2009年06月06日

液晶モニタがこんなに安い!

 宿舎の掃除があるために、今週末は東京です。

 『Mac Fan』という雑誌を見ていたら、22インチのフルHD液晶ディスプレイの実売価格が18,000円くらいだとのことでした。それも、iMac24インチのディスプレイとの比較でも、拘らなければ結構実用的との評価でした。

 『Mac Fan』は、もう15年近く購読し続けているパソコンの雑誌です。マッキントッシュに関する最新情報満載です。最近は、iPhoneの記事が増えました。
 アップルユーザーにポイントが絞ってあるので、有益な情報が多いのです。毎月29日になると書店で買います。
 今月号は、二条城をまっすぐ上った大宮通の小さな書店で買いました。どこで買っても同じなので、地元の書店を大事にしています。

 さて、2万円を切る価格なら、宿舎のパソコン環境も少しよくしようと思い、銀座のスポーツクラブへ行くついでに、有楽町駅前のビックカメラへ立ち寄りました。


 過日も、本ブログに「液晶モニター入門講座に参加」を書いたように、ディスプレイについては常々関心を持っています。

 店頭には、20台ほど並んでいました。しかし、みんな2万円以上します。ビックカメラは安いし行きやすいところにあるので、よく利用します。立川駅前にもあります。
 しかし、今回のディスプレイに関しては、結構高めで販売されていました。
 こんなに高いのなら、パスせざるを得ません。


 銀座三丁目に向かうと、歩行者天国でした。たくさんの人が道に溢れるようにしてウインドウショッピングです。
 昨日から体調が優れないので、今日はプールで少しだけ泳ぎ、デッキでライトを浴びながら仮眠をし、スチームサウナで時間を潰して帰りました。

 ディスプレイのことが気になり、東京国際フォーラムを横切って東京駅へ向かい、秋葉原へ行くことにしました。

 秋葉原は、本当に久しぶりです。7年以上も行っていないと思います。
 かつては、秋葉原によく行っていました。
 『源氏物語別本集成』を刊行する時には、桜楓社(現在のおうふう)の坂倉さんと、版下作成に使うレーザープリンタを探しに来たりしました。
 コスプレの女の子が、道々たくさんいました。ビラやチラシを配っていました。
 俄カメラマンに囲まれている女の子もいました。
 私の知っている秋葉原とは、まったく違う雰囲気になっています。
 ソフマップの前には、パトカーが止まっていました。警察官もよく見かけました。
 昨年の6月8日に、ここの歩行者天国で無差別殺傷事件があり、7人の方が亡くなられました。
 以来、秋葉原の歩行者天国は、今も中止されたままです。
 銀座の歩行者天国を歩いてきたばかりなので、ぜひとも復活させてほしいと思います。車を気にせずに道を歩けるのは、非常に開放感を味わえます。
 事件の後、いろいろな問題があって再開できないのでしょう。
 私も、辺りの様子を伺いながら歩いていました。自然と、後ろの様子が気になりました。

 さて、ソフマップで、21.5インチのフルHD液晶ディスプレイが16,800円で店頭に並んでいました。acerという会社の製品です。acerは台湾でスタートした会社で、私としてはこれまでに縁はなかったものの、好感を持っていた会社です。

 すぐにこれに決め、持ち帰って早速こうして使い出しました。
 スピーカーの音もなかなかいいように思います。


090606monita右22インチ、左19インチ



 これで、宿舎のパソコン環境も、22インチと19インチの2台のディスプレイとなり、広い画面で仕事ができます。
 宿舎にいる時間が短い生活なので、これまではあまり環境に配慮はしていませんでした。
 これを機会に、もう少し仕事の出来る部屋にしようと思います。

 3年前のことですが、19インチの液晶モニタを2万8千円で買ったことを、当時のブログに書いています。


広いデスクトップで書類作成


 あの時も、その安さに驚いていました。それが、さらに大きく、高性能になって、それでいてもっと安いのです。
 パソコン関連の価格は、時代と共に移り変わります。パソコン本体はもちろんのこと、プリンタ、スキャナ、ハードディスク等々、信じられない値段で売られています。

 パソコン関連用品は、ほしいと思ったその時に買うべきです。
 後で安くなってから、と思うと損をします。
 必要な時に、必要なものを買う、というのが一番いいようです。
posted by genjiito at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | *身辺雑記