23:54| Comment(0) | ◆情報化社会

2012年10月29日

投稿2千件一覧(1)〈古典文学/源氏物語〉

 日々折々に備忘録を公開し続けているうちの、京都に移り住んでから公開したブログが、あと数日で2,000件になります。
 この記事は、1994番目です。

 これまでに書いてきた記事は、自分でもなかなか思い出せないのが実情です。そこで、京都発の記事を項目別に5つに分類し、その題目が一覧できるように整理しました。
 このリンクをたどって、また折々にご笑覧いただければ幸いです。
 
 一覧は、今回を含めて次の5回に分けて掲載します。
 
 投稿2千件一覧(2)〈読書/井上靖/藤田/谷崎/吉行/池田〉

 投稿2千件一覧(3)〈ブラリ/京洛逍遥/古都/江戸/銀座〉

 投稿2千件一覧(4)〈身辺雑記/回想/心身/美味〉

 投稿2千件一覧(5)〈情報化/国際交流/NPO〉
 
 まず初回は、「古典文学」と「源氏物語」に関する記事の一覧です。
 「源氏物語」については、「京洛逍遥」や「情報化」、さらには「国際交流」等にも混在しています。一つに分類できない記事も多いからです。
 それらは、またいつか索引でも付けることで、探せるようにしたいと思っています。

 ブログで公開した記事について、これまでの経緯を以下に簡単に記しておきます。

・1995年9月30日
  ホームページ〈源氏物語電子資料館〉の「壁新聞」
  から『源氏物語』に関する情報を発信

・2004年3月7日
  〈ミクシィ〉に書いた「回転寿司のこと」が
   最初のブログ記事

・2004年12月13日
  〈たたみこも平群の里から〉に書いた
  「年の瀬にブログが走り出す」が今につながる

・2007年3月下旬
  サーバーのクラッシュにより
  〈たたみこも平群の里から〉の全記事をなくす


・2007年6月24日
  〈賀茂街道から〉の「京洛からのことあげ」で新スタート

・2008年7月12日
  〈賀茂街道から2〉と改名して再スタート

・2011年11月8日
  〈鷺水亭より〉と改名して今に至る


 今回、2,000件のブログの記事を整理したのは、2007年6月24日以降に書いた〈賀茂街道から〉〈賀茂街道から2〉〈鷺水亭より〉で発信した記事のすべてです。

 これまでの経緯については、「本ブログ30万アクセスに感謝」(2012年7月15日)にも簡単に記しています。

 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
【1-古典文学】


_____

【1-古典文学】「素直に祝えない「古典の日」に伊井語りを堪能する」(2012/11/1)
_____
【1-古典文学】「空転国会の暇つぶしで決まった「古典の日」の条文は空疎な文字列」(2012/8/31)
_____
【1-古典文学】「立川での館長科研の研究会に参加」(2012/8/27)
_____
【1-古典文学】「新刊『古典籍研究ガイダンス』のすすめ」(2012/5/30)
_____
【1-古典文学】「学会で研究発表をする基本姿勢」(2012/5/27)
_____
【1-古典文学】「中古文学会春季大会のシンポジウム-2012年度」(2012/5/26)
_____
【1-古典文学】「授業(6)翻訳事典の上代を確認」(2012/5/25)
_____
【1-古典文学】「鴨長明のシンポジウムに参加して」(2012/5/19)
_____
【1-古典文学】「授業(2)データベース・写本・翻訳」(2012/4/21)
_____
【1-古典文学】「十数年ぶりの非常勤講師」(2012/4/13)
_____
【1-古典文学】「日本の古典籍を分類するために」(2012/3/28)
_____
【1-古典文学】「今西科研の第4回研究会」(2012/3/16)
_____
【1-古典文学】「色紙の禅語「竹葉々起清風」」(2012/3/13)
_____
【1-古典文学】「名和先生の連続講演も最終回「歌合(2)」」(2011/12/2)
_____
【1-古典文学】「博士論文の中間報告を聞いての雑感」(2011/12/1)
_____
【1-古典文学】「2日目も稔りの多かった国際集会」(2011/11/27)
_____
【1-古典文学】「第35回国際日本文学研究集会」(2011/11/25)
_____
【1-古典文学】「冬の到来を待つ山形の山々」(2011/11/22)
_____
【1-古典文学】「名古屋での中古文学会は雨でした」(2011/11/19)
_____
【1-古典文学】「名和先生の連続講演「歌合(1)」」(2011/11/18)
_____
【1-古典文学】「名和先生の連続講演「御堂関白記」その2」(2011/11/11)
_____
【1-古典文学】「名和先生の講演「御堂関白記」その1」(2011/10/28)
_____
【1-古典文学】「【復元】『源氏物語』の翻訳について考える」(2011/10/20)
_____
【1-古典文学】「【復元】『カリスマ先生の古典文法』」(2011/10/19)
_____
【1-古典文学】「名和先生の近衛家陽明文庫談を堪能」(2011/10/14)
_____
【1-古典文学】「国立小劇場での雅楽「越殿楽」」(2011/10/8)
_____
【1-古典文学】「陽明文庫展の内覧会」(2011/10/7)
_____
【1-古典文学】「陽明文庫・名和修先生の講演会メモ」(2011/9/19)
_____
【1-古典文学】「佐倉にある歴史民俗博物館で古筆を熟覧」(2011/7/13)
_____
【1-古典文学】「山形県酒田市立光丘文庫の最終調査に来て」(2011/7/5)
_____
【1-古典文学】「池田亀鑑賞のホームページ完成」(2011/5/24)
_____
【1-古典文学】「小学国語教科書のごまかし」(2011/5/10)
_____
【1-古典文学】「【復元】京博の「大絵巻展」へ行く」(2011/2/13)
_____
【1-古典文学】「国文研の展覧会「物語そして歴史」」(2011/2/7)
_____
【1-古典文学】「与謝野晶子と蜻蛉日記の講演会」(2011/1/17)
_____
【1-古典文学】「教科書に見る平安朝・小学校−国語(7)光村図書出版」(2010/12/16)
_____
【1-古典文学】「教科書に見る平安朝・小学校−国語(6)教育出版(その3)」(2010/11/22)
_____
【1-古典文学】「教科書に見る平安朝・小学校−国語(5)教育出版(その2)」(2010/11/19)
_____
【1-古典文学】「教科書に見る平安朝・小学校−国語(4)教育出版(その1)」(2010/11/11)
_____
【1-古典文学】「教科書に見る平安朝・小学校−国語(3)学校図書」(2010/11/9)
_____
【1-古典文学】「教科書に見る平安朝・小学校−国語(2)中京出版・大日本図書・二葉図書」(2010/11/8)
_____
【1-古典文学】「天理図書館にある古写本の目録が完成」(2010/11/6)
_____
【1-古典文学】「教科書に見る平安朝・小学校−国語(1)」(2010/10/31)
_____
【1-古典文学】「与謝野晶子の自筆原稿『新新訳源氏物語』と『蜻蛉日記』の撮影」(2010/10/26)
_____
【1-古典文学】「お茶のお稽古で日本古来の文化を感じる」(2010/8/22)
_____
【1-古典文学】「雅楽の演奏会に行って」(2010/6/11)
_____
【1-古典文学】「充実した3人の研究発表」(2010/5/28)
_____
【1-古典文学】「国文研の展示「和書のさまざま」の紹介」(2010/5/20)
_____
【1-古典文学】「京の冷泉家展」(2010/4/24)
_____
【1-古典文学】「倉田実先生の楽しい論文」(2010/4/16)
_____
【1-古典文学】「新出資料『蜻蛉日記新釈』」(2010/3/10)
_____
【1-古典文学】「川崎佐知子著『『狭衣物語』享受史論究』」(2010/2/18)
_____
【1-古典文学】「アンビカさんへ−出雲の阿国レポート」(2009/12/20)
_____
【1-古典文学】「国文研の【特別展示・物語の生成と受容】本日より開催」(2009/11/9)
_____
【1-古典文学】「国文研の秋の展覧会2つ」(2009/10/2)
_____
【1-古典文学】「連携展示「百鬼夜行の世界」」(2009/7/29)
_____
【1-古典文学】「『日本文学研究ジャーナル 第3号』完成」(2009/3/28)
_____
【1-古典文学】「200回目の研究会の熱気」(2008/6/28)
_____
【1-古典文学】「辻村寿三郎さんの古典人形」(2008/4/26)
_____
【1-古典文学】「残念だった演劇「なりひらの恋」」(2008/2/25)
_____
【1-古典文学】「演劇「なりひらの恋」」(2007/11/13)
_____
【1-古典文学】「京都の別称はこんなにある」(2007/7/30)
_____
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
【2-源氏物語】

