2009年01月12日

成人式を欠席

 今日は成人式でした。
 我が家に、新成人が一人います。しかし、式には行かなかったとのことでした。
 理由は、昨年京都に来たばかりでここには友達がいないので、一人で行ってもおもしろくないからだそうです。
 奈良なら高校時代の同級生がいるので、あそこなら行ったのに、と言っていました。

 長女も、成人式には行っていません。ちょうど、英国留学中だったからです。

 長男だけは、地元平群であったので、成人式に出ています。

 子どもたちは、3人のうち2人は成人式を欠席したのです。

 かく言う私も、成人式には行っていません。というより、行けませんでした。
 ちょうど成人式の数日前に、勤めていた新聞配達店が火事になりました。成人式には、マラソンにエントリーしていました。しかし、焼け出された後で着るものがなくて、式もマラソンも断念しました。
 両親が、成人の記念に作ってくれた背広も、着ることもなく燃えてしまいました。
 式の当日には、役所から配給された毛布と、新聞社から支給された配達用のジャージのユニホームを身に付けて、近所の神社のフロアーで蹲っていたことを覚えています。

 いろいろな成人式があることでしょう。
 式典に出て、新たな誓いのもとに社会人を自覚することは大事です。
 気分を一新してのスタートは、気持ちのいいものです。

 ただし、その時のことを覚えていれば、それが何であれ、一番いい記念だと思います。
posted by genjiito at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | *身辺雑記