2009年11月04日

予期せぬ夜の祝祭

 突然連絡があり、話があると……。
 あまりいいことは考えられません。
 チョッと気の重い話なのでしょう。

 東京駅で6時に待ち合わせは?、との指定です。
 しかし、その時間までに立川からは行けません。
 新宿では、と言うと、アルタの前になりました。

 昨日、松本清張の『ゼロの焦点』を読み終えたばかりです。
 月に10日は東京、20日は金沢の生活をする男の話です。
 似たような私ですが金沢の断崖に立つことはなさそうです。

 てっきり一人かと思ったら、もう一人のツレ。
 あやしげな、それでいてよく知っている男女。
 何事かと、思いをめぐらしながらのネオン街。

 新宿駅からは外れにある、とあるビルの地下に連れて行かれました。
 私には不似合いな、モダンなイタリアン・バーの片隅に座りました。
 まったくこの状況が読めないままに、トマトのお酒を注文しました。

 雑談をしているうちに、こんな言葉を書いたものを渡されました。
 私が大好きな、井上靖の『星と祭』の1節が書かれているのです。
 『星と祭り』の「り」は不要だよ、などとは言えない雰囲気です。
 
 
 
091104birthday1
 
 
091104birthday2
 
 
 
 実は、このフレーズは、私にとっては思い出深いものです。
 伊豆の海辺で星を見ながらプロポーズらしき時の言葉です。
 結婚を意識しての照れながら交わした会話の一部なのです。

 やがて、こんな綺麗なお皿が運ばれてきました。
 チョコで書かれたアルファベットが読めません。
 最初の大文字は何か、しばらく眺めていました。
 
 
 
091104birthday3
 
 
 
 家族以外から誕生日を祝ってもらう。
 これまでになかった出来事なのです。
 記憶にないことが今日起きたのです。
posted by genjiito at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | *身辺雑記