_____
【2-源氏物語】「新宿であった『十帖源氏』の輪読会」(2012/10/18)
_____
【2-源氏物語】「逸翁美術館の源氏展で大沢本を見る」(2012/10/16)
_____
【2-源氏物語】「「対談:キーン×伊井」を掲載する『阪急文化 第3号』」(2012/10/10)
_____
【2-源氏物語】「米国議会図書館本『源氏物語』の匂宮3帖の翻字公開」(2012/8/21)
_____
【2-源氏物語】「永井和子先生との対談余話」(2012/7/19)
_____
【2-源氏物語】「国文研蔵『源氏物語団扇画帖』服飾関係分類索引(畠山版6完結)」(2012/7/9)
_____
【2-源氏物語】「国文研蔵『源氏物語団扇画帖』服飾関係分類索引(畠山版5)」(2012/7/8)
_____
【2-源氏物語】「国文研蔵『源氏物語団扇画帖』服飾関係分類索引(畠山版4)」(2012/7/7)
_____
【2-源氏物語】「国文研蔵『源氏物語団扇画帖』服飾関係分類索引(畠山版3)」(2012/7/2)
_____
【2-源氏物語】「国文研蔵『源氏物語団扇画帖』服飾関係分類索引(畠山版2)」(2012/6/30)
_____
【2-源氏物語】「国文研蔵『源氏物語団扇画帖』服飾関係分類索引(畠山版1)」(2012/6/26)
_____
【2-源氏物語】「源氏物語の表紙絵に関する報告」(2012/5/20)
_____
【2-源氏物語】「『十帖源氏』の現代語訳を楽しむ」(2012/5/17)
_____
【2-源氏物語】「古写本『源氏物語』に関する新聞報道」(2012/4/25)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語』の演劇化弾圧に関する新聞報道」(2012/4/24)
_____
【2-源氏物語】「英訳『源氏物語』に関する新情報」(2012/4/23)
_____
【2-源氏物語】「『十帖源氏』の「夕顔」を読む会」(2012/4/17)
_____
【2-源氏物語】「米国議会図書館蔵『源氏物語』の報告書(その2)」(2012/4/4)
_____
【2-源氏物語】「今西科研の報告書と正徹本のデータ」(2012/4/3)
_____
【2-源氏物語】「源氏物語の本文に関する座談会」(2012/4/2)
_____
【2-源氏物語】「『十帖源氏』の登場人物名を検討」(2012/3/14)
_____
【2-源氏物語】「米国議会図書館蔵『源氏物語』の翻字本文が第41巻「幻」まで公開されました」(2012/3/5)
_____
【2-源氏物語】「『十帖源氏』をヒンディー語訳するための提言と教示」(2012/2/21)
_____
【2-源氏物語】「『十帖源氏』をヒンディー語に翻訳する時の問題点」(2012/2/18)
_____
【2-源氏物語】「《新版・十帖源氏「桐壺」Ver2》の公開」(2012/2/16)
_____
【2-源氏物語】「『十帖源氏』を8種類のインド語に翻訳するために」(2012/2/7)
_____
【2-源氏物語】「《新版・十帖源氏「桐壺」》の公開」(2012/2/2)
_____
【2-源氏物語】「今西科研の第3回研究会の報告」(2011/12/9)
_____
【2-源氏物語】「『十帖源氏』を読む会に室伏先生をお招きして」(2011/12/7)
_____
【2-源氏物語】「蓬左文庫の鎌倉期古写本『源氏物語』」(2011/11/20)
_____
【2-源氏物語】「ポルトガル語訳『源氏物語』第2巻が届く」(2011/11/7)
_____
【2-源氏物語】「ポルトガル語訳『源氏物語』の書評と解題」(2011/10/24)
_____
【2-源氏物語】「昭和7年の東大源氏物語展の報道記事見つかる」(2011/10/21)
_____
【2-源氏物語】「在英国・コーツ版「源氏画帖」の記事一覧」(2011/9/26)
_____
【2-源氏物語】「立川での今西科研の研究会」(2011/9/24)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖(続20)「蜻蛉」」(2011/9/23)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖(続19)「東屋」」(2011/9/22)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖(続18)「宿木」」(2011/9/18)
_____
【2-源氏物語】「心温まる関根賞の授賞式」(2011/9/17)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖(続17)「早蕨」」(2011/9/16)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語』の写本に関する研究会の報告」(2011/9/13)
_____
【2-源氏物語】「ご案内−私が関係する2つの研究会」(2011/9/11)
_____
【2-源氏物語】「多言語翻訳のための『十帖源氏 葵』」(2011/9/8)
_____
【2-源氏物語】「なんと22種類もある中国語訳『源氏物語』」(2011/9/7)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖(続16)「総角」」(2011/9/2)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖(続15)「椎本」」(2011/8/30)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖の情報(続14)」(2011/8/29)
_____
【2-源氏物語】「コーツ先生ご所蔵の源氏画帖は江戸狩野派の粉本」(2011/8/12)
_____
【2-源氏物語】「岡嶌偉久子さん関根賞おめでとう」(2011/8/10)
_____
【2-源氏物語】「源氏屏風と京とれいん」(2011/8/7)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖の情報(続13)」(2011/8/5)
_____
【2-源氏物語】「【復元】『源氏物語』を英語で読むと」(2011/7/29)
_____
【2-源氏物語】「中国とロシアにおける『源氏物語』の翻訳について」(2011/7/26)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖の情報(続12)」(2011/7/20)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖の情報(続11)」(2011/7/19)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖の情報(続10)」(2011/7/17)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖の情報(続9「御法」)」(2011/7/15)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖の情報(続8)」(2011/7/14)
_____
【2-源氏物語】「末松謙澄の英訳『源氏物語』のその後」(2011/6/24)
_____
【2-源氏物語】「奥付が切り取られていた末松謙澄訳『源氏物語』」(2011/6/19)
_____
【2-源氏物語】「多言語翻訳のための『十帖源氏 花宴』」(2011/6/14)
_____
【2-源氏物語】「多言語翻訳のための資料公開『十帖源氏 紅葉賀』」(2011/6/13)
_____
【2-源氏物語】「小雨の中での中古文学会」(2011/5/29)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語』の写本に関する小さな報告」(2011/5/28)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖の情報(続7)」(2011/5/19)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖の情報(続6)」(2011/5/12)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖の情報(続5)」(2011/5/11)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖の情報(続4)」(2011/5/1)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖の情報(続3)」(2011/4/28)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖の情報(続2)」(2011/4/27)
_____
【2-源氏物語】「在英国・源氏画帖の情報(続1)」(2011/4/26)
_____
【2-源氏物語】「逸翁美術館の与謝野晶子展」(2011/4/2)
_____
【2-源氏物語】「与謝野晶子に関する刺激的な2冊」(2011/3/29)
_____
【2-源氏物語】「米国議会図書館蔵『源氏物語』翻刻本文の試験公開開始」(2011/3/24)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語』の本文研究の成果物」(2011/3/21)
_____
【2-源氏物語】「緑川真知子さん受賞おめでとうございます」(2011/3/19)
_____
【2-源氏物語】「多言語翻訳のための『十帖源氏 若紫』の資料公開」(2011/3/10)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語』を海外の方々へ −『十帖源氏 夕顔』の資料公開−」(2011/3/9)
_____
【2-源氏物語】「異文を比較するツールの公開(Ver 1.0)」(2011/3/1)
_____
【2-源氏物語】「京洛逍遥(180)源氏物語コンサート in ホテルフジタ京都」(2011/1/16)
_____
【2-源氏物語】「クリスマスイブに研究会」(2010/12/24)
_____
【2-源氏物語】「室伏先生との充実した源氏物語対談」(2010/12/22)
_____
【2-源氏物語】「カラー版『尾州家 河内本 源氏物語』刊行開始」(2010/12/21)
_____
【2-源氏物語】「豊島科研の最終研究会に参加して」(2010/11/16)
_____
【2-源氏物語】「伊井先生の講演「与謝野晶子の源氏物語礼賛歌」」(2010/11/12)
_____
【2-源氏物語】「緑川真知子著『『源氏物語』英訳についての研究』の重み」(2010/10/29)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語』を海外の方々へ −『十帖源氏 空蝉』の資料公開−」(2010/9/29)
_____
【2-源氏物語】「何故かくも愚行を誇らしげに」(2010/9/26)
_____
【2-源氏物語】「再度のお誘い「源氏物語本文研究の新たな流れ」」(2010/9/24)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語』を海外の方々へ −『十帖源氏 帚木』の資料公開−」(2010/8/25)
_____
【2-源氏物語】「与謝野晶子の源氏訳自筆原稿「夕顔」等を確認」(2010/7/16)
_____
【2-源氏物語】「『十帖源氏 桐壺』の翻刻本文と現代語訳の公開」(2010/7/15)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語』の研究集会へのお誘い」(2010/7/13)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語別本集成』中断の弁」(2010/6/24)
_____
【2-源氏物語】「源氏物語の本文をデータベース化して公開するために」(2010/6/13)
_____
【2-源氏物語】「頼もしい若手の研究発表」(2010/5/23)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(45)説明板40-大原野神社」(2010/5/8)
_____
【2-源氏物語】「小川陽子さん「紫式部学術賞」おめでとう」(2010/3/19)
_____
【2-源氏物語】「国語研で開催される研究会のお誘い」(2010/3/18)
_____
【2-源氏物語】「小さな町を揺るがした池田亀鑑の1日」(2010/3/13)
_____
【2-源氏物語】「研究資料としての録音テープ120本」(2010/3/11)
_____
【2-源氏物語】「鎌倉期の源氏の写本を読む」(2010/3/8)
_____
【2-源氏物語】「池田亀鑑に関する講演会のお知らせ」(2010/2/25)
_____
【2-源氏物語】「国語研究所における研究会のご案内」(2010/2/22)
_____
【2-源氏物語】「神野藤昭夫先生の晶子がたり」(2010/2/21)
_____
【2-源氏物語】「与謝野晶子の『新新訳源氏物語』自筆原稿画像データベース公開」(2010/2/20)
_____
【2-源氏物語】「散らし書き風(?)の和歌」(2010/2/2)
_____
【2-源氏物語】「モンゴル語訳『源氏物語』の話」(2010/1/13)
_____
【2-源氏物語】「名古屋で『源氏物語』の研究会」(2009/12/21)
_____
【2-源氏物語】「手銭記念館の源氏絵屏風で教示を乞う」(2009/12/18)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語』では「標準本」と言うより「基準本」がいい」(2009/10/31)
_____
【2-源氏物語】「再録(1)電脳で源氏を解析?!〈1998.9.18〉」(2009/10/23)
_____
【2-源氏物語】「異分野の方に『源氏物語』の写本を語る」(2009/10/17)
_____
【2-源氏物語】「夜空に映える宇治の源氏絵巻」(2009/10/13)
_____
【2-源氏物語】「校本『源氏物語』に挑む若者たち」(2009/10/12)
_____
【2-源氏物語】「展示解説書『幻の写本 大澤本源氏物語』」(2009/10/5)
_____
【2-源氏物語】「【復元】点字本『源氏物語』(全3冊)」(2009/9/10)
_____
【2-源氏物語】「点字本『源氏物語』(その後)」(2009/9/9)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(44)五条の夕顔町」(2009/8/25)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(43)河原院跡」(2009/8/16)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(42)説明板39-鳥辺野」(2009/8/13)
_____
【2-源氏物語】「学問とは無縁な茶番が再び新聞に」(2009/8/11)
_____
【2-源氏物語】「源氏文論尚友(3)近衞基熈の『源氏物語』書写」(2009/8/8)
_____
【2-源氏物語】「コミック源氏(1)『わたしたちの古典 源氏物語』」(2009/8/3)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語』の影印・複製本」(2009/8/2)
_____
【2-源氏物語】「源氏研究のリング化を回避するために」(2009/7/26)
_____
【2-源氏物語】「新写本『源氏物語』を平等院に奉納する愚行」(2009/7/8)
_____
【2-源氏物語】「古写本で文字を訂正する時の記号」(2009/7/6)
_____
【2-源氏物語】「幻の『校本源氏物語』には改訂版があった?」(2009/7/4)
_____
【2-源氏物語】「「薄雲」の断簡が一堂に」(2009/6/11)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(85)源氏物語車争図屏風」(2009/5/26)
_____
【2-源氏物語】「3本対照「空蝉」校訂本文の試作版(25.May.2009補訂版)」(2009/5/22)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(41)比叡山へのハイキング」(2009/5/10)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(84)紫式部千年ライブ」(2009/5/6)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(40)説明板35-大堰の邸候補地」(2009/4/25)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(39)説明板34-野宮神社」(2009/4/23)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(38)説明板33-棲霞観跡」(2009/4/19)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(37)説明板 32-遍照寺境内」(2009/4/18)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(36)説明板29-大雲寺旧境内」(2009/4/12)
_____
【2-源氏物語】「『総研大ジャーナル No.15』刊行される」(2009/3/30)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語』の翻訳状況(2009.3.25版)」(2009/3/26)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語』享受史の好著」(2009/3/25)
_____
【2-源氏物語】「風呂で源氏」(2009/3/22)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(35)説明板25-朱雀院」(2009/2/22)
_____
【2-源氏物語】「『錦絵で楽しむ源氏絵物語』の勧め」(2009/1/30)
_____
【2-源氏物語】「胡蝶掌本『谷崎源氏逍遥(一)』」(2009/1/20)
_____
【2-源氏物語】「アニメ『源氏物語』が深夜TVでスタート」(2009/1/16)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語』の本文は2種類ある」(2009/1/15)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(34)説明板30-雲母坂」(2009/1/11)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(83)上賀茂神社の紫式部歌碑」(2009/1/3)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(82)下鴨神社の源氏絵屏風」(2009/1/1)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(81)千本閻魔堂の紫式部像」(2008/12/30)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(80)北野天満宮の光源氏」(2008/12/29)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(79)千点の新聞記事」(2008/12/27)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(33)説明板27-羅城門跡」(2008/12/23)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(32)説明板26-西鴻臚館跡」(2008/12/22)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(31)説明板24-斎宮邸跡」(2008/12/18)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(30)説明板23-大学寮跡」(2008/12/17)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(29)説明板22-二条院候補地」(2008/12/16)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(78)我が家でも版木発見」(2008/12/6)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(77)京都駅前の『源氏物語』の人形展」(2008/12/1)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(76)エスペラント訳『源氏物語』」(2008/11/30)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(75)京都御所の一般公開」(2008/11/16)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(74)源氏をテーマにした細工寿司」(2008/11/15)
_____
【2-源氏物語】「ポルトガル・へブライ・セルビア語訳『源氏物語』の事」(2008/11/10)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(73)文化財返却の旅?源氏展を終えて」(2008/11/7)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(72)京都の源氏漬け最終日」(2008/11/4)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(71)京都の源氏漬け2日目」(2008/11/3)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(70)京都の源氏漬け初日」(2008/11/2)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(69)「古典の日」宣言を両陛下の前で」(2008/11/1)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(68)源氏展閉幕−4千人以上の方々に感謝」(2008/10/31)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(67)源氏写本発見というエセ新聞報道に異議あり」(2008/10/30)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(66)朝日のニッポン人脈記が文庫本になる」(2008/10/29)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(65)源氏展図録が24%も売れている意味」(2008/10/23)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(64)PDAを使った鑑賞ナビゲーションの実験」(2008/10/21)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(63)『源氏物語』講演会の報告」(2008/10/20)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(62)源氏展の展示替え」(2008/10/17)
_____
【2-源氏物語】「一本を見つめて読むこと」(2008/10/15)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(61)『源氏物語』への熱気」(2008/10/13)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(28)説明板36-法成寺跡」(2008/10/7)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(60)加賀美さんの朗読」(2008/10/6)
_____
【2-源氏物語】「3本対照「桐壺」校訂本文の試作版」(2008/10/4)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(59)源氏展の内覧会」(2008/10/3)
_____
【2-源氏物語】「与謝野晶子の自筆原稿画像の試験公開」(2008/9/17)
_____
【2-源氏物語】「与謝野晶子と『源氏物語』」(2008/9/6)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(58)横浜美術館・源氏展の内覧会」(2008/8/29)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語』の絵本とCD」(2008/8/26)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(57)源氏物語をテーマにした大壁画」(2008/8/24)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(28)説明板38-梨木神社」(2008/8/23)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(27)説明板37-廬山寺」(2008/8/22)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(56)紫式部追善法要の記念品」(2008/8/17)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(26)説明板21-一条院跡」(2008/8/15)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(25)説明板20-平安京一条大路跡」(2008/8/14)
_____
【2-源氏物語】「五条坂陶器まつりと源氏絵陶器」(2008/8/10)
_____
【2-源氏物語】「宇治の源氏グッズ(2)」(2008/8/8)
_____
【2-源氏物語】「宇治の源氏グッズ(1)」(2008/8/6)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語』の別本とは何?」(2008/8/2)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(24)説明板15-平安宮大蔵省跡・大宿直跡」(2008/7/28)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(23)説明板19-朝堂院昌福堂跡」(2008/7/27)
_____
【2-源氏物語】「記念切手の背景画になった国文研の源氏絵」(2008/7/24)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(22)説明板18-豊楽殿跡」(2008/7/23)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(21)説明板17-藻壁門跡左馬寮跡」(2008/7/22)
_____
【2-源氏物語】「大沢本『源氏物語』の切り抜き帖・追補」(2008/7/21)
_____
【2-源氏物語】「OSKの「源氏千年夢絵巻」を観て」(2008/7/19)
_____
【2-源氏物語】「新出の『源氏物語』」(2008/7/12)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(20)説明板1-平安宮内裏跡」(2008/7/11)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(55)期待できない江戸の落語」(2008/7/10)
_____
【2-源氏物語】「源氏絵の木の名前がわからない」(2008/7/7)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(54)500点のグッズ(3)」(2008/7/6)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(53)500点のグッズ(2)」(2008/7/6)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(52)500点のグッズ(1)」(2008/7/5)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(51)東西の温度差」(2008/6/30)
_____
【2-源氏物語】「宇治川での生と死の記事を見て」(2008/6/29)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(50)朝日新聞の文化欄に」(2008/6/24)
_____
【2-源氏物語】「源氏の本文はおもしろい」(2008/6/21)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(19)説明板13-建礼門跡」(2008/6/14)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(18)説明板14-宜陽殿跡」(2008/6/10)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(17)説明板8-紫宸殿跡」(2008/6/9)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(49)京文博で記念シンポジウム」(2008/6/7)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(16)説明板 6-蔵人町屋跡」(2008/6/5)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(15)説明板 7-内裏内郭回廊跡」(2008/5/31)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(14)説明板2-凝華・飛香舎跡」(2008/5/30)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(13)説明板3-弘徽殿跡」(2008/5/30)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(12)説明板4-清涼殿跡」(2008/5/25)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(11)説明板5-承香殿跡」(2008/5/24)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(48)東京で和菓子展」(2008/5/22)
_____
【2-源氏物語】「源氏絵巻のメガネ拭き」(2008/5/21)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(10)説明板10-昭陽舎跡」(2008/5/20)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(9)説明板11-温明殿跡」(2008/5/19)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(47)音楽で『源氏物語』」(2008/5/18)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(8)説明板12-建春門跡」(2008/5/15)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(46)朝日「人脈記」13」(2008/5/12)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(7)説明板9-淑景舎(桐壺)跡」(2008/5/10)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(45)朝日「人脈記」12」(2008/5/9)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(44)朝日「人脈記」11」(2008/5/8)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(43)朝日「人脈記」10」(2008/5/7)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(42)新聞誤報で「車争図」見られず」(2008/5/7)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(6)説明板31-雲林院」(2008/5/6)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(5)説明板28-鞍馬寺(2011/04/03補訂)」(2008/5/3)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(41)『源氏物語を読み解く100問』」(2008/5/3)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(40)朝日「人脈記」9」(2008/5/2)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(39)朝日「人脈記」8」(2008/5/1)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(38)朝日「人脈記」7」(2008/4/30)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(37)錦織の源氏絵巻に驚嘆」(2008/4/29)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(36)朝日「人脈記」6」(2008/4/28)
_____
【2-源氏物語】「鞍馬寺にある晶子の源氏訳自筆原稿」(2008/4/28)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(35)朝日の「みだし」への疑問解消!」(2008/4/27)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(34)低次元の朝日新聞の記事に溜め息」(2008/4/27)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(33)朝日「人脈記」の表題が東西で違う」(2008/4/27)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(32)源氏物語千年紀展スタート」(2008/4/26)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(31)朝日「人脈記」5」(2008/4/25)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(30)朝日「人脈記」4」(2008/4/24)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(29)朝日「人脈記」3」(2008/4/24)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(28)朝日「人脈記」2」(2008/4/23)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(27)朝日新聞「人脈記」1」(2008/4/22)
_____
【2-源氏物語】「インドの源氏訳は何種類ある?」(2008/4/20)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語』のお香と、初めての聞香」(2008/4/18)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(26)源氏物語と和菓子展」(2008/4/15)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(4)説明板16-大極殿跡」(2008/4/10)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(25)源氏物語を歩く」(2008/4/9)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(24)月で読み解けるか」(2008/4/7)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(23)ミニチュアの世界」(2008/4/7)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(22)新作試作グッズ」(2008/4/7)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(21)女流講談を堪能」(2008/4/6)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(20)京菓子饗宴」(2008/4/5)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(19)『家庭画報』5月号」(2008/4/1)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(18)女流六人展」(2008/3/28)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(17)楽しいグッズ作りのすすめ」(2008/3/24)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(16)お香と源氏物語」(2008/3/23)
_____
【2-源氏物語】「角屋本『源氏物語』と陽明文庫本」(2008/3/20)
_____
【2-源氏物語】「秋の源氏物語展の準備」(2008/3/17)
_____
【2-源氏物語】「角屋本『源氏物語』の疑問氷解・追記版」(2008/3/15)
_____
【2-源氏物語】「島原での新出『源氏物語』への疑問」(2008/3/12)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(15)アイデア市の源氏物語」(2008/3/11)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(14)京都国際マンガミュージアム」(2008/3/8)
_____
【2-源氏物語】「お香と『源氏物語』」(2008/3/7)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(13)マスコット「おおつ光ルくん」」(2008/3/4)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(12)細見美術館の源氏絵」(2008/2/26)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(11)『源氏物語』と「都をどり」」(2008/2/23)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(10)文化を食べる」(2008/2/22)
_____
【2-源氏物語】「源氏絵柄の生湯葉丼」(2008/2/5)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(9)源氏物語朱印絵巻の紹介」(2008/2/3)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(8)源氏物語の記念硬貨発行?」(2008/1/31)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(7)京都府立総合資料館」(2008/1/29)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(6)バレンタイン和歌コンテスト」(2008/1/27)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(3)浮舟の石碑」(2008/1/26)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(5)日銀京都支店の源氏ツアー」(2008/1/25)
_____
【2-源氏物語】「源氏絵皿の最新作です」(2008/1/17)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(4)ドラマ化はいつ」(2008/1/6)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(2)若紫がいた北山」(2008/1/5)
_____
【2-源氏物語】「源氏のゆかり(1)上賀茂神社の片岡社」(2008/1/1)
_____
【2-源氏物語】「源氏絵皿をご覧ください」(2007/12/13)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語』とガラス工芸」(2007/12/4)
_____
【2-源氏物語】「トルコ語訳『源氏物語』のこと」(2007/11/16)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(3)【復元】本年元旦の朝日に掲載」(2007/11/15)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語』の古写本を調べる」(2007/11/3)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(2)イベント4種」(2007/10/26)
_____
【2-源氏物語】「『源氏物語』の写本をDVDで見る」(2007/10/6)
_____
【2-源氏物語】「陽明文庫で聞いた水の音」(2007/10/4)
_____
【2-源氏物語】「源氏千年(1)講演会 in 立川」(2007/9/22)
_____
【2-源氏物語】「紫式部巻」(2007/7/19)
_____
【2-源氏物語】「久しぶりの二千円札を手に」(2007/7/15)
_____
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
【2.1-源氏私見】

_____
【2.1-源氏私見】「源氏翻刻メモ(1)常用漢字外の扱い」(2010/6/26)
_____
【2.1-源氏私見】「国語研での研究会の報告」(2010/3/24)
_____
【2.1-源氏私見】「源氏私見(3)源氏物語本文研究略史」(2009/12/25)
_____
【2.1-源氏私見】「源氏私見(2)2種類の本文を読む受容形態の提唱」(2009/10/10)
_____
【2.1-源氏私見】「源氏私見(1)写本の傍記混入で異文が発生」(2009/10/9)
_____
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
 
