2012年07月29日

吸血鬼に魅入られた高血糖の日々

 平穏な時間が流れていきます。
 淡々とノルマである血糖値を測っていると、その合間に食事が運ばれて来ます。
 本を読みたくても、検査と検査の間に小刻みな時間が散らばっている一日なので、本に集中できません。効率が悪いのです。しばらくは、予定していた仕事は保留することにしました。

 朝食は、バターロールが出ています。パンも、少し慣れたのか、ノドに引っかからなくなりました。その代わり、血糖値はうなぎ登りです。
 
 
 
120729_asa
 
 
 

 今日のお昼には、そうめんが出ました。涼しそうです。
 
 
 
120729_hiru
 
 
 

 麺類を食べるのは1年ぶりです。糖質制限食では、ご飯、パンに加えて、麺類も避けるべき食品となっているのです。それにしても、そうめん180グラムは多いですね。
 金平ゴボウも、これまでは避けてきたものです。案の定、血糖値はさらに上がっていきます。

 夕食は、サッパリしたものでした。
 
 
 
120729_yoru
 
 
 

 しかし、これが意外に血糖値をグングンと上昇させました。食後40分で早くも307になりビックリしました。さらに、食後1時間で、何と472まで押し上げられました。
 一昨日、検査のために血糖値を上げるグルカゴンという薬を血管に入れられた時には、475まで上がりました。今夜は、それに匹敵するほどの高い数値を記録したのです。2時間後でも301だったので、一見身体に優しそうな食事でも、とんでもないことを引き起こすのです。

 ここに来てからというもの、これまで食べないようにしてきたもののオンパレードです。また、安心して食べても、数値が予想外に高くなる場合もあります。現在出されているのは、糖尿病食としての低カロリー食です。それで予想外に血糖値が上がっているので、このような食事を今後とも食べていくとは思えません。今だけだと思います。
 こうしたことの連続が最後にどのような結論を導き出すのか、大いに楽しみです。
posted by genjiito at 22:03| Comment(0) | *健康雑記