2009年12月31日

2009年の10大出来事

 今年も、いろいろなことがありました。
 そして、無事に年を越せることに感謝しています。

 以下、この1年間を時系列に思い出してみます。

1.印度ネルー大学でウルドゥー語訳源氏物語を発見
2.伊国ベネチア・フィレンツェ・ローマ大学で調査
3.国文学研究資料館館長が伊井先生から今西先生へ
4.大学時代の恩師で仲人だった小林茂美先生ご逝去
5.40年間未開封だった亡母からの手紙を開封する
6.2年ぶりのスクーバダイビングで南紀白浜へ行く
7.英国へ2度行きケンブリッジ大学で国際集会開催
8.谷崎潤一郎全集を揃え作品を発表順に読み始める
9.上下の奥歯の手術直後に担当医だった先生が急逝
10.本ブログ「賀茂街道から2」を毎日欠かさず更新

 さて、来年はどんな年になるのでしょうか。

 今年は、生き方を意識的にスローダウンしました。
 なかなか辛い局面もありました。しかし、何とか1年を過ごすことができました。
 そのために、いろいろな方に、いろいろな所でご迷惑をおかけしたことと思います。
 来年も、このままもう少しペースをダウンしたいと思います。
 何とか出来そうでも、敢えてしない、ということを今年から実践し出したのです。
 組み込まれた63年という寿命を、1日でも長く生きたいと思うようになったからです。

 みなさまにはご迷惑をおかけしますが、私なりの事情があってのことです。
 これまでと変わることなく、来年もよろしくお付き合いのほどを、お願いいたします。
posted by genjiito at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | *身辺雑記

京洛逍遙(116)師走の錦市場

 年末には、錦市場へ買い出しに行きます。
 奈良にいたころから、毎年出かけていました。

 今年も、大賑わいです。
 歩くのが大変で、時々立ち止まっては、反対方向からの買い物客を遣り過ごすことになります。
 市場を見物する人が多いせいか、手に買った物のない人が目立ちました。
 
 
 
091230nishiki1
 
 
 
 今年は、待望の龍飛巻を手に入れました。
 生湯葉も甘鯛も赤カブも、みんな少し高めでした。
 錦の赤カブは立派でした。店頭になくて、裏から出してもらいました。値段も、一本300円と豪勢です。

 お正月ならではの乾物など、楽しい食材もいっぱいあります。
 
 
 
091230nishiki2
 
 
 
 錦には、何でもあります。衣料品屋さんもあるのです。

 錦市場は、烏丸側から河原町方面へ東西約400メートル、そこに約130軒の店が軒を連ねています。
 新京極商店街のある東の突き当たりには、錦天満宮があります。
 日頃は素通りなので、久しぶりにお参りしました。
 
 
 
091230nishiki3
 
 
 
 お参りの仕方などが、時代に迎合しているように思えます。

091230nishiki4
 
 
 
 修学旅行生が多い地域であることを意識してのものなのでしょうか。
 少しがっかりでした。

 年の瀬の三条から四条にかけて、このあたりの人出は大変です。
 年が明けると、着物姿の人々で溢れることになります。
posted by genjiito at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎京洛逍遥