【3.9-源氏文論尚友】

_____
【3.9-源氏文論尚友】「待望の研究書『源氏物語写本の書誌学的研究』」(2010/5/29)
_____
【3.9-源氏文論尚友】「葵祭と平安京がよくわかる本」(2010/5/16)
_____
【3.9-源氏文論尚友】「源氏絵を寝殿造から見た好著」(2010/3/30)
_____
【3.9-源氏文論尚友】「源氏文論尚友(3)「『潤一?新訳 源氏物語』草稿」」(2009/11/15)
_____
【3.9-源氏文論尚友】「源氏文論尚友(2)大澤本『源氏物語』の書誌報告」(2009/8/6)
_____
【3.9-源氏文論尚友】「英訳源氏の新たな切り口が見える本」(2009/1/25)
_____
【3.9-源氏文論尚友】「源氏文論尚友(1)2008室伏「本文研究を再検討する意義」」(2008/3/2)
_____
【3.9-源氏文論尚友】「『源氏物語の本文』が刊行される」(2008/2/29)
_____
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by genjiito at 00:14| Comment(0) | ◆情報化社会

2012年10月28日

長崎県美術館の米田耕司館長と

 今回長崎に来る前に、長崎県美術館の米田耕司館長に連絡をしてご予定を伺ったところ、ちょうど私が長崎にいるときは東京へ出張している期間だとのことでした。博物館や美術館関連の学会や協会の要職にあり、東日本大震災に関連しての打合せも多いようです。

 しかし、私が長崎から東京に帰る土曜日に、幸運にも米田館長は東京から長崎に戻って来られるのです。午前中に羽田を発ち、午後2時には美術館にいるので会おう、とのことでした。私は、夕方19時頃の羽田行きの飛行機を予約していたので、久しぶりにお目にかかれることになりました。

 米田館長との出会いは、2007年に私が学芸員の資格を取るため、國學院大學の科目履修生になった時でした。
 2008年に、国文学研究資料館で源氏物語千年紀の特別展を開催するにあたり、私がそれを担当することになりました。そこで、学生時代に取り残していた単位を取ることで、正式に学芸員の資格を取得し、展示に関する基礎知識を活かして重要文化財などの運搬移動や展示のお手伝いに対処しようとしたのです。受講することになった科目が、当時長崎県美術館館長かつ國學院大學で教えておられた米田先生の科目だったのです。博物館学の経営論と情報論を拝聴しました。

 私の受講目的が明確で、かつ即実践に役立てようという気持ちが米田先生に伝わったようです。授業後に、いろいろとご教示をいただきました。東京を離れられたその後も、先生は電話などで私の体調のことを気遣ってくださるのです。京都大学の癌病棟に入っていた2010年の夏には、自分も手術をしたので気になって、という電話をくださいました。大学の後輩ということもあってのお心遣いは、本当にありがたいことです。

 米田先生から教えていただいたことのいくつかを、本ブログの「つもり違い十カ条」(2007年11月18日)で紹介しています。
 また、先生の最後の授業のことも、「贈られた言葉」(2008年1月18日)に書いています。併せてご覧いただければ、と思います。

 さて、軍艦島クルーズを終えてから、波止場で魚料理の昼食をいただきました。
 船着場へ行く午前中に、タクシーの窓から回転寿司屋の看板を見かけました。しかし、その場所がよくわからなかったので、長崎漁港にある定食屋さんにしました。後でわかったことですが、このお店のご主人と米田館長は親しい仲だそうです。人のつながりは、おもしろいものです。

 食後、すぐ前にある長崎県美術館へ行きました。
 
 
 
121028_entrance
 
 
 

 米田館長は、東京から飛行機で帰ってこられたばかりなのに、2時間にもわたって館内を、それも丁寧に説明しながら案内してくださいました。授業の時と変わらず、エネルギッシュなお話をたくさんお聞きできました。

 この美術館の性格をよく表しているものとして、私はトイレの標識をあげたいと思います。一番奥には、授乳室があります。
 
 
 
121028_toilet
 
 
 

 展示のための作業部屋や修復のことに加え、屋上では長崎の名所案内もしてくださいました。
 この屋上には自由に上がれます。
 
 
 
121028_roof
 
 
 

 眼下の長崎港には、坂本龍馬が操船術を学んだという長崎海軍伝習所練習艦を復元した帆船「観光丸」が見えます。
 
 
 
121028_bay
 
 
 

 長崎県美術館は、先生のモットーそのままに、開かれた美術館として市民の憩いの場となっていました。来館者数の多さがそれを証明しています。また、先生は館員の方々のみならず、清掃の方にも気安く声を掛けておられました。もちろん、来館者の方からも挨拶をしたり頭を下げたりと、町民のみなさんにも溶け込んでおられました。

 帰りがけに、来館者から好評のミュージアムショップに足を留めました。開放的なエントランスホールにあり、ここにしかない、というものがたくさんありました。
 私は、米田館長ご推薦の、柳宗理の作品である「ステンレスカトラリー」を2本いただきました。柳宗理は、戦後の工業デザインの基礎を築いた一人だとのことです。最近、クリームチーズをよく食べるので、その時に使いやすいと思ったからです。
 
 
 
121028_knife
posted by genjiito at 22:23| Comment(0) | ブラリと

2012年10月27日

廃墟の軍艦島に足を踏み入れて

 軍艦島クルーズに参加しました。
 ホテルから乗ったタクシーの運転手さんは、地元の方でした。しかし、それにもかかわらず、軍艦島クルーズの船着場の名前を言ってもご存じなくて、海辺に出てから何カ所かで聞きながらも10分ほどさ迷いました。何のことはない、ホテルから10分もかからない所だったのですが……

 今日の長崎は雨です!!
 島の見学コースが狭いとのことで、雨合羽を買わされました。

 観光船「マーキュリー」は満員でした。150人は乗っていたでしょうか。
 
 
 

121028_fune
 
 
 

 出発間際に、5人の方が乗船場所を間違えてこちらに向かっているとのことで、出発が20分も遅れました。結局は見切り発車となりました。
 理由はともかく、これは今後とも多くの観光客のために、解決してもらいたい問題です。まず、タクシーの運転手さんが、このクルーズのことをまったく知らないのですから。観光客は、自力で船着場には行けないのです。市内からのその足を、確実に確保してほしいものです。

 クルーズのガイドさんは74歳の方でした。石炭の島だった軍艦島で働いていたという、ガイドさんの中では唯一貴重な体験が語れる方でした。安全誘導員の方も、2人が添乗なさっていました。船の安全管理は万全です。
 
 
 

121028_funekara
 
 
 

 島は18キロの沖合にあり、35分かかりました。
 三菱は84年間に1570万トンの石炭を採掘したそうです。日本の近代化を陰で支えた、貴重な資源の供給源だったのです。

 1974年に閉山。そして、その後4ヵ月で完全に無人の島となったのです。
 1960年代には、何とこの軍艦島に5,000人もの人々が住んでいたのだそうです。

 見学のための上陸時間は50分。
 聞いた情報と目に入る光景との落差がありすぎて、想像力が追いつきません。
 
 
 
121028_funekara2
 
 
 

 島の周囲を回ってから接岸しました。桟橋は浮島ではないので、相当揺れます。

 島の中を歩くと、まさに廃虚群です。
 パチンコ屋からお寺まで、社会生活を営むためのものは、何でもあったのです。この軍艦島になかったものは、火葬場と墓場の2つだけでした。これは、近くの別の島に作られました。
 
 
 
121028_haikyo1
 
 
 
121028_haikyo2
 
 
 

 今、軍艦島にはトイレがありません。これも、今後は対処してもらいたいものです。上陸後に、ある女性が立腹なさっていました。事前の注意を聞きそびれたにしても、生理現象は致し方ないのですから。

 乗船前に買ったばかりの雨合羽の封を開けて着ようとしたら、すでに数カ所が破れていました。ビニールの接着不良なのです。小雨だったので、しみ込むことはありませんでした。これからいらっしゃる方は、雨が予想される日には注意が必要です。

 丁寧な説明をしてくださったガイドさんは、1961年にこの島に来て、1974年までの10年以上をここで生活なさった方です。情感たっぷりのその話は、非常に具体的で興味深く聞きました。ただし、歩きながらの説明では、マイクとスピーカの関係もあり、声がみんなに届いていませんでした。せいぜい30名にしか対応できない案内です。そこを、今日は150名近くいるのです。これも、今後は工夫が必要でしょう。
 
 
 
121028_haikyo3
 
 
 

 島を出るころになると、もう雨は上がっていました。

 この島で見たものは何だったのか、帰りの船の中で考えてしまいました。
 
 
 
121028_simakage
 
 
 

 夢まぼろしのような、その当時の最先端の生活が、ある一時期にはこの限られた空間とはいえ、約束されていたのです。炭坑の仕事はきつかったことでしょう。しかし、その家族が喜ぶ顔を見ながらの生活は、地下900メートルで生死をかけた仕事をする男たちにとって、充実したものだったようです。
 日本最初の高層アパートに住み、三種の神器と言われたテレビ・冷蔵庫・洗濯機などの電気製品を使う、そんな、時代を先取りした生活が営まれていたのです。ここの鉄筋アパートは、東京の同潤会アパートよりも早く建てられたものなので、その先進性が窺われます。

 それが、閉山、退居という号令一下、ここでの活き活きとした日々が突然消え去るのです。その廃墟に佇んでみて、何度もそれが何だったのかを反芻してみました。
 ここで暮らしていた社員や家族の新しい仕事や生活を、親会社である三菱側が誠意をもって用意したとはいえ、それまでの生活を切り替えるのは大変だったことでしょう。その後のみなさんは、どのような生活を送られたのでしょうか。満足する生活を送られたとは思えません。

 軍艦島での生活にも、さまざまな問題があったようです。しかし、一転して本土での生活となると、それにも増して困難が付きまとうものだったことでしょう。このことに関する語り伝えを、今後は記録や本などで確認したいと思っています。

 なお、この軍艦島のクルーズは、そのガイドと説明内容について、さらなる研究が必要だと思いました。正確な情報を参加者にいかにして与えるか。生き証人の語りは大切です。しかし、ここではその生々しい話は、上陸したポイントだけで語っていただいてはいかがでしょうか。行き帰りの船の中では、歴史的、社会的な背景と意味を、若い方がわかりやすく語る方がいいと思います。終始一貫して生き証人である方の話を聴くのは、あまりにも重すぎて負担を感じます。

 このクルーズの催行を検討するにあたり、博物館や美術館などでの展示の手法は、大いに得るものがあり、学ぶべきことも多いと感じました。単なる興味本位のイベントに終わらせることなく、語り伝える中で参加者も考えながら学ぶクルーズにしていくことは可能です。ぜひとも、関係者の方々の創意工夫で、いい観光地となり、いいクルーズになるように育ててもらいたいと思いました。

 このようなことを書いたのも、このクルーズ船を下りてから、長崎県美術館に行ったことが関係しています。
 そのことは、明日また。
posted by genjiito at 23:58| Comment(0) | ブラリと

2012年10月26日

繁華街で呼び込みの声がかからない

 いろいろな本との出会いを楽しんでいます。
 今回は、お茶に関係する本が気になりました。これまでなら気にも留めずに、こうした書籍は事務的にその書誌をとっていたはずです。しかし、その書かれている内容に興味を持つと、自然と中身が気になります。実に多種多様なお茶の本があるようなので、こうして書き、伝え、残してくれた先人の学習意欲と探究心や研究心には、ただただ敬服するばかりです。

 特に、茶会記に記された掛物の内容に目が留まりました。お茶席に掛けられた軸や色紙の内容です。「定家」という文字があると、自ずと手が止まるのです。
 パラパラと見ていても、反射神経で目と手が停止します。興味と関心があるかないかの違いは、行動に変化を生じさせるのです。おもしろいものです。

 今日も、一日中缶詰状態での文献資料調査でした。長崎大学の図書館の司書の方をはじめとして、みなさんに遅くまでお世話になりました。ありがとうございました。

 今回は、紙に記録するのではなくて、パソコンのフォーマットに入力しているので、すぐにデータベース化できるようになっています。近い将来、多くの方々に利用されるデータの一つになることを、楽しみにしています。

 坂道を下って、路面電車の停車場まで行き、電車で街の中心部まで出ました。
 
 
 
121026_romen
 
 
 

 今日が金曜日のせいもあってか、人出は昨日よりも多いようです。
 食後に、昨日来た思案橋と丸山町を通って帰りました。
 客引きの方がたくさん道々に立ち、声をかけておられます。人となりを見てのことでしょうか。私には一度も呼び込みの声がかかりませんでした。重そうなキャリーバックを引き摺りながら、疲れた足取りと風体を瞬時に察知してか、対象外の人間にされているようです。そのことを肌身に感じながら、坂道を上りました。長崎は坂の多い街です。
posted by genjiito at 22:58| Comment(0) | ブラリと

2012年10月25日

夜の思案橋から丸山公園を散策

 今回の文献調査地である長崎大学附属図書館の経済学部分館には、武藤文庫があります。これは、武藤長蔵博士の旧蔵資料を集めたもので、約1万冊の書籍と地図・書画・陶器200点があります。長崎関係の貴重な資料も多数含まれています。

 図書館の前には、武藤博士の顕彰レリーフが嵌め込まれていました。
 
 
 
121025_nagasakiuniv
 
 
 

 経済学者であった武藤博士は、作家や歌人との親交もあり、芥川龍之介や菊池寛が長崎を訪問したときには案内をしています。斎藤茂吉とは特に親密で、長崎に教授として赴任した茂吉とは、3年半も親しく往き来しています。

 その武藤文庫の中にある日本の古典籍の調査をしました。版本が中心です。武藤博士の専門は鉄道交通、経済学史、日本と海外との交通史で、『日英交通史之研究』で慶應義塾大学から経済学博士の学位を受けています。経済学が専門であっても、歴史学や人文学にも興味と関心は及び、文献史的研究や書誌学的研究が根幹となっているため、さまざまな本が集められているのです。これだけの本を集めるのは、大変だったことでしょう。独身を通されたとのこと。家族がいては、これだけの本はなかなか買えません。

 この武藤文庫の調査は、佐賀地区の調査員の先生方と国文学研究資料館の教員によって、もう10年以上も続けられています。まだまだ、その調査は続くものです。

 書籍をこよなく愛した方の蔵書群は、その収蔵庫に足を踏み入れると不思議な感触や雰囲気が伝わってきます。今回も、一人の人間が生きた証を、実際に本を見て、手にして、ページを繰ることで実感しています。

 一日中狭い部屋に閉じ籠もっていたこともあり、夕食は街中に出掛けました。
 
 
 

121025_yokotyo
 
 
 

 思案橋横丁の近くで魚料理を食べ、歌謡曲で有名になった思案橋を見に行きました。
 ガッカリしないようにと釘を刺されて行きました。確かに、その通りです。名前だけが残っていたのです。
 
 
 
121025_sianbasi
 
 
 

 そこからすぐ近くの丸山公園まで、足を伸ばしました。
 公園の下の交番は、ついシャッターを切ってしまいます。
 
 
 
121025_police
 
 
 

 丸山公園は、京都の円山公園とイメージをダブらせていたので、町の小さな公園という規模に驚きました。坂本龍馬の像の後に、丸山町の交番が見えます。
 
 
 
121025_ryouma
 
 
 

 長崎は、そんなに広くはないようです。明るいときに回りたいのですが、日中は図書館に軟禁状態なのでこの次にしましょう。
posted by genjiito at 22:22| Comment(0) | ブラリと

2012年10月24日

初めての長崎へ来ました

 九州には、あまり縁がありませんでした。
 これまでに、博多、太宰府、大牟田に行ったことがあります。今回の長崎は初めての地です。

 長崎空港には羽田から来ました。国内線の飛行機も久しぶりです。羽田は、数年前に韓国に行った時以来でしょうか。
 
 
 

121024_haneda
 
 
 

 今日から4日間、長崎大学で日本の古典籍の調査です。自由な時間は取れそうにありません。そうした中で、見たこと聞いたことを可能な限り書き留めておきたいと思います。

 街中に入ると、最初に目に付いたのは路面電車でした。広島で見かけて以来の路面電車でした。
 
 
 

121024_romendensya
 
 
 

 ホテルでのチェックインをすませると、早速中華街に行き、チャンポンをいただきました。なぜか人の少ない店が多かったので、少しでも多くの人が入っている中国料理屋さんに行きました。
 
 
 

121024_tyuukagai
 
 
 


 注文したチャンポンは、魚介類と野菜が多い湯麺でした。炭水化物の少ない食事を心掛けているので、太めの麺はあまり食べないようにしました。固めの麺かと思っていたら、予想に反して柔らかな麺でした。チャンポンのスープは、何となく長崎らしいかな、と思える少し濃いめの味でした。

