2010年04月19日

転々として消失したブログの復元

 これまで諸般の事情により、いくつかのサーバーからブログを公開してきました。私のブログが転々とした理由は、ほとんどが私の責任ではなく、サーバー側にあります。しかし、より多くの方に語りかけたいこともあり、その時々の状況を判断してサーバーを選んできました。
 とにかく、運がなかったこともあり、これまでブログに書いたものの半数以上が、今では読めなくなっています。

 そうした経緯は、「なぜかブログの発進地が変わりました」にまとめてありますので、おついでの折にでもお読みいただけると幸いです。

 今は読めなくなったものを、折を見ては少しずつ復元しています。しかし、消失したものが膨大であることもあり、復元にはまだまだ日時を要します。根気強く、このサイトをベースにして、再構築していきたいと思っています。
 もっとも、今利用しているこの「eoブログ」にしても、利用者が掲載した情報をバックアップする仕掛けは、今のところは用意されていません。
 先般、メールで問い合わせたところ、以下の回答をいただいています。

 記事のバックアップにつきましてですが、eoblogにはデータのエクスポート機能がございませんので、データを保存することができません。
 誠に申し訳ございませんが、何卒、ご了承いただければと存じます。(2010年3月7日)



 ということは、ここのサーバーが壊れたときには、掲載した情報はまたまた消失するのです。掲載した記事の控えは、毎回ユーザーがとっておかなければなりません。何とも、この情報化社会で、無防備この上ない、変な仕組みになっています。
 そこで私は、掲載した記事の下書きは、最近は手元に保存するようにしています。画像とのリンクは手作業に拠らざるを得ないという、原始的なことを強いられています。

 これまでに掲載してきた記事で消失したものが、リンクをたどっても見られないことから、どのような内容のものかという問い合わせもいただいています。
 これからは、この読めなくなっている記事の再現も、鋭意おこなっていきたいと思います。

 そこで、まずは一般に公開しはじめた「たたみこも平群の里から」の挨拶文を、以下に復元します。
 そしてこれからは、公開した記事の順に、可能な限り復元することにしたいと思います。

2004年12月13日 身辺雑記
「年の瀬にブログが走り出す」
 −はじめに−

 今年も相変わらず、慌ただしい師走となりました。
 忙しいときに限って、何か別のことをしたくなります。わがままなことです。

 これまで、ミクシィというソーシャル・ネットワーキング・サイトにブログを公開していました。しかし、これは会員制のサイトであるため、読みたいという方がいらっしゃっても、会員でないと読んでもらうことができませんでした。
 何とかしたいと思っているうちに、〈NPO源氏物語の会〉でブログが公開できるようになったので、こちらとリンクすることにしました。

 気ままに、思いつくままにメモを記します。自分のために、そして、私という者がいたことを家族や知人に知らせる、一種の存在証明のつもりで、日々思いつくままを認めるつもりです。

posted by genjiito at 23:56| Comment(0) | ◎情報社会