2011年08月20日

いろいろな「そばぼうろ」を楽しむ(2)

 先月末に、「いろいろな「そばぼうろ」を楽しむ」(2011年7月31日)で、6種類の蕎麦ボーロのことを書きました

 その後、〈蕎麦〉のボーロに限らず、この種の食べ物をいろいろと見かけたので、取り上げておきます。
 
(7)京絵巻総本舗「麿の茶ぼうろ」
  本社所在地︰京都市上京区下立売千本東入田中町
 
 
 

110814_marobouro
 
 
 

 これは、私がよくお土産として買い求める「麿のお気に入り」を作っているところのものです。
 
 
(8)京都菓子工業株式会社「京銘菓 蕎麦ぼうる」
  本社所在地︰京都市上京区下立売千本東入田中町
 
 
 

110814_senbonbouru
 
 
 

 この会社は(7)と同じ住所なので、改めて(7)の包装ラベルを見て確認しました。(7)では、製造者として「京絵巻総本舗」とある下に「京都菓子工業株式会社」と明示されているのです。営業戦略上の理由から、こうした名前の使い分けをしておられるのでしょうか? 「麿の〈蕎麦〉ぼうる」としないのはなぜだろう、と余計なことを思ってしまいました。
 
 
(9)福寿堂秀信「南地ぼうろ」
  本社所在地︰大阪市中央区宗右衛門町
 
 
110815_nantibouro
 
 
 
 
 蕎麦ではなくて、バニラ味のぼうろです。

 乳幼児向けの「玉子ボーロ」や「牛乳ボーロ」と「そばボーロ」しか知らなかったので、おもしろくなってきました。
 どうやら、全国各地にご当地ボーロなるものがありそうです。
 お気づきの際にはご一報をお願いします。
posted by genjiito at 23:58| Comment(0) | *美味礼賛