 とにかく今日は何かと多忙な中での移動だったので、これからゆっくりと休むことにします。
posted by genjiito at 23:59| Comment(0) | 身辺雑記

2012年10月23日

谷崎全集読過(15)「亡友」「美男」

■「亡友」
 冒頭から英文の引用があります。谷崎の初期の作品の特徴の一つです。この作品のテーマは、女が男にとってどれほど恐いものか、だと言います。しかし、読み進むとその趣旨は伝わってこなくなります。
 伏せ字部分が各所にあり、何が書かれていたのか想像する楽しさがあります。末尾の注に「○○は初出雑誌において伏字」とあります。ただし、この伏せ字の意図が検閲とどのような関係にあるのか、今は不明です。
 この作品は、発禁となったようです。しかし、この伏せ字は作者の作為によるものではないか、とも思われます。このことについては、調査や研究があるはずです。今、私にはわかりません。発禁本の研究対象の資料として、記憶に止めておきたいと思います。作品の中身よりも、その背景にある社会情勢に注意が散りました。
 物語は、自分の周辺にあった出来事を綴っています。だらだらと続く話は、緊張感に欠けます。状況説明が中心で、心中描写がほしいところです。谷崎のこの時期の文章作法なのでしょうか。大体に谷崎の作品は、話を盛り上げようという傾向は見られません。意外性で読者を惹き付けようとする意図は認められます。それが、作品の印象に大きく影響しています。
 この作品は、私にはほとんど心に留まるものがありませんでした。【1】

初出誌:『新小説』(大正5年8月作、発禁)
 
 
 
■「美男」
 女なしには生きてはいけない、女に頼って生きる友人の話です。大正時代を背負った物語の背景は、今の大多数の人には理解されにくいでしょう。谷崎自身の身辺談のスタイルをとる中で、女というよりも、男の本性を炙り出そうとした作品になっています。
 この作品も発禁となっています。この大正時代という背景と、この作品内容の組み合わせで発禁とは、今の私には理解が及びません。出版文化史との関わりで興味深い作品だといえるでしょう。【1】

初出誌:『新潮』大正5年9月(大正5年8月作、発禁)
posted by genjiito at 23:49| Comment(0) | 谷崎全集読過

2012年10月22日

懐かしいパンチカードシステム

 身辺整理をしていると、さまざまなものが顔を覗かせるので楽しくて止められません。特に、思い入れのあったものの姿がチラリとでも見えると、ついついそこに手が伸び、しばし数十年前にタイムスリップしてしまいます。

 パンチカードもその一つです。
 今の若い方々には、これが何をするもので、どのようにして使ったのか、まったく想像もできないことでしょう。

 私がコンピュータに最初に触れたのは、忘れもしない昭和55年(1980)の暮れでした。マイコンキットNEC〈TK−80〉というものです。翌年には、NECのパーコン(今のパソコン)PC−8001で半角カタカナによる『源氏物語』の本文データベースに着手しています。まだ、ひらがなも漢字も自由に使えない時代の話です。
 生まれたばかりの娘は、このPC−8001のキーボードに刻印されていたカタカナをポチポチと押して、カナ文字から覚えました。そんな時代の話です。

 パンチカードを使っていた頃の話は、拙著『新・文学資料整理術パソコン奮戦記』(34頁、昭和61年、桜楓社)に譲ります。その小項目には、妻のこんなイラストが挿絵として添えられています。
 
 
 
121022_panchi
 
 
 

 パンチカードを簡単に確認すると、B6カードの周囲に小さな穴がたくさんあり、その穴の1つ1つに任意の意味づけがなされています。そして、昔の駅員さんが改札口で使っていた切符切りのようなパンチでこの穴を切り落とすと、一枚のカードに一つの情報が付与されたことになるのです。穴が〈ある〉か〈ない〉か、〈0〉か〈1〉か、という簡単な2進数の情報です。
 そして、ソーサーという金属の棒を束になったカードのこの穴に通すことにより、穴が欠けているカードがふるい落とされるのです。簡単な仕掛けの情報検索システムです。

 次の写真は、私が当時勤務していた高校の進路指導部で独自に作成して使っていたものです。高校の成績や事務処理にコンピュータが導入される以前は、こうしたパンチカードを入試の判定処理などに使っていたのです。それからヒントを得て、自力で設計と開発(?)したカードシステムです。当時は、非常に重宝しました。

 表面は、大学受験用の基本カードで、調査書作成依頼書を兼ねています。
 
 
 
120507_punchcard1
 
 
 

 裏面は、表面と連動する進学用の推薦願書となっています。この面は、パンチカードシステムを補う情報が記されており、書類としての性格を強く持つものです。
 
 
 
120507_punchcard2
 
 
 

 ただし、この方式では大量のデータ処理に向いていないため、コンピュータの普及と共にパソコンによるデータベースシステムに置き換わって消えていきました。もっとも、成績処理や入試の合否判定にコンピュータが導入されるまでには紆余曲折がありました。しばらくは、教育現場においてコンピュータ導入については、反対意見がまだまだ根強い時代でもありました。いつの時代にも、新しい考え方の導入には慎重な方がいらっしゃいます。

 今となっては苦笑せざるを得ません。しかし、当時は現場へのコンピュータの導入について、本当に真剣に議論をしていたのです。そして、私はいつも推進派でした。最初に赴任した新設高校でも、次に転勤した高校でも、そして短期大学でも、パソコン機器の導入と教室の設計施工およびソフトウェア導入に関わりました。いずれも、部屋の配線から機器の配置やレイアウトまでを担当しました。何でも屋さんを自認していた頃のことです。

 それはともかく、上掲の写真は、私にとっては思い出深いパンチカードのデザインであり、作品でもあります。

 もう一つ、パンチカードシステムの思い出の品を紹介します。
 梅棹忠夫氏の『知的生産の技術』(昭和44年、岩波書店)の影響を受けたこともあり、昭和55年2月に電動式ひらがなタイプライターを購入しました。そして、それと連動させようとして、次のデザインの試作品を作りました。コンピュータと出会う直前のことです。
 
 
 

120507_punchcard3
 
 
 

 このパンチカードは、私の調査研究のために開発しました。右端の「領域」や「受容態度」に、当時の自分の問題意識がうかがえます。また、中央上にある「昭26以降」とあるのは、私が生まれる前後を弁別するためのものです。
 下段には、当時私が図書や文献資料を、記号と番号で仕分けし、それを台帳で管理していたことと関連しています。
 ただし、これはデザインの設計段階で校正までのものであり、完成までには至りませんでした。それは、パソコンの急激な普及が原因です。

 その後、当時流行していた京大式カードを自分なりに使いこなすために、独自の紙質と色と罫線の幅のB6カードを大量に作成しました。
 
 
 
120507_punchcard4
 
 
 

 この「いとうカード」と名付けたものは、昭和59年に1万5千枚ほど印刷しました。まだ、このカードは手元にたくさん残っています。それは、この昭和59年の夏に、PC−9801F2という16ビットパソコンを購入し、ひらがなや漢字を自在に扱えるようになったためです。手書きのカードではなくて、パソコンによるデータベースに移行したために、手書きのカードを活用するシーンが減ったからなのです。

 こうした紙のカードは、自分の歴史の一端を思い出させてくれます。
 旧き良き時代というと語弊があります。しかし、いろいろと創意工夫をしながら、効率的な勉強を心掛けていた頃の遺産なのです。生きた証として、少しだけは残しておくことにします。
posted by genjiito at 22:30| Comment(0) | 回想追憶

2012年10月21日

井上靖卒読(147)「失われた時間」「湖岸」「篝火」

■「失われた時間」
 夫の記憶喪失に伴って、妻が語る記憶欠落が端緒となり、夫は妻への疑念を募らせます。妻がかつて意中の人としていた夫の友人のことが、妻の記憶を失った話から想起されたからです。たわいもないことから、夫婦げんかになります。そして、ふとしたことから妻の記憶は蘇えりました。その時の状況が、これまた巧い表現になっています。
 記憶喪失については、後年の井上のいくつかの作品でテーマとなります。【3】
 なお、インドについての言及があります。内容とは直接関係ありませんが、自分のためのメモとして引いておきます。
昭和十九年の春で、日本軍が印度に侵入したという記事が新聞を賑わした少しあとのことである。(『井上靖全集』565頁)

 
 
初出誌:中央公論
初出号数:1955年3月号
 
集英社文庫:夏花
井上靖小説全集11:姨捨・蘆
井上靖全集4:短篇4
 
 
 
■「湖岸」
 河口湖のホテルが舞台です。富士五湖遊覧で、バスは5組のアベックを乗せて出発します。中でも一組の無言劇を、主人公は注意深く観察しています。勝手な妄想が続きます。キャンパスに絵を描くようにして語られる作品となっています。【2】
 内容と直接関係ありませんが、鴨の描写が気に入りました。
朝晩、湖心には鴨が二、三十羽、時には数十羽舞い降りて来た。それが水の面に浮かんでいる姿は、背の方が見える時は黒い小さい点に見え、腹部の見える時は白い点に見えた。そしてその沢山の黒と白の点は忽ちにして水中に没して姿を消してしまったり、時折幾つかの編隊になって翔び立ち、湖の上を幾旋回かし、また水の上にばら撒かれたりした。

 
 
初出誌:新潮
初出号数:1955年4月号
 
文春文庫:貧血と花と爆弾
井上靖小説全集11:姨捨・蘆
井上靖全集4:短篇4
 
 
 
■「篝火」
 武田勝頼方の多田新蔵は、織田信長方の兵隊の捕虜となります。武田方の騎馬隊と織田方の鉄砲隊では、圧倒的な差をまざまざと見せつけられました。新蔵は、奇妙な感慨だけが残っています。戦における戦術のばからしさです。新しい合戦があまりにもばかばかしいことから、兜も鎧もうち捨てて赤褌一枚の裸になって逃げ、捕まったのです。
 捕虜と仕官という恥をからめての問題も浮上します。しかし、武田軍の主将が織田軍の一兵卒が〈暇〉だったことから狙撃したものだと聞き、また一人で闘志を剥き出しにします。人間が理解不能に陥った時の、その心の複雑な仕組みが描かれています。【4】
 
 
初出誌:週刊朝日別冊
初出号数:1955年4月号
 
角川文庫:真田軍記
旺文社文庫:真田軍記
井上靖小説全集11:姨捨・蘆
井上靖全集4:短篇4
 
 
 
〔参照書誌データ〕
 井上靖作品館
 http://www2.plala.or.jp/baribarikaniza/inoue/
posted by genjiito at 23:31| Comment(0) | 井上靖卒読

2012年10月20日

江戸漫歩(58)武蔵小山温泉「清水湯」

 東急目黒線の武蔵小山駅からすぐの所に、天然温泉がありました。目黒からすぐなので、山手線の外側とはいえ都心です。

 ここは、初めて来た駅です。賑やかな商店街を抜けると、5分もかかりません。それにしても、便利な場所です。しかも、入泉料が450円なので驚きです。まさに、銭湯感覚で温泉に入れるのです。
 
 
 
121020_onsen
 
 
 

 温泉は、黄金の湯と黒湯の2つがありました。有馬温泉の金泉銀泉を思い出しました。湯船は小さいながらも、2つとも露天風呂があります。

「武蔵小山温泉「清水湯」」

 行ったのが仕事帰りのため、夜7時過ぎだったこともあり満員でした。
 子どもが何人もいました。狭い湯船の中で、大人との隙間にチョコンと挟まれるように浸かっている姿は、何とも可愛いものです。小さい頃からこうして大人と一緒に入っていると、成長にプラスになるはずです。自宅の内風呂で、孤独に殿様気分を満喫するのとは違います。こうして、赤の他人と一緒に湯に入っていると、いい社会勉強になることでしょう。
 
 ホクホクした身体で駅前に出ると、至る所に立ち飲み屋が林立していました。ほとんどが若者たちで、女性もたくさん混じっています。その内の一軒に入りました。
 商店街を行き交う人も若い人が多いようです。活気のある街でした。
posted by genjiito at 23:25| Comment(0) | 江戸漫歩

2012年10月19日

「ちょこっとイギリスだより 最終回」by 川内

 川内有子さん(立命館大学大学院生)の英国留学報告「ちょこっとイギリスだより」は、今回で最終回となります。
 《日本に帰ってきて振り返ること》としてまとめた文章を送ってもらったので転載します。

 一緒にいただいたメールには、「今回イギリスに滞在できたことを振り返り、一番強く思うことは、時間や手間を割いて下さった方々への感謝だった」とありました。
 海外へ行って暮らしていると、一番身に滲みるのは人の優しさや思いやりだと思います。特に若い方々には、これからへの期待もあり、どこの国でも、心の籠もったお世話をしてくださることが多いようです。

 いろいろな出来事が、日本ではガラパゴス化していると言われています。孤立した民族とならないためにも、若い方々は積極的に日本の外を見たらいいと思います。特に私は、キリスト教文化圏以外を、もっと若い方は見てきたらいいと思っています。

 川内さんのように英語圏の代表格であるイギリスへ行く人も、近年は減少傾向にあるとか。
 日本に閉じ籠もって、平安な日々の中で居心地の良さを謳歌することもいいでしょう。しかし、自分の身を外の世界に置き、自分の目で異文化世界を見て知ることも、これからの日本のためには大事です。

 明治維新の頃の知識人が外に目を向けた熱気、第二次世界大戦後の日本国中に満ち溢れた再建への意欲は、学ぶべきことが多いように思えます。東日本大震災を体験した今の日本の混迷は、これからの若者たちが身の回りの平和を貪るだけではなくて、広い視点でものごとを見ることで開かれていくのではないでしょうか。その意味では、昭和という時代に生まれ育った私などは、アドバイザー役を自認して若者のお手伝いに専念した方がいいのかもしれません。

 インターネットの普及で、一見グローバル化が進展しているかのような錯覚に陥っています。しかし、我が身がそのままでは、机上の架空世界を旅し、情報を流し読みしているだけではないでしょうか。スルメを囓りながら歴史や社会を諷した古人と何ら変わりません。

 偉そうなことを書いているな、と思います。しかし、その根底には、若者が自分の足を使って外の世界に出向いてほしい、という想いが根強くあるからです。

 私は、インドへ多くの学生を連れて行きました。行くだけで、多くの事を見ることになります。知識や情報に満ち溢れた社会に身を置いていると、理屈や理論で対処しようとします。しかし、そう簡単にはいかない社会を、異文化体験を通して人種の違いを知ることの大切さは、一人でも多くの若者に語り伝えたいものです。
 今度立ち上げることにしたNPO法人〈源氏物語電子資料館〉では、私にできる範囲で、私のまわりにいる若者たちと一緒に、こうした視点を大切にして活動を展開したいと思っています。

 今回の川内さんの留学は、その意味でも意義深いものだったと思います。報告を読みながら、こうした思いを強くしたので、つい駄弁を弄してしまいました。妄言多謝。

 川内さんのますますの活躍を祈っています。
 
 
---------------------------------------------------------------------
 
 
ちょこっとイギリスだより《日本に帰ってきて振り返ること》

10月の初めに、イギリスから日本へと帰ってきました。
ロンドンでは、人の多さと街の大きさに、初めの2、3日は戸惑ってしまいました。しかし、街中は地図を持っていれば徒歩で移動することもできそうだったので、自分の目で風景をつなげて道を覚えるために、歩いてみることにしました。
 
 
 
121019_london1
 
 
 

同じ首都ではありますが、東京に比べると高い建物が少ないため空が広く、緑も多いように感じました。
道を歩く人を見てみると、歩くスピードが速いという点ではどちらの街も同じでした。しかし、ロンドンでは歩きながら昼食をすませるビジネスマン・ビジネスウーマンや、信号よりも車の流れを見て出来る限り早く道路を横断しようという人を多く見かけました。

ロンドンの人達はせわしない生活をしているのかな、と思ったのですが、平日の夕方からお酒を飲んでいる人も非常に多く見たので、仕事の後に飲みに行くことを楽しみにしながら、その時間を作るためにお昼間は精一杯動いているのかもしれないと考えました。

ロンドンには美術館・博物館がいくつもありますが、その多くは入場料が寄付制です。
そのため、美術館・博物館の楽しみ方も日本とはまた違っていました。
日本へ帰る飛行機で隣り合わせたロンドンの方からお聞きした話ですが、今日はこの絵を見る、と決めて、その一枚を観るためだけに美術館に行き、満足するまでじっとその絵を観たら帰る、というのがその方の美術館の楽しみ方なのだそうです。
大英博物館でも、学校の授業の一環として博物館を見学している小学生を毎日のように見かけました。

また、交通に関しては、通勤時間でも地下鉄はそんなに混んでおらず、都会での生活にあまり慣れていない私にはそれはとてもありがたかったです。
 
 
 
