2009年12月29日

「楚者鶴」の「そば寿司」

 京都での食事は、自分のカロリー制限を意識して食べ歩いています。
 そのせいもあり、もっぱら和食が中心です。
 もちろん、回転寿司がベースとなる食事です。しかし、イタリア料理もオリーブオイルが効果的なので、けっこう入って見たりしています。

 お蕎麦屋さんも、いろいろと覗きました。中でも、近所の大宮通りにある「楚者(そば)鶴」は、気に入ったお店なので、何度も行っています。


 年末の忙しいときでもあり、今日も行きました。夫婦2人で仲睦まじくお店をなさっているせいか、雰囲気がとてもほっこりしています。落ち着いて食べられるのです。
 
 
 
091229soba1
 
 
 
 この店では、私はいつも「そば寿司」を注文します。
 
 
 
091229soba2
 
 
 
 お酢の加減が、私にピッタリなのです。そして、ショウガの味も、好みです。

 大宮通り商店街は、京洛の名だたる商店街の中でも、私は気に入っているところです。 
 その歴史は言わずとしれたこと。
 今の清潔感は、何度行っても気持ちのいいものです。
 整然とした町並みに構えるお店の一つ一つが、歴史を感じさせます。
 交通の便がよくないので、地元の人しかいかないところです。それが、この商店街のよさだと思います。

 私が京都に住まうようになって2年です。その間にも、少し元気がなくなってきた店を見かけます。
 地域で活力を再生してほしいと願っています。
posted by genjiito at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | *美味礼賛