2010年01月08日

最悪の経路で成田へ

出発する段になって、大きな防寒靴をキャリーバッグに入れ忘れていることに気づきました。
何回か履いて歩く練習をした靴です。しかし、このままでは、とても入りません。
すでに詰めたものをいくつか諦めて取り出し、なんとかチャックが閉まりました。

ネットで調べてプリントアウトしておいた紙を片手に、予定通り出発です。

ところが、この前に成田へ行くときもそうだったように、今回も愚かなことをしました。

地下鉄の西船橋駅から京成西船駅に乗り換えるときに気づきました。前から人が来ると擦れ違えないほど狭い道を、しかもガタガタ道で、まともにはキャリーバッグを引けないところを歩くのです。それも、なんと7分も。
駅で道を聞いた時に、バカ丁寧に教えてくださったのは、こんなことだったからなのでしょう。用意してあった道案内の地図をくださった訳がわかりました。こんな経路で成田へ行く人は、よほどの事情がある人でしょう。
どうやら、運賃の一番安い順に検索したものを、その経路をよく確認もせずにプリントしたようです。
苦労して駅に着いても、小さな駅のために、一つしかない改札を入ってから、さらに反対側のホームに渡るのです。
運に見放された時によくある、お決まりのパターンです。
私は、一番薦められない経路を選択したのです。

こんな調子の出発となりました。
さて、今回の旅は、どんなことがあるのでしょうか。

まずは、iPhoneからの投稿です。
posted by genjiito at 14:05| Comment(0) | ◎国際交流