121019_london2
 
 
 


ロンドンに移ってからを振り返ると、自分に対して「もどかしい」と感じる事が多かったように感じます。

滞在日程の中頃、人やものとの新しい出会いから刺激を受けて、自分が良い方向に変わってきているのではないか、と少し思っていました。
しかし、自分が何を吸収したのか、それは本当にその場所でなければ吸収できないものだったのかを説明しなければならなかった時、私は頷いてもらえるような説明ができませんでした。
何をした・何があったという事実と抽象的な感想を述べることはできても、なぜそうしたのか・それは適切であったのかという自分の考えが問われた際にきちんと答えられていなかったと思います。

貴重な経験をさせていただいている身として、その機会をどう活かすのかということに対して、私はもっと厳しくあるべきだったのに、与えてもらったものを自分で整理して新しい疑問を生み出すという作業を怠っていました。
自分の不足に気付いてもどかしいと思っても、すぐには成長できません。しかし、知識やアイディアや経験は、いただいた後に自分で整理することでしか本当に受け取ったことにはならないのだ、と強く感じています。
 
 
 
121019_london3
 
 
 

昨年同じ授業を受け、ケンブリッジ大学で江戸時代の医学書を研究されているアンゲリカ・コッホさんとケンブリッジで久し振りにお会いしたとき、お話の中で「疑問は共有するもの」だと言われていました。
「疑問はみんなで共有して、解決していく。それがまた誰かの研究ともつながっていることもあるから。」

今までの自分を振り返ると、質の悪い質問はしてはいけないとか、こんなことをきいたらどう思われるのかと思って、聞きたかったことも聞かずじまいになってしまうことが多々ありました。
でも、私はまだわからないことを質問することが許される時期の中におり、もう少ししたら、自分が何を知っていて何を語れるのかによって価値を問われる年齢にもなる。
そう考えると、何も知らない自分を取り繕うことは、今大切にすべきことではありませんでした。
わからないことをわかる様になっていくことに対して、真摯に取り組みたいと思っています。

私には本当に見えていないことが多くて、今もまだ、どうしたら見えたりわかったりするようになるのか、と悩むことは多いです。
一か月間のイギリス滞在で、どんな方々に出会って、どんな話を聞かせていただいて、どんなものを見せていただいたのか、そんな経験ができたのはどんな方々の手助けがあったからなのか。このことを思い出すと、顔向けできないようなことには絶対にしたくない気持ちになって、取り組んでいることを途中で投げ出したり逃げたりすることは、できないなと思います。

目の前の事で汲々としながらだと思いますが、今回の縁を「いただいたもの」から本当に自分の出会いにできる人になるために、これからの毎日を積み重ねていきたいと思います。
 
---------------------------------------------------------------------
posted by genjiito at 22:10| Comment(0) | ◆国際交流

2012年10月18日

新宿であった『十帖源氏』の輪読会

 新宿アルタ横にあるレンタルスペースで、毎月1回となった『十帖源氏』の輪読会がありました。
 昨日に続いて、仕事帰りに新宿へ足を向けました。

 第4巻「夕顔」の続きです。ちょうど、今日は夕顔が亡くなる場面です。

 今取り組んでいるのは、海外の方に翻訳していただくための叩き台としての現代語訳なので、いろいろな点に気を遣っています。
 例えば、「むねつぶれ給へり。」とあるところを、今日の担当者は「「光源氏」は胸がドキリとして動揺します。」と訳しました。いい訳です。しかし、「ドキリ」は各国語に訳せるのだろうか、ということで意見交換をしました。結論は、和英辞典に英訳例があるので、このままでいこう、ということになりました。

 また、息絶えていく夕顔を光源氏が「やゝと、おどろかし給へど」とある箇所も問題となりました。
 「やゝ」をどうするか。
 「もしもし」や「これこれ」では弱いので「おい!おい!と揺さぶり起こします。」としました。

 亡き夕顔の遺骸について、「うはむしろにをしくゝみて」とある場面も、担当者は「「夕顔」の遺体は敷物に包んで」としていました。「うはむしろ」について討論した結果、敷物に落ち着つきました。しかし、その後の「をしくゝみて」の意味が充分に訳されていないということで、「夕顔の遺体は敷物に無理やり包んで」と「無理やり」を加えました。すばらしい描写の場面なので、臨場感を現代語訳に込めるためです。

 さらには、正確に現代語に訳すと「行きましたが、その家に」と訳せる所などは、「〜が、」が文章を長く間延びさせる原因ともなります。こうした接続助詞の「〜が、」は極力なくす申し合わせがこれまでにもあるので、「行きました。しかし、」というパターンで対処することも、再確認されました。

 会話文の中で使ってしまいがちな「〜様」は、目の前の貴人に直接語る場合以外など、話題として出てきた人に対しては使わないことも確認しました。

 2回目の見直しをしているうちに、現代語に移し替えるルールも次第に多くなりました。
 こうして、海外の方々により良い翻訳をしてもらえるように、海外の方にもわかりやすい現代語を目指して検討を重ねています。
 こんな調子なので、遅々として進みません。しかし、着実に前進していることを、ここに報告しておきます。

 このような取り組みに興味をお持ちの方の参加を歓迎します。本ブログのコメント欄などを使って、お問い合わせください。次回の日時などの連絡を差し上げます。
posted by genjiito at 23:57| Comment(0) | ◆源氏物語

2012年10月17日

江戸漫歩(57)新宿西口ガード脇の岐阜屋で

 私が東京で一番好きな飲み屋さんは、何と言っても、新宿西口ガード脇にある岐阜屋さんです。思い出横町にあると言えば、あーっ あそこ!!、と思い至る方も多いと思います。

 この店は、「新宿の飲み屋さん街で知り合う人たち」(2012年6月27日)に書いた通りです。

 学生時代から行っている店なので、かれこれ40年になります。
 今日は久し振りに妻と待ち合わせて行きました。この前は、自治大学に内地留学をしていた婿殿と来ました。その前は妻と、さらにその前は息子と来ました。いつ来ても、楽しくて美味しいお酒をいただけます。

 今日も、千葉から通っておられる笠知衆にそっくりの方がいらっしゃいました。私を、学生時代の英語の先生とそっくりだ、とおっしゃっていた方です。きょうも、おしゃれなシャツを着ておられました。
 この方の穏やかで温和な笑顔を見ると、疲れが吹き飛びます。
 私もこんな年の取り方をしたいものです。

 ここは、いつもの常連さんがたくさんおられます。お店の雰囲気は、40年経っても何も変わっていません。

 こんな場所が新宿にあるということが、まさに奇跡です。
 また、折々にこの店に来たいと思います。
posted by genjiito at 22:25| Comment(0) | 江戸漫歩

2012年10月16日

逸翁美術館の源氏展で大沢本を見る

 先週、逸翁美術館で開催中の「2012 秋季展「源氏物語 −遊興の世界−」」と、その隣の池田文庫で開催中の「宝塚歌劇の源氏物語」を観てきました。
 共に、その背後に、館長である伊井春樹先生の姿が見え隠れしていることはさておき、今と昔が「愉しみと華やかさ」というテーマでリンクする、非常に充実した展覧会となっていました。

 伊井先生は、逸翁美術館の館長になられてからというもの、それまでの国文学研究資料館の館長時代よりもさらにお忙しい日々を送っておられます。スポーツジムに通われる回数が増えたようなので、身体のことが気になる私としては、嬉しいと共に、そこそこに、という気持ちもお伝えしています。もちろん、私からの忠言など、先生は聞き流しておられますが。

 現在開催中の2つの源氏展は、もっと早く観にいくつもりでした。しかし、何かと身辺が慌ただしい日々ということもあり、やっと行くことができたのです。

 その前日、立命館大学の大学院生でイギリスから帰ってきたばかりの川内さんと話をしていたこともあり、逸翁美術館の源氏展は一緒に観に行くことになりました。
 川内さんの指導教授の一人である中本先生は、伊井先生の教え子です。また、私が大阪大学で社会人として大学院生活を送った時の助手さんでもあります。さらには、娘がイギリスに留学する時に、いろいろとお世話になった方でもあります。

 人間関係は蜘蛛の巣のようにつながっていて、多くの方のお世話になり助けられているものです。今回の川内さんも、そうした円環の中に入ってこられた学生さんということにもなります。
 人は、目に見えない力、いや糸で引き寄せられ、バランスを保って存在しているようです。

 池田文庫での「宝塚歌劇の源氏物語」は、スチール写真やポスターなどのパネルを中心とした、小さな展覧会です。しかし、宝塚歌劇を見たことのない私には、とにかくその歴史と配役の豪華さに圧倒されました。先般亡くなられた春日野八千代さんの存在の大きさは、あらためて知ることとなりました。

 会場では、いつもお世話になっている中川正美先生に声を掛けられました。学生を連れて来ておられたのです。小さい頃から宝塚を観て来られた中川先生の説明を横で聴きながら、少しだけですが宝塚歌劇の理解を深めることができました。

 逸翁美術館では、これまで目にしてこなかった源氏絵を描いた屏風には大きな刺激を受けました。
 iPhone にメモをしていたら、監視員の方から「その機器は」と声を掛けられました。「メモはだめですか?」と聞くと、「聞いて参ります」と言って立ち去られ、すぐに「いいそうでございます、大変失礼いたしました。」と丁寧におっしゃいました。よく教育が行き届いていると、感心しました。
 今後とも、メモ用紙ではなくて、こうした電子デバイスにメモをとる人が増えることでしょう。こうした道具には、カメラが付いていることが多いので、展示担当の方や監視員の方は、それを見かけたときの対処は微妙なものがあることでしょう。しかし、確実にそうなるのですから、この対応は各美術館や博物館でよく検討しておかれるべきだと思います。

 さて、今回の展示で最後のコーナーに大沢本が展観されていたことが、私にとっては最高の贈り物として拝見しました。伊井先生だからこそ実現したことです。

 これを『源氏物語』の研究史の観点から、展示された諸帖の巻名を以下に記しておきます。
 この日ケースの中に陳列されていたのは、以下の12帖と、鑑定書一通でした。
 まず、そのケースに添えてあった説明文から。


29●大沢本 鎌倉末〜室町末時代 個人蔵
「本文は藤原定家の系統とは異なる別本で興味深い内容を持つ。」


 展示されていた大沢本は、以下の巻々です。


01桐壺 02帚木 03空蝉 04夕顔 05若紫 07紅葉賀 09葵 36柏木 38鈴虫 39夕霧 40御法 41幻
 小杉榲邨鑑定書


 大沢本は、私にはどうも紙が新しいように見えます。ただし、ガラス越しにしか見たことがないので、実際に手で触って確認するとまた違って見えるのかもしれません。

 とにかく、こうして少しずつでも大沢本が姿を見せることはいいことです。
 惜しむらくは、この写本を丹念に調査できることが望まれます。
 この大沢本に関して、しばらくの辛抱が必要であることは、まだまだ続きそうです。
posted by genjiito at 23:56| Comment(0) | ◆源氏物語

2012年10月15日

コーツ先生のお点前をいただく

 コーツ先生ご夫妻と栗原先生の3人とは、早朝に廬山寺の境内で待ち合わせをしました。『源氏物語』の執筆の地とされる廬山寺は、ぜひともご案内したかったところです。
 本堂の縁側に掲げられていた、アーサー・ウェイリーと角田文衛両氏の写真を見ながら、『源氏物語』の英訳や物語作者について話をしました。

 廬山寺で源氏千年紀のパネルを確認し、その向かいにある梨木神社でも、『源氏物語』の中川の宿の話をしながらパネルの確認、さらに南に下って藤原道長の法成寺跡のパネルも確認しました。
 源氏千年紀には、京都にある40カ所の『源氏物語』に縁のある場所に、記念の説明板が設置されました。そのすべてについての報告を、本ブログ「源氏のゆかり(45)説明板40-大原野神社」(2010年5月 8日)にまとめています。
 『源氏物語』に関係する京都の地を訪ねる時、この説明板は1つの指標となります。この40カ所と宇治を回ると、『源氏物語』の背景は身体に染み込みます。そして作品を読むと、登場人物が頭の中で動き回ってくれることでしょう。

 なお、梨木神社では、コーツ先生は萩をよくご存知でした。イギリスにはない花です。しかし、陶磁器がお好きな先生は、陶器に萩が描かれていることがあるので、それでよくご存知だったのです。これには驚かされました。

 その後、下鴨神社の糺の森で開催されている手作り市に立ち寄りました。ただし、コーツ先生いわく、日本の古いものが何もない、と嘆かせることになりました。確かに、並んでいる品物は、海外を、それも欧米を意識したものばかりです。太古の息吹を感じさせる糺の森で、ここにお連れしたことを反省しました。それでも、奥様は楽しそうに買い物をしておられたのでホッとしました。
 
 
 
121014_tadasu
 
 
 

 我が家への帰途、『方丈記』800年を記念する河合神社へお連れしたとき、その塀がみごとに取り払われていることに驚きました。
 
 
 

121014_kawai
 
 
 

 かつて紹介したブログの写真に、河合神社の表門の右側に塀があることがわかります。

「京洛逍遙(74)鴨長明と河合神社」(2009年5月12日)

 この右側の塀がいつ取り払われたのか、この日まで私は気付きませんでした。8月12日の下鴨古本市へ行ったときには、まだ塀はあったと思います。

 我が家にお招きする前に、近くに古典籍を扱う所があるので、そこにお連れしました。書画骨董が大好きなコーツ先生は、鎌倉時代の和歌集の古写本や江戸時代の源氏絵などを、熱心にご覧になりました。この方が数学者だとは、誰も思いません。日本の古典籍については、人一倍の興味をお持ちです。一番お好きな陶磁器がここにはなかったことが、少し残念そうでした。

 我が家では、食事の前に、私が持っている「『探幽筆 三拾六哥仙』」を見ていただきました。これは、コーツ先生がお持ちの狩野派の手になると思われる源氏絵の粉本に近い性格のものです。先生がお持ちの源氏絵を表装した表紙が、私のものと瓜二つだ、とのことでした。どうやら、ほぼ同じ時期に同じ地域で洋装本に仕立て直されたもののようです。私は、ドイツで洋装本に仕立て直されたと聞いていましたが、どうやら違うようです。コーツ先生も、これはドイツではないと断言なさいました。
 あれやこれやで、話はどんどん盛り上がっていきました。

 ひとしきりヒートアップしたところで、妻の手料理を召し上がっていただきました。京野菜を中心とした家庭料理です。家族を交えて、食後にも話が弾みました。お酒は、京都の丹波白ワインを用意しました。

 その後、お茶会となりました。お茶は、昨日宇治で買い求めた「光源氏」というお抹茶です。そんなにいいものではありません。しかし、その名前で選びました。買うときに、先生もニコニコしておられました。
 お香は、これも昨日松栄堂でいただいた沈香です。匂いが強すぎたので、途中でやめましたが……

 まず、私がみなさんにお茶を差し上げました。豊臣秀吉のことをよくご存知の先生は、興味津々でご覧になっていました。
 
 
 

121014_otemae1
 
 
 
121014_otemae2
 
 
 

 そして、次に先生に点てていただき、それを私が頂戴しました。
 
 
 
121014_otemae3
 
 
 

 奥様もお点前にチャレンジなさいました。そして、それは妻がいただきました。
 
 
 
121014_otemae4
 
 
 

 お二人とも、日本の文化に馴染んでおられるからでしょう。抹茶のパウダーは固まることもなく、きれいな泡とともに口にすることができました。

 しばし、さまざな話題が飛び交います。不思議さと、何とも言えない楽しさに満ち溢れた、まさに異文化交流の一時に身を浸すことになりました。2日間の慌ただしかった疲れも吹き飛び、急ごしらえの小さなお茶室が、緊張と緩和の行き交う場となりました。

 お土産は、鶴屋八幡の「源氏ものがたり」という、源氏香の図を打ち出した干菓子にしました。源氏香の香合わせになぞらえて和三盆糖を押物にしたお菓子です。題字は谷崎潤一郎 、題詠は吉井勇です。
 今回、源氏香の図が話題になったので、源氏香の図をあしらったお菓子がいいと決め、それを娘夫婦が急遽探しまわって手に入れてくれたものです。源氏千年紀には、京都の老松、俵屋吉富、亀屋良永、笹屋伊織、甘春堂などから源氏香を配した干菓子が出ていました。しかし、今はどこも在庫がないか製造中止となっていたのです。京都中さがしてもないのです。唯一、鶴屋八幡の大阪本店にあったという、偶然と幸運が舞い降りてくれました。婿殿の奮闘に感謝します。

 白川疎水通りでタクシーにお乗りになる先生とのお別れの握手では、少し目頭が熱くなるものがありました。
posted by genjiito at 23:57| Comment(0) | ◆国際交流

