2010年01月10日

初外出で眼鏡が曇りさらに転倒

 朝食の後、フロントで接続のお願いをしたところ、今日は土曜日で技術者が休みだとのことです。
 そして、明日も、日曜日なので、月曜日にならないと接続の手伝いができないそうです。ビジネスセンターがあるので、そこでなら有料で使えるとのことでした。しかし、部屋で使いたいことを伝えたところ、すぐに部屋に誰かを行かせるということでした。
 30分待っても来ないので、フロントに「まだですか」と電話をしたところ、しばらくして女性が来られました。
 片言の英語で何とか窮状を訴えました。しかし、ネットワークのことは私よりもご存知ない方だったので、時間のロスでもあり、諦めることにしました。

 午前中は、ホテルの周辺を散歩しました。
 まず、吐く息でメガネが曇ります。そして、それが凍結するので、メガネの曇りがそのままシルクスクリーンとなり、やがて白い幕が張られるのです。前が微かにしか見えません。これは意外でした。
 曇り止めのスプレーを持ってくるのでした。

 また、膝から太腿が非常に寒さを感じます。足元だけではなく、下半身全体にも、寒さが直撃しているようです。

 ホテルに帰る坂道でのことでした。
 フッと気を抜いたのでしょうか。ものの見事に転んでしまいました。右手で受け身をしたので事なきをえました。しかし、手が沁みるほど冷たい感触が、しばらく間は残っていました。
 これは、外出時に一番注意すべきことのようです。

 この記事も、パソコンを借りての更新です。
posted by genjiito at 22:02| Comment(0) | TrackBack(1) | ◎国際交流

マイナス34度のウランバートルに到着

 チンギス・ハーン国際空港に着いたのは、夜の11時過ぎでした。時差は1時間なので、日本の深夜0時です。
 気温はマイナス34度でした。話に聞いていた、驚異の氷点下の世界です。

 機内から出ると、吐く息がたばこのように白いのです。日本ではないことに、新鮮な思いがしました。日本の稚内(ノサップ岬)と同じ緯度です。
 呼吸が、少し息苦しいようです。これは、寒さばかりではなくて、ウランバートルが海抜1350メートルのせいでしょう。空気が薄い気がします。しばらくの間は、幾分深く呼吸をしていました。
 荷物がなかなか出てきません。ターンテーブルの横で待っているうちに、足がだんだん冷えてきました。靴は、日本から履いて来たスポーツシューズです。ヒートテックの靴下を2枚履いているとはいえ、マイナス34度は足下をジンジン包み込んで来ます。

 昨日から長期調査のためにウランバートル入りしていた国立民族学博物館の大学院生のHさんが、空港に迎えに来てくれていました。真夜中なので、大助かりです。ありがたいことです。これから一週間お世話になる運転者さんも一緒です。心強いことです。
 車を空港玄関のすぐ前に留めているとのことなので、急いで外へでました。
 外気は最初は何ともなかったのですが、次第に肌を刺すようになります。
 空気の冷たさが目の縁に沁みます。メガネのフレームが冷たくなっていくのを実感できます。
 
 
 
100108airport2
 
 
100108airport3
 
 
 
 地面が凍結しているので、気をつけて歩きながら車に乗り込み、一路ホテルへ向かいます。
 一面、白い世界です。

 ホテルのチェックインを終えたのは、深夜の1時を過ぎていました。
 部屋は暖かく、お湯がでたのでホッとしました。部屋には、スチームの暖房機が2つあります。
 
 
 
100108airport5
 
 
 
 早速インターネットを使おうとしましたが、なかなかつながりません。
 ウインドウズマシンの接続方法を書いた紙は置いてあります。

The instruction for use ADSL internet connection (WINDOWS only)

高速LAN接続マニュアル(ウインドウズ版)


 しかし、マッキントッシュのパソコンに関しては、次のように書いてあります。

Please ask the Hotel concierge if you can't connect to the internet by using Machintosh.

マッキントッシュの場合は接続できない場合がありますので、個別にお問い合わせください。


 いろいろと設定を試行錯誤しました。しかし、どうしてもつながりません。
 
 
 
100108mac
 
 
 
 初日の夜も遅いことなので、諦めることにしました。

 なお、昨日と今日の記事は、ウインドウズマシンを借りてアップロードしたものです。
posted by genjiito at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ◎国際交流