2012年10月14日

コーツ先生を宇治にご案内して

 ケンブリッジ大学のジョン・コーツ先生を、昨日は宇治にご案内してきました。数学者であるコーツ先生のことは、ウィキペディアの紹介にゆずります。
 私とはまったく専門を異にする先生なので、どのようなお話をすればいいのか考えていました。しかし、日本文化に対する造詣が深く、また書画骨董にも深い理解を示され、さらには『源氏物語』が大好きな先生でした。気さくにお話ができたこともあり、楽しい旅になりました。

 お知り合いになるきっかけは、先生がお持ちの源氏絵でした。その内容をブログを通してご説明したことが機縁となり、今回日本にお越しになるにあたり、先生が大好きな京都を、それも『源氏物語』をテーマにしてご案内できたのです。

 今回最大のトピックは、源氏香の図は5本の線で52通りのパターンを表現している、ということを説明したことです。これには、大いに興味を持ってもらえました。宇治を歩く道々、至るところで源氏香の図が目に飛び込み、また話題となり、楽しいテーマとなりました。
 もちろん、私は英語がまったく話せませんので、ご一緒にお越しになった慶應大学の栗原将人先生の通訳に頼ることとなりました。また、京都で通訳案内をしていた娘も助っ人として来てくれたので、折々に説明を加えてくれました。

 コーツ先生も栗原先生も、源氏香の図は初めて見る図案だ、とのことでした。
 この源氏香の図については、かつて書いた「お香と『源氏物語』」(2008年3月 7日)をご参照ください。
 僭越ながら、その並び方の法則性を考えてください、とコーツ先生と栗原先生に宿題を出してしまいました。
 ご専門の立場からどのようなお考えが伺えるのか、その日を楽しみに待ちたいと思います。

 さて、宇治散策の最初は源氏物語ミュージアムにしました。宇治十帖の話は、おおよそご存知でした。そこで、さらに視覚を通して具体的に物語世界がイメージしやくすなるように、展示物や映画をご覧いただきました。
 英語の解説レシーバーが借りられたので、展示や映画の内容から宇治十帖の概略が詳しくおわかりいただけたかと思います。

 ブラブラ歩いて宇治上神社へ行きました。平安時代の面影を残す建物から、宇治の八の宮の生活環境を想像していただくことになります。八の宮などの登場人物をよくご存知だったので、その娘たちの三角関係の話も説明しやすくなりました。栗原先生も『源氏物語』や日本文化についてよくご存知だったので、的確な通訳をなさっていたようです。専門分野を異にする先生方の勉強意欲や好奇心の旺盛さに、学ぶことの多い案内となりました。

 幸運にも、宇治上神社では、ちょうど結婚式が始まるところでした。日本の神式の結婚式を、興味深くご覧になっていました。
 
 
 
121013_ujikami
 
 
 

 お2人の先生は、すでに宇治には来たことがあるとのことだったので、少し詳しい説明ができました。道々には、灯籠が並んでいて、この週末は夕刻より灯りの源氏絵巻が楽しめるようになっていました。
 
 
 

121013_ujigawa
 
 
 

 宇治川では屋形船を借りて、船上で食事をしながら宇治川を上り下りしました。奥様ともども、みんなでゆったりと船上遊覧を楽しみました。まさに、源氏絵でよく見かける、宇治川に船を浮かべた浮舟と匂宮の姿が、これからイメージとして膨らむことでしょう。テーブルの上のペットボトルは、源氏絵をデザインしたお茶で、宇治のオリジナルです。
 
 
 
121013_yakatabune
 
 
 

 『源氏物語』が非常にお好きなコーツ先生は、すでにアーサー・ウェイリーの英訳を読んでおられました。ウェイリーの英訳は、非常に格調の高い美しい英語だそうです。
 また、アーサー・ウェイリーのことをよくご存知だったので、私の理解の至らないところをいろいろと教えて下さいました。有り難いことです。

 平等院は、先月から修復に入ったために、鳳凰堂には足場が組まれていました。解体ではないので、3年以内に完了するそうです。来月からはこの足場に覆いがかかるので、こうした鳳凰堂の姿も貴重です。
 
 
 
121013_byoudoin
 
 
 

 今回は清水寺のすぐ近くにお泊まりです。源氏香の図に興味を示されたので、夕方には烏丸三条にあるお香の店「松栄堂」にご案内し、『源氏物語』をテーマにしたお香を見ていただきました。前掲のブログ「お香と『源氏物語』」に記した通りのものです。
 明日は我が家でお茶を点てて差し上げるので、香木を数片いただきました。

 好天に恵まれて、充実した秋の1日でした。
 娘と一緒に通訳のお手伝いをしてくれた婿殿にも感謝しています。また明日も、よろしくお願いします。

 なお、コーツ先生が源氏絵の粉本をお持ちであることは、すでに本ブログ「在英国・コーツ版「源氏画帖」の記事一覧」(2011年9月26日)で紹介しています。『源氏物語』の第2部以降をお持ちなので、宇治については格別の興味がおありなのです。
 おついでの折にでも、コーツ版源氏絵の概要をご覧いただければと思います。
posted by genjiito at 23:55| Comment(0) | ◆国際交流

2012年10月13日

オルシ先生のイタリア語訳『源氏物語』の書評

 先月、フィレンツェに行ったときの記事で、ローマ大学のオルシ先生の新刊であるイタリア語訳『源氏物語』のことを書きました。

「オルシ先生のイタリア語訳『源氏物語』を入手」(2012年9月24日)

 その末尾で少し予告しておいた、マスコミに取り上げられた記事の日本語訳を以下に紹介します。

 これは、フィレンツェ在住の中嶋しのぶさんが、新聞記事を日本語に翻訳してくださったものです。先般、フィレンツェでお目にかかった折のお願いを、きっちりと果たしてくださいました。ありがたいことです。

 おかげで、このオルシ先生のイタリア語訳『源氏物語』がどのようなものなのか、日本にいる我々にも、わかりやすく伝わってきます。
 中嶋さんに、あらためてお礼を申し上げます。
 
---------------------------------------------------------------------
 
【イタリア日刊紙“ラ・レプブリカLa Repubblica”(012年6月22日)】
  レオネッタ・ヴェンティボリオLeonetta Bentivoglio 記

「マリア・テレーザ・オルシMaria Teresa Orsi、
“日本のシェークスピア”を万人に読ませるため10年の歳月をかけた翻訳、ついに完成」

エイナウディ社から日本の大河小説『源氏物語』(La Storia di Genji、1440ページ、定価90ユーロ)がこのほど出版された。英国のシェークスピア、イタリアのダンテの作品と同様に、日本の“古典中の古典”とみなされている同書は、西暦1000年代、日本の宮廷文化の最盛期にあった平安時代に、宮廷女官の紫式部によって執筆された。

1400ページに及ぶこの大著は、フレスコ画のように細部まで絢爛豪華に描かれた宮廷生活、叙情的で官能的な恋の駆け引き、登場人物の感情の交錯、美的な宗教儀式、哲学的な考察、寓話などさまざまな要素が散りばめられた長編大河小説を史上初めてイタリア語で完訳したものだ。この作品は幾世紀にわたり、あらゆるレベルの日本文化に大きな影響を及ぼしてきたが、その時間を超越した影響力と伝達力を一言で表現するのはおよそ不可能といえよう。

初のイタリア語完訳を終えたのは、日本文学研究では大御所といえるマリア・テレーザ・オルシ教授。ナポリ東洋語大学、ローマ・サピエンツァ大学で教鞭をとり、古典を主とする日本文学の翻訳を残しただけでなく、多くの優秀な研究者(村上春樹の翻訳者のジョルジョ・アミトラーノなど)を育てたことでも知られる。

東京を心から愛する、というオルシ教授は(大学卒業後5年間暮らし、その後何度も行き来をしている)、何かに取り憑かれたような敬虔さと粘り強さでこの大作業に取り組んだ。54章から成り立つこの小説のすべてを翻訳することによって(欧米語版の多くが抄訳)、美貌と才気を合わせ持ち“光源氏”と呼ばれた主人公の、波瀾万丈ながら気高い生涯の光と影を復活させようというのが目的であった。

「私の挑戦は10年も続きましたが、ひたすら根気のいる地味な作業の中、とりわけ出典をじっくり調べ直すことに力を入れました。ここでの目標は、できるだけ著者が書いた原文に忠実に訳するということです」
ローマの自宅でこう語るオルシ教授。本棚には日本語の書籍、マンガがぎっしり並んでいる。ピエモンテ州出身、スリムで知的な魅力を持つ教授は、日本人以外で初めてマンガの分析を試みた研究者でもある。

「オルシ教授、『源氏物語』を新たに訳しようと思ったきっかけは何ですか?」

「小説を完全に、そしてできるだけ本物に近い状態で読んでもらいたい、と思ったからです。これまで唯一のイタリア語版は、1957年にアドリアーナ・モッティAdriana Mottiが訳したものですが、彼女はアーサー・ウェイリーArthur Waley(バージニア・ウルフと同じブルームスベリーBloomsbury・グループに所属していた英国の東洋学者)が1920〜30年代に手がけた英語訳から重訳しています。ウェイリーはこの西洋から遠くかけ離れた小説を、できるだけ欧米の読者にわかりやすくしたいと考え、多くの部分を削除して構成を自分なりに変えているのです」

「日本の古典語に取り組むのは非常に困難なことではなかったですか?」

「私は平安時代の宮廷で話されていた語彙の、固い結び目のようなものを解き、解釈上のもつれた箇所を解決していかないといけませんでした。たとえば文章の中に、すでに世に出ていた和歌の一部が繰り返し現れてくるのです。その部分を理解するためには、和歌の原典に遡ってひとつひとつ調べなければなりませんでした。当時の読者の文化レベルではその断片が何であるかは一目瞭然なのですが、現代に生きるわれわれには不可能ですので。」

「源氏物語の不可解さとして、登場人物が本名で呼ばれていないということがありますよね」

「そのとおり、男性は、左大臣とか大将、中将とか宮廷内の役職や地位で呼ばれます。女性は主に、奉仕する職名ですね、五位の女官とか内持の二位の女官とか・・あとは父親や夫の肩書きによっても呼ばれます。このような障害を克服しようと、70年代の米国人研究者エドワード・サイデンステッカーEdward Seidenstickerら多くは、読者や後世の研究者が便宜上つけた呼び名(原文にはないことが多いんですが)、を訳しています。たとえば日本では“葵の上”として有名な“源氏”の最初の妻ですが、原文では、若い婦人、左大臣の娘、光源氏の妻としか書かれていません。私は、わかりにくいというリスクも承知の上で、あえてこのような呼称を使わず、著者が選んだ書き方に従うことにしました。また物語が進んでいくにつれ、昇進によって階級や肩書きも変わり、人物がわかりにくくなってきます。それで各章の始めに注をつけるようにしました。

「われわれ西洋人にとって作者のこのような手法は、摩訶不思議で、無謀とも思えるのですが?」

「この時代の日本で、人を本名で呼ぶことはとても失礼で、縁起の悪いことでもあったのです。ある仏教の儀式を例にあげると、人に取り憑いた悪霊に、その名前を呼ばせることによって悪魔払いをしているのですね。この本の最初では主人公は“小さな皇子”と呼ばれていますが、成長後、父の天皇は彼に“源氏”という名字を与えています。これは彼が皇位継承コースからはずれたということを意味します」

「魅力的な主人公、“源氏”は、つぎつぎに違う女性に取り囲まれるという幸運に恵まれますが、彼は放蕩者ということでしょうか?」

「いいえ、彼は恋愛を愛する人で、常に創造性に富み、肯定的な考え方を持っていました。カトリック教育を受けながら冒涜的、破壊的な性格だったドン・ファンとは対称的です。“源氏”の浮気は、決して社会の倫理規範に対する挑戦ではありません。彼を取り巻く環境は、正室一人と側室が大勢の一夫多妻が当たり前だった宮廷社会の縮図なのです。そこにあるのは、反抗したいと思うようなモラルの壁ではなく、高い地位の人ほど遵守しなければならない一種の基準です。また、人を愛する能力というのは、洗練された官能性とあわせて、貴族文化の重要な要素でした。愛情の鍛錬というものが、宮廷生活を特徴づけるあのきわだった優美さを構成していたのです。『源氏物語』において、優美さを解く記号は人間の本質的なものなのです」

「では『源氏物語』は、純粋に高尚なしきたりを描いた本でしょうか?」

「それをはるかに超えています。スケールの大きい心理小説の好例です。読んで行くにつれ、驚くほど現代的な内面観察、プルーストのような細かい心理分析がなされているのに気づくでしょう。また紫式部の使う言葉は、とても流麗で柔らかい。女性登場人物の内面がこれだけ深く堀り下げられているのは、女性作家ならではのものでしょう」

「このように大変なお仕事なんですが、翻訳者というものはけっきょく作品の裏方に終わってしまい、批評されることもごくまれなのが現状です。どうやってその情熱を10年も保つことができたのですか?」

「私にとって、紫式部という天才に仕えるということはすばらしい経験でした。彼女の意向を最大限尊重したいと思ったため、苦労の連続でしたが。正直いうと、あと10年『源氏物語』について仕事を続けたかったと思ってるんです。そうすればもっと深く“源氏”の世界を理解することができますからね・・」

(翻訳・中嶋しのぶ)
posted by genjiito at 23:35| Comment(0) | ◆国際交流

2012年10月12日

NPO法人の申請書類が受理されました

 8月下旬から、NPOのことで京都市役所へ足を運んでいました。
 
 
 
121012_siyakusyo
 
 
 

 ただし、NPOなどの市民活動の相談や受付は、市役所の東側(写真右側の河原町通りに面した側)の入口から入ってすぐ右の部屋でおこなわれています。内部は、時代の重みを感じさせるいい雰囲気です。昭和2年の竣工とあるので、中を歩き回りたくなります。
 
 
 
121012_siyakusyo2
 
 
 

 ちょうど、河原町通りと道を隔てた真向かいに建つホテルオークラの前には、デンと桂小五郎が腰を掛けています。そして、じっとこの市役所の東出入り口を見張っているのです。この入口は、胸を張って堂々と入るのが似合っています。
 
 
 
121012_kogoro
 
 
 

 窓口では、「京都市 文化市民局 地域自治推進室 市民活動支援担当」のHさんが、懇切丁寧に対応してくださいました。東京で仕事を終えてからなので、毎回相談予約は金曜日の夕方となりました。3回目の今日は、前回の相談で詳細に指摘してくださった箇所を確実に直して来たこともあり、いくつかの修正だけで申請を受理してくださいました。
 ホッと一息です。

 ここで、NPO法人について確認しておきます。

 内閣府のホームページの中に、「NPOを知ろう(NPOの基礎知識)」というサイトがあります。この最初に「NPOとは?」という項目があるので、そこを引用しましょう。


「NPO(NonProfit Organization)」とは、様々な社会貢献活動を行い、団体の構成員に対し収益を分配することを目的としない団体の総称です。

したがって、収益を目的とする事業を行うこと自体は認められますが、事業で得た収益は、様々な社会貢献活動に充てることになります。

このうち「特定非営利活動法人」とは、特定非営利活動促進法に基づき法人格(注1)を取得した法人です。

法人格の有無を問わず、様々な分野(福祉、教育・文化、まちづくり、環境、国際協力など)で、社会の多様化したニーズに応える重要な役割を果たすことが期待されています。

(注1)法人格:個人以外で権利や義務の主体となり得るもの


 この特定非営利活動法人という制度に、『源氏物語』に関するボランティア活動を中心とした社会貢献をする組織を作り、文学研究を下支えする基礎的な仕事をしたり、研究のお手伝いや国際交流の一端を担った活動を展開しようというのです。
 「特定非営利活動促進法」は平成10年12月に施行されたものなので、こうした組織化は比較的新しい流れのものです。そして、平成24年4月には、大幅な法改正が行われました。

 現在のところ、約4万法人がNPO法人として認定され、活動しているそうです。医療や介護関連のNPOがもっとも多く、歴史や文化に関するものも全国各地にはあるようです。しかし、文学に特化したものは非常に珍しいとのことでした。

 今回の「書面審査」により、設立要件に適合すると認めていただきました。後は、今日から2カ月の縦覧期間を経て、さらに2ヶ月後に認証となります。このままいけば、来年2月中旬には認定される運びとなるはずです。設立認証の通知を受けてから2週間以内に登記をし、法人として成立したことになります。

 今回の申請を受理していただいた特定非営利活動法人〈源氏物語電子資料館〉については、これからさらに活動内容や運営方針について詰めていきます。
 併せて、広報活動も徐々に始めたいと思います。

 この設立にあたり、ご理解とご協力をいただいた多くのみなさまに感謝します。
 まずは、スタートしたことの報告を記しました。
 いろいろなアイデアやアドバイスをいただく中で、意義のある活動を展開していきたいと思います。
 今後とも、よろしくお願いいたします。
 
 なお、特定非営利活動法人〈源氏物語電子資料館〉については、以下の2件の記事に、その目的や活動内容を記しています。

「NPO法人〈源氏物語電子資料館〉を設立します」(2012年8月30日)

「NPO法人〈源氏物語電子資料館〉の設立総会で活動内容が承認される」(2012年9月 2日)
posted by genjiito at 23:14| Comment(0) | ◆NPO活動

2012年10月11日

井上靖卒読(146)「投網」「合流点」「二つの秘密」「風のある午後」

■「投網」
 伊豆の故郷にいた一人の男が亡くなったと聞き、そのことを思い出しての話です。かつてはその男の目に圧倒され、好きになれませんでした。その目の力に憎しみも感じていたました。しかし、恨みなどはありません。その男の息子から、墓石の略歴を依頼されます。後年は目を患っていたことを知らされます。人間の勝手な思い込みを胸に、亡き人を思うのでした。一人の男を、しっかりと描いています。【2】
 
 
初出誌:知性
初出号数:1954年11月号
 
旺文社文庫:滝へ降りる道
井上靖小説全集6:あすなろ物語・緑の仲間
井上靖全集4:短篇4
 
 
 
■「合流点」
 人と人とのつながりについて考えさせられる話です。養子同士の結婚から始まります。子どもを突き離して仕事に専念する母親。そして、養女の子を自分の子のように育てるくだりは、血のつながりのない者同士でありながらも、親子のように見える不思議さを描き出しています。
 親子とは一体何なのか。興味深い話で、重いテーマを提供しています。【3】
 
 
初出誌:新潮
初出号数:1955年1月号
 
文春文庫:断崖
井上靖小説全集11:姨捨・蘆
井上靖全集4:短篇4
 
 
 
■「二つの秘密」
 結婚式を挙げた直後、歌山喜平は京都で妻の不貞の現場に偶然出くわします。その後すぐに、使いに来た妻の実家の女中に対して、妻への復讐でもあるかのように手を付けてしまいます。
 後年、歌山はわが娘に対して疑念を抱いていました。自分の子ではないのでは、と。一方、妻あづさも、痣のある社員を夫の息子ではないかと確信します。
 お互いに秘密があったのです。しかも、その子どもたち同士が愛を育んでいるのです。その2人の結婚を認め合うとき、夫婦は長年持ち越してきた秘密から解放されます。ただし、その後の展開がさらに読者の目を釘付けにします。井上靖の巧さを実感します。人間の感情が、巧妙に描き分けられています。【5】
 
 
初出誌:オール読物
初出号数:1955年1月号
 
井上靖小説全集11:姨捨・蘆
井上靖全集4:短篇4
 
 
 
■「風のある午後」
 冒頭から意外な話が展開します。舞台は大阪。媒酌人が結婚式に不参という不始末を犯し、そのお詫びの手記が綴られるのです。なぜ、との思いで読むことになります。井上靖が読者をうまく引き込む書き出しです。
 その内容は、何と言うこともない、よくありがちなハプニングにまつわる日常的な話です。街全体が傾いているような感覚の中にあった、という状況がおもしろいと思います。
 人間の温もりが、その底流にあります。結婚式に出ることよりも優先すべきことだったかどうかは別にして、人間が持つ一面が炙り出されています。他人事よりも、自分の経験や興味や思い出に直結するものに、人は強く惹き付けられるようです。もちろん、結婚式の当事者や出席した人々への言い訳にはなりません。その点では、身勝手な論理がまかり通っています。それでも、話としてはおもしろいものになっています。【2】
 
 
初出誌:文学界
初出号数:1955年2月号
 
文春文庫:貧血と花と爆弾
井上靖小説全集11:姨捨・蘆
井上靖全集4:短篇4
 
 
 
〔参照書誌データ〕
 井上靖作品館
 http://www2.plala.or.jp/baribarikaniza/inoue/
posted by genjiito at 22:55| Comment(0) | 井上靖卒読

2012年10月10日

「対談:キーン×伊井」を掲載する『阪急文化 第3号』

 阪急文化財団広報誌である『阪急文化 第3号』(B5版、全35頁、平成24年10月)が出ました。
 今号は、ドナルド・キーン先生と伊井春樹先生の対談を巻頭に据え、以下『源氏物語』に関する絵・劇・香の特集が組まれています。広報誌とはいえ、幅広い視野からの中身の濃い誌面で構成されています。
 
 
 

121009_hankyuubunka3
 
 
 

 まずは、その目次をあげます。


対談 ドナルド・キーン、源氏物語の世界を語る
       ドナルド・キーン、伊井春樹
VIEW〈美術〉描き継がれた源氏絵 龍澤 彩
VIEW〈演劇〉源氏物語『あさきゆめみし』舞台化雑記 草野 旦
VIEW〈芸道〉源氏香 山田英夫
VIEW〈阪神間モダニズム〉近代実業家達の美術コレクション〜黒川幸七と藤井善助〜 仙海義之
VIEW〈建築〉「雅俗山荘」の建築的魅力 〜小林一三の想いを伝える佇まい〜 松隈 章
表紙解説  源氏物語 花宴図 狩野探信筆(江戸時代)


 すでに「キーン先生と伊井先生の対談に陪席して」(2012年6月20日)に記したように、陪席していた私もつい引き込まれて聴き入った、非常に楽しく盛り上がった対談でした。
 本誌の編集後記に、次のように記されている通りです。


今回のドナルド・キーンさんと伊井館長との対談、たいへんお話がはずんだ様子です。一つ一つのお話の内容に感心しながら、正直にテープ起こしをしていったら、2万字以上になってしまいました。紙数の都合でまことに申し訳ない次第ですが、実は貴重なお話の内容を半分ほど割愛させていただいております。キーンさん、読者の皆様、何卒ご海容願います。(仙海)


 残りは、またいつか再構成されて公刊されることでしょう。その日が楽しみです。

 今回の『阪急文化』の内容は、現在開催中の「2012秋季展「源氏物語 −遊興の世界−」」(逸翁美術館)と「宝塚歌劇の源氏物語」(池田文庫)に連動しています。

 この2つの展覧会については、後日記します。
posted by genjiito at 22:59| Comment(0) | ◆源氏物語

2012年10月09日

今、夢を育てようとしているか

 今春から特に意識しだしたことがあります。
 それは、「夢を持っているか、語れるか」ということです。
 日々を思うと、夢を忘れた、それを放棄した生活を送っているのです。
 そのことに、悔しい思いを抱くようになりました。
 
 日々を好い加減に過ごしているわけではありません。
 直面する毎日の出来事や仕事に体当たりをしています。
 毎日、いろいろな作業や書類作成をし、人に会っています。
 しかし、それは時間と共に流れていくものです。
 
 かつて、多くの夢を抱き、人に語っていました。
 しかし今、それを実現しようとはしていない自分がいます。
 自分を突き動かす力や熱気が、失せてきたことを実感するのです。
 面倒になったというのが、60歳になった今の正直な気持ちです。
 
 近年は、とにかく雑事に埋もれる生活に身を置いています。
 自分が夢を手放した感触に慣れたことに、はたと気づいたのです。
 何かしたいことがあったのではないか、と。
 安全圏内で生きる、狡い智恵を身につけた自分を見つめ直します。
 
 手元には、膨大な『源氏物語』に関する情報があります。
 これを次の世代に渡さないと、このまま埋もれてしまいます。
 このままだと、私と同じ作業に30年を費やす人が出て来ます。
 それは無駄であり、もったいないことです。
 
 忙しさにかまけて、置き去りにしていたものがあります。
 『源氏物語』に関する情報を受け渡していくシステムが必要です。
 そのためには、組織を作ることが先決です。
 私が旗振り役に徹することが、喫緊の課題として浮上しました。
 
 このままではいけないとの思いが、初夏から俄然強くなりました。
 NPO法人設立に向けて、具体的な構想をさらに練り直しました。
 多くの人に支えられて、ようやく設立総会にこぎつけたのです。
 押し流されていく船を、どうにか繋ぎ止めることができました。
 
 長く持ち越した夢の一つが、ようやく実現しようとしています。
 特定非営利活動法人〈源氏物語電子資料館〉がそれなのです。
 どうやら、私がまだ元気な内に始動できそうです。
 自分の役割が見えて来ました。
 
 ささやかな夢です。
 しかし、私にとっては消えようとしていた夢なのです。
 試行錯誤の中で、この夢を大切に育てていきたいと思います。
 次の世代に、若者たちに、夢を引き継げたら、と思っています。
posted by genjiito at 23:58| Comment(0) | ◆NPO活動

2012年10月08日

工夫をこらしたお茶のお稽古

 昨日に続いて、奈良の平群へ行きました。
 今日は、お茶のお稽古です。

 田圃の畦道には、まだ彼岸花が咲いていました。
 稲穂が黄金色に輝いています。
 
 
 
121008_higanbana
 
 
 

 今週末に、イギリスからのお客様を我が家にお呼びしています。その時に、お茶をたててお迎えすることにしています。そのための実践練習をかねて、今日はその特訓を受けるお稽古です。
 私は、こうしたピンポイントのお稽古をお願いすることが多いのです。わがままな生徒です。

 お客様にはソファーに座ってもらうことを想定し、お菓子の出し方やお茶をたてるタイミングなど、先生に相談しながらお手前の練習をしました。楽しいアイデアが飛び出し、おもしろいお茶会になりそうです。

 部屋を出入りする私の足の動きは、割合スムーズになりした。問題は、本来のお手前のことです。

 今日も、袱紗さばきや茶筅通し、水を茶碗に入れた後に引き柄杓を忘れるなど、いろいろとありました。それでも、流れはわかってきているので、あとはお稽古の回数を重ねて身体で覚えるしかありません。

 一昨日の今日庵訪問や、昨日の信貴山でのお茶会のことを話題にしながら、先生からたくさんの話を聞くことができました。
 なぜ袱紗さばきをするのか、とか、袱紗の上に一の字を書く意味など、新しくいろいろなことがわかってきます。これが、お稽古の中での楽しみでもあります。

 今日の目玉とも言うべき収穫は、お客様にお茶を差し上げた後、お口直しの意味も含めて、白湯を勧める場面を想定したお稽古をしたことでした。実際に取り入れることになったので、なおさらおもしろい設定だと思えるようになりました。

 状況に応じて、いろいろなバリエーションがあり、それを少しずつ覚える楽しさは格別です。
 ただし、いろいろなことを覚えても、すぐに忘れてしまうので、お稽古という修行を長い日時と時間をかけて積むことになるのです。日本の芸事が伝統的な文化にまで昇華し得たのは、こうしたことをうまく組織化し、ルール作りに成功したからだと思われます。

 この文化は、次の世代に伝えていくことで守られていきます。そして、その中に新しいものが取り入れられることで、また次の世代に引き継がれるのでしょう。そんな一面を体現する、おもしろい日々となっています。
posted by genjiito at 23:57| Comment(0) | 美味礼賛

2012年10月07日

信貴山で仲秋の名月のお茶会

 6年前まで住んでいた大和平群でお茶会がありました。国宝『信貴山縁起絵巻』を持つ信貴山朝護孫子寺で開催された「信貴山仲秋茶会」がそれです。

 家を出るとき、息子が気を利かせて電車の時間を調べてくれたので、それに合わせて出発しました。ところが、念のためにメールで送ってくれた情報は、なんと今から3年前の、2009年10月7日の時刻表による検索結果だったのです。しかも、今日は日曜日です。もらったメールの通りには電車がなくて、いくつか乗り換える道々で大慌てをしました。

 途中、大和郡山駅からJR郡山駅までの乗り換えは傑作でした。普通は徒歩で20分ほどかかるところを、近鉄から走りに走って7分でJR駅に辿り着くと、階段を駆け上がるやいなや、ホームに滑り込んで来た電車に飛び乗りました。これで予定通り、王寺駅からの送迎バスに間に合いました。久しぶりに真剣にダッシュをしました。まだ自分にその脚力と元気があることを確かめる、いい機会ともなりました。

 信貴山に来るのは、何年ぶりでしょうか。山の反対側にある大阪府八尾市の信貴霊園には、墓参のためによく来ます。また、お茶のお稽古に、平群までは来ても、その奥にあるこの信貴山までは来る機会がしばらくなかったのです。
 いつもの首振り寅が、本堂を背景に出迎えてくれます。
 
 
 

121007_tora
 
 
 

 まず、点心のお弁当をゆっくりいただきました。

 そして、お茶の先生がおられる成福院へ行きました。
 
 
 
121007_menu
 
 
 

 お菓子は、奈良にある菊屋の光琳菊でした。このお菓子は、楊枝で斬ると皮が懐紙に着いて食べにくいのです。後で先生に伺うと、手で2つに割って食べたらよかったのに、と教えてくださいました。

 次は、玉蔵院で表千家のお手前の薄茶をいただきました。

 さらには、信貴山本堂で、裏千家の立礼のお手前です。ここは借景が大変よかったので、写真を撮らせていただきました。眼下には、王寺市街が広がっています。ここからは見えませんが、左下の奥には法隆寺があります。
 
 
 
121007_nodate1
 
 
 

121007_nodate2
 
 
 

 最後は、二条流の煎茶です。
 正式なお作法を知らなかったので、教えてもらいながらいただきました。お菓子は、一煎目と二煎目の間にいただくものであることを、今回初めて知りました。

 今日は、4席ものお茶席でお菓子とお茶をいただいたことになりました。もう、満足です、満腹です。
 うつらうつらと、居眠りをしながら電車を乗り継いで帰りました。
posted by genjiito at 23:59| Comment(0) | 美味礼賛

2012年10月06日

「今日庵訪問」で貴重な実地実見を体験

 21回目の裏千家「今日庵訪問」に参加しました。
 単なる施設見学に留まらず、やはり自分の目で見ると、それまでに聞いていたことが具体的にイメージできるようになります。断片的に知っていたことが、見たものと少しずつつながります。実地実見には、何ものにも代えがたいものがあります。

 今日庵の中でも、普段は入れないとされている所を、丁寧に案内していただきました。しかも、今日庵は来年から工事に入るそうです。この重要文化財の施設に、文化庁からのいろいろな指示を受けての工事です。補修はしてきたが、工事は初めてのことだ、とのことでした。「今日庵訪問」も来月までで、その次は新しい今日庵の訪問となります。いいタイミングで参加できました。

 この「今日庵訪問」を申し込んだのは初夏だったでしょうか。8月に、抽籤に漏れたとの通知をいただきました。ところが、9月になってから一人分のキャンセルが出たので、という電話が入りました。今日庵からの直接の電話に驚きましたが、とにかく幸運な出来事に違いありません。全国から、たくさんの方々が訪問を希望しておられるのですから。みなさん、なかなか抽籤に当たらないのだそうです。お茶の先生からも、今年がダメでも、また来年申し込みましょう、との慰めのことばをいただいていました。
 午前と午後の内、午前をお願いしました。

 今朝は、今日庵の目の前にある茶道会館に集合です。自宅から自転車で15分。紫式部の墓や宝鏡寺さんに何度も来ているので、この一帯はよく知っています。私が愛用する、竹で編んだ小さな手提げバッグを作ってくださった細川さんの工房も、この近くです。
 紫明通りを堀川通りにぶつかると南に下ってすぐの所に、茶道会館はあります。
 
 
 

121006_kaikan
 
 
 

 集合した会館で開式があり、礼を重んじるところからお辞儀の練習を何度もしました。

 参加者は46名で、2つの班に分かれて見学が始まりました。男性は4名だけです。茶道における男女比率はこんなものなのでしょうか。私以外は、みんな若者です。
 男4人はスーツです。女性では、洋服は3人だけでした。たくさんの和服の女性を見ていると、着こなしの上手下手がよくわかります。これでは、民族衣装としての着物は今の日本人には定着しないな、と思いました。一部の人のものであり、こうしたお茶などの伝統文化に結びつくか、海外の方を意識した場での、見せものとしての民族衣装に留まらざるを得ないのです。残念ですが、着物の費用のこともあります。もっともこの点は、古着が一役買いそうですが。

 閑話休題

 2つのグループに分かれて、今日庵の兜門の前で記念撮影をします。
 
 
 

121006_kabutomon
 
 
 

 兜門から露地を通って玄関へ。
 グループ毎に別れて、各茶室の詳細な説明を伺いました。
 茶室又隠では、突き上げ窓からの採光の妙と、その窓から見えたイチョウが印象的でした。イチョウのいわれは省略しましょう。草庵の雰囲気が体感できました。

 書院造りの寒雲亭では、狩野探幽のふすま絵に見入ってしまいました。
 探幽が描いた絵は、八人の仙人がお酒を飲む姿を描いたもので、楽しい絵です。そして、墨の線の変化に見惚れてしまいました。

 咄々斎には、秀吉が利休に与えたドラが吊ってありました。ちょうどそのまん前に坐っていたので、頭上の意外な所にあり驚きました。

 抛荃斎でお薄をいただきました。老松のお菓子でした。
 先日、東京で研究仲間である先生のお宅に伺った時、この老松のお菓子をお土産に持って行きました。今日のお菓子も、非常に上品であっさりとした味でした。

 利休御祖堂は、利休と三代宗旦をお祀りするところです。今日庵の奥にあります。大徳寺三門の金毛閣の楼上にあり、利休切腹の理由と関わる利休の等身大の木造が、高い位置にある丸窓から見えました。家元は、出張以外は毎朝毎夕ここで勤行なさるそうです。
 記憶違いでなければ、教授昇進の折にはここで許状をお家元から直々にいただくとのことだったように思います。そして、この次のここに来られるのはその時しかないのだそうです。私をはじめとして、ほとんどの方には無縁とも言えることでもあり、それだけ貴重な場所を見ることができた、ということになります。

 一般の見学では見ることのできない、立ち入ることもできない領域へ足を踏み入れることができました。幸運と偶然の巡り合わせからとはいえ、ありがたいことです。

 点心は茶道会館の2階にある大広間で立礼でした。三友居の懐石膳です。ここの懐石料理をいただくのは初めてです。
 お椀には大きな松茸が置かれています。今年初めていただきます。一緒に、大きな鱧が横たわっています。大好きな鱧に満足しました。
 お酒は一献だけいただきました。料理は、ご飯と里芋以外はすべて美味しくいただきました。

 食後は1階で閉式に臨み、家元からのお土産としての寿扇と紋菓と今日庵の冊子をいただきました。

 その後は、手配されたタクシーで聚光院へと向かいました。大徳寺の塔頭の1つである聚光院には、千利休のお墓と、表千家・裏千家・武者小路千家のお墓があります。ここは、利休と三千家の菩提寺なのです。
 
 
 

121006_rikyuhaka
 
 
 

 方丈には、狩野松栄と永徳親子の国宝となっている襖絵がありました。私は、永徳の花鳥図と琴棋書画図を、特にじっくりと拝見しました。探幽との違いを感じたかったのです。
 茶室の閑隠席は重要文化財でした。

 帰り道、金毛閣の前で、案内役のNさんから千利休と大徳寺の話を伺いました。Nさんは非常によく勉強しておられる方で、裏千家で広報を担当しておられるようです。
 
 
 

121006_kinmoukaku
 
 
 

 この大徳寺で自由解散となりました。しかし、私は自転車を茶道会館に置いていたので気楽に歩いて帰ろうとしていたら、Nさんがご自分の車で送ってくださいました。一人でも多くの方にお茶に親しんでもらいたいとの思いを大切にして、全国の会に出向いておられるようです。勉強熱心な方なので、お茶の心を広めるお仕事で、ますます活躍なさることでしょう。最後に、こんないい青年と出会えたことも幸運でした。
posted by genjiito at 23:57| Comment(0) | 身辺雑記

2012年10月05日

自分の名前の漢字表記でまたもや面倒なことに

 先日のフィレンツェでの研究集会では、文字をひらがなで書くか漢字で書くか、ということをテーマとして研究発表がなされ、ディスカッションをしました。
 その問題がまだ尾を引いているかのように、現在作成中の書類に書き、印字した私の名前で面倒な体験をしています。

 私の名前の「てつ」は「鉄」ではなくて「鉃」です。この後者の「鉃」は、今ご覧になっている画面では、金偏に「矢」と表示されているでしょうか。
 Macintosh では正しく表示されることはわかっています。しかし、Windows ではどうなのでしょうか。身の回りにWindows のパソコンがないのでわかりません。
 空白になっている、とよく言われます。これは、最新のマシンで最新のOSならば、大丈夫なのでしょうか。

 職場では、資料やメールなどに正式な文字を使うという配慮から、本来の「鉃」を使ってくださいます。しかし、ほとんどの場合に、この文字だけが空白になっており、間が抜けていていやな思いをしています。たいしたことではないので、文字化けしない普通の「鉄」でいいのに、と思うことがしばしばあります。

 この後者の金偏に「矢」の「鉃」は、音読みが「シ」で訓読みが「やじり」です。当用漢字表、表外漢字字体表、人名漢字表には該当するものがありません。しかし、漢字第3水準にはちゃんと登録されています。
 さらに詳しく記すと、JIS、シフトJIS、区点コードには番号が割り振られていません。しかし、面区点には「1-93-11」、ユニコードでは「U+9243」、UTF-8では「E9 89 83」と、この漢字もしっかりと認定された番号があります。つまり、この番号を指定すると、パソコンの画面に表示され、プリンタに印字されるのです。

 この私の名前の中にある金偏に「矢」の「鉃」が、あるときにはパソコンに表示され、印字されるのに、あるときには表示も印字もされません。その詳しい理由は、今は省略します。
 そんなこともあり、世のほとんどのパソコンが Windows なので、それに合わせて、確実に表示され印字される「鉄」を自分の名前に使っています。ところが今、お役所に提出する正式な文書に無意識に「鉄」を使ったため、書類のやりとりで面倒な思いをしているのです。

 元はと言えば、父が金偏の右側の旁は「矢」だと思い込んでいたことから起きたことです。私の祖父の名前が「鐵三郎」なので、その「鐵」の新漢字のつもりで書いた文字が、実は「鉄」にはなっていなかった、ということなのです。
 これは、高校入試の時に、提出した願書を目の前で確認された高校の先生が指摘してくださったことです。名前の漢字が、住民票と違うと。
 帰ってから父にこのことを言ったところ、それは知らなかったと、何とものんきなことでした。
 そして、大阪の上本町の「近鉃百貨店」を例に出して、近々金を失うのは縁起でもないので「鉃」を使っているのだ、と強弁を口にしていました。また、当時の国鉄でも、「天王寺鉃道管理局」などは、つい最近まで使っていました。今は変えたのでしょうか。そんな調子で、巷では縁起を担ぐ意味からも、「鉃」をよく使っていたものです。

 以来、正式な書類以外は、面倒なので適当に使っています。
 試みに、ネットで検索してみました。実際に私の著書では、ほとんどが本来の「鉃」で印刷されています。
 
 
 

110524_mottocover_2
 
 
 
 しかし、ネットでヒットする著者としての私の名前は、PDF文書以外はほとんどが「鉄」です。

 息子が生まれた時、長男に私の名前の1文字を付けました。その際、私のように煩わしい体験をしなくてもいいように、一般的な「鉄」を付けました。ところが、出生届を受け取った役場の方が気を利かせてくださったのか、何かと面倒な「鉃」をワープロで作字して戸籍に登録されたことが、後で証明書を取り寄せたときにわかりました。すぐに、出生届を確認してもらい、普通の「鉄」に変更してもらいました。

 漢字1文字といえども、いろいろな波紋を起こすものです。
 漢字文化圏に身を置くと、こんなおもしろいことに巻き込まれるのです。実害はそんなにないので楽しい話として人に言えます。しかし、それでも面倒なことが身に降りかかることは確かです。

 今、直面しているので、かつて書いたこの話を、また思い出して語ってしまいました。
posted by genjiito at 23:01| Comment(0) | ◆情報化社会

2012年10月04日

井上靖卒読(145)「風」「夜の金魚」「銹びた海」

■「風」
 自分の一生を決めかねている奈美子の揺れ動く心を、軽快に描きます。銀座を背景にして、戦後間もない昭和29年頃の、新しい女性像が浮かび上がります。スカートをばたばたさせて、銀座四丁目を歩きます。入った喫茶店では友人とばったりと出会ってしまいます。千葉の海岸で友人に会ったことがきっかけで、自分に関する誤解による噂を知ります。人との巡り合わせの不思議さを思い、ついに結婚を決意するのでした。人の心のあやふやな部分を描き出しています。【4】
 なお、『井上靖全集 第七巻』所収の「風」とは別作品です。
 
 
初出誌:婦人画報
初出号数:1954年9月号
 
新潮文庫:道・ローマの宿
井上靖小説全集11:姨捨・蘆
井上靖全集4:短篇4
 
 
 
■「夜の金魚」
 北陸金沢で、20年前の学生時代の旧友に会います。昔と今がちぐはぐになっていて、どうしてもつながりません。人と人との関係、20年の歳月というものの侘びしさを、主人公は知ることになります。【2】
 
 
初出誌:改造
初出号数:1954年10月号
 
集英社文庫:楼門
文春文庫:断崖
井上靖小説全集11:姨捨・蘆
井上靖全集4:短篇4
 
 
 
■「銹びた海」
 学生時代に友と行った上高地や甲府での、楽しい脳天気な話が語られます。しかし、話はやがてこの作品の冒頭に描かれた男泣きの場面に関する、人間として、友としての生きざまが綴られるのです。男同士の友情と心温まる思いやりが、片方の男の死によって溢れでるように思い出される様を、自然体の文章で紡いでいます。
 短いながらも、感動的な作品となっています。【5】
 
 
初出誌:オール読物
初出号数:1954年10月号
 
集英社文庫:楼門
潮文庫:傍観者
井上靖小説全集11:姨捨・蘆
井上靖全集4:短篇4
 
 
 
〔参照書誌データ〕
 井上靖作品館
 http://www2.plala.or.jp/baribarikaniza/inoue/
posted by genjiito at 23:45| Comment(0) | 井上靖卒読

2012年10月03日

井上靖卒読(144)「鮎と競馬」「殺意」「父の愛人」

■「鮎と競馬」
 慎ましく暮らす平凡な夫婦の、おもしろくもおかしい一事件が、軽妙に語られています。女性に関して、妻への隠し事をとげられない夫。夫に内緒でもうけた妻のお金をめぐるエピソード。誠実さが取り柄の夫婦の話です。庶民感覚で、ありきたりの日常のありがたさを描く中に、人間が持つ心の温もりが伝わってくる、井上靖らしい展開です。
 男と女のお互いが隠し事をしていても、結局は何事もなかったかのような平穏な日々に戻る、というのは、井上靖が得意とするパターンです。【3】
 
 
初出誌:オール読物
初出号数:1954年7月号
 
井上靖小説全集11:姨捨・蘆
井上靖全集4:短篇4
 
 
 
■「殺意」
 中学を出て上京して数年。女は仕事も男も転々とする生活の中にいました。そんな時、母校の修学旅行生たちが上野にやって来ます。望郷の思いも手伝って、出迎えにいきました。教師にも生徒にも、特に思い入れはありません。しかし、生徒たちのトラブルに手を貸し、対処しているうちに、自分が役にたち、感謝されたことを実感します。自分の存在意義に気付くことになったのです。その過程を、うまく描いています。最後の衝撃的な展開も、一人の人間が自立する様として、読者を惹き付けます。日常の中の心の転換点を、うまく切り取って示しています。その後の女の生き方が、いや増しに気になってきます。【4】
 
 
初出誌:別冊文藝春秋
初出号数:1954年6月40号
 
文春文庫:断崖
井上靖小説全集10:伊那の白梅・大洗の月
井上靖全集4:短篇4
 
 
 
■「父の愛人」
 父の愛人として、ひっそりと人生を送り、そして静かに余生を終えた一人の女性を、中尾は北陸の田舎町に訪ねました。幼い頃の断片的な思い出が蘇ります。ただし、その女性は5年前に亡くなっていたのです。父との関係よりも、女自身の生き方が、風景画に似ていることに気付きます。それも、刺繍された風景画に。
 ハーフトーンの絵の中に、一人の女が描かれているような小品です。【3】
 
 
初出誌:週刊朝日別冊
初出号数:1954年8月
 
文春文庫:断崖
井上靖小説全集11:姨捨・蘆
井上靖全集4:短篇4
 
 
 
〔参照書誌データ〕
 井上靖作品館
 http://www2.plala.or.jp/baribarikaniza/inoue/
posted by genjiito at 23:44| Comment(0) | 井上靖卒読

2012年10月02日

歯医者さんに通い突貫工事の日々

 今年の初夏から、東京での歯医者さんをこれまでと変えて、深川にある歯科医院に通っています。
 これまでは、黒船橋のたもとにある歯科でした。しかし、3年前に突然そこの先生がお亡くなりになり、以来そのお父さんが診察を続けておられました。しかし、お年を召しておられることもあり、歯が痛み出したことを機に歯医者さんを変えることにしたのです。

 新しい歯医者さんは、妻が通っていて良さそうだったので、私もそこにしました。
 みなさん、歯医者さんはどうして選んでおられるのでしょうか。おそらく口コミかと思われます。また、家族が行っているから、ということも大きな要因でしょう。確たるものがあるわけではなく、何となくそこに、ということが多いと思います。

 さて、当面の虫歯が治った7月から、奥歯や前歯がガタガタになっていたので、それに着手することとなりました。これは、数年来、なにかと面倒だったこともあり、素知らぬふりをして放置していた部分です。歯医者さんの奨めもあり、思い切って大工事の治療をすることにしました。

 私はどの歯医者さんからも、いつも同じことを言われます。
 歯を食いしばって生きているせいで、歯が磨り減るほど摩耗していると。
 確かに、歯軋りによる凹みが、口内の歯の裏など至るところにあります。
 そのため、噛み合わせも悪く、さまざまな身体への障害も自覚することがあります。
 それを、この際なんとかしようと決断しました。

 ただし、7月から8月にかけての入院、海外出張、国内出張の明け暮れで、治療のスケジュールも狂いっぱなしです。それでも、徐々に口の中が整備されてきています。

 ある歯医者さんからは、日の出を見る生活をするように、と勧められました。
 1日の内の折々に、深呼吸をしてゆったりとしたら、というアドバイスをくださった先生も。
 就寝中にも歯を噛みしめているとのことで、マウスピースをはめて寝ていたこともあります。
 そして今回の歯医者さんも、歯軋りで大きな穴がたくさん開いていることに驚いておられました。
 これは酷いと。何をそんなに我慢して耐えているのか、と問われる始末です。

 これ以上、自分の歯に負担をかけない生活を心掛けて、ゆったりとした気持ちを忘れない日々にしたいものです。
 実は、この「したいものです」というフレーズがくせ者です。
 懲りない、というのか、自覚に欠ける物言いとなっていることに、自分では気付いています。
 ゆとりある生活から縁遠い日々を私が送っていることも、自分では充分に自覚しているのです。
 今では学校教育から完全に見放された「ゆとり」が、今の私には、お題目とでも言うべきスローガンとして浮かび上がってきています。
posted by genjiito at 22:14| Comment(0) | 健康雑記

2012年10月01日

井上靖卒読(143)「赤い爪」「杢さん」「青いカフスボタン」

■「赤い爪」
 1人のおさな馴染みの女のことを思い詰めて来た男の心と行動が、克明に描かれています。女のために尽くすことで、満たされた気持ちを噛みしめているのです。最後まで見返りを求めない、相手と自分のために生きる、純粋な男がここにいるのです。単調な展開の中に、執着という男の気持ちだけは、終始伝わってきました。【3】
 
 
初出誌:サンデー毎日
初出号数:1954年5月新緑特別号
 
文春文庫:断崖
井上靖小説全集10:伊那の白梅・大洗の月
井上靖全集4:短篇4
 
 
 
■「杢さん」
 杢さんは、新聞記者としては特に有能ではありません。しかし、人間としては、すばらしかった一記者を思い出しながら語ります。杢さんは目立たちません。しかし、組織を支える上で、欠くことのできない人材なのです。そのことを、作者が新聞記者だったころの体験を基にして描きます。【2】
 
 
初出紙:新聞協会報
初出日:1954年5月31日、6月3日
 
井上靖小説全集10:伊那の白梅・大洗の月
井上靖全集4:短篇4
 
 
 
■「青いカフスボタン」
 新聞記者時代のエピソードを、懐かしみながら書いた作品です。思い出話でもあります。しかし、1人の精力的な部長の姿が、彷彿と立ち上がってくるように語られます。
 叱られたことに、心温まる情を感じます。上司を見詰める視線がいいと思いました。【2】
 
 
初出紙:新聞協会報
初出日:1954年6月14日、17日
 
井上靖小説全集10:伊那の白梅・大洗の月
井上靖全集4:短篇4
 
 
 
〔参照書誌データ〕
 井上靖作品館
 http://www2.plala.or.jp/baribarikaniza/inoue/
posted by genjiito at 22:34| Comment(0) | 井上靖卒読