2008年05月18日

角田先生のお通夜

 角田文衞先生が、先週水曜日の14日午後11時59分に、急性呼吸不全のためにお亡くなりになりました。この時間帯は、私がいつもプログをアップする時刻です。
 ちょうど、この日のこの時間には、「読書雑記(8)澤野久雄『失踪』」(http://blog.kansai.com/genjiito/285)をアップした時にあたります。
 また、父が5月15日に亡くなっているので、その日付の変わる時間が印象的でした。

 今日の夕刻、西九条のブライトホールでしめやかに行なわれたお通夜に行ってきました。
 記帳をした時に、すぐ上に京都府知事の名前があったので、参列者の幅の広さが伺えました。
 お焼香をすませると、そのまま流れるように散会するような方式だったので、会場にあまり長時間いたのではありません。

 広い部屋の一番後ろの隅に、角田先生のために尽力してこられた藤本孝一先生が、うな垂れたままジッとしておられました。一言だけですが声をおかけしましたが、黙考なさっていたのでお邪魔しないようにして、参会者の席に着きました。
 私の少し前には、角川学芸出版のKさんの姿が見えました。

 角田先生のご自宅がある下鴨中川原町へ伺ったのは、ちょうど一年前の春の盛りでした。
 古代学協会のNさんの運転で、藤本先生に連れられて、桜がみごとだという半木の道を見せてもらいながら向かいました。
 あの時は、まだ私はこの北山の地に住むとは思いもしない時期でした。漠然と、賀茂川の近くを探していました。それが何と、角田先生のお宅まで歩いて十分もかからないという所にいるのですから、不思議なことです。
 先生のご自宅には、大島本を国文学研究資料館の展示にお借りしたいということで、お願いとご説明に伺ったのです。耳が遠くていらっしゃいましたが、元気にはっきりとお話をしてくださいました。

 その折のことは、以下のブログに書きましたので省筆します。

「源氏千年(29)朝日「人脈記」3」
http://blog.kansai.com/genjiito/256

 
 お通夜に行く前に、京都市考古資料館に立ち寄りました。
 ここでは、「特別展示 紫式部の生きた京都」という催しをしていました。
 京都を掘り起こすことに功績のあった角田先生に関する展示でもあるので、いつもの自転車で行きました。


Fbu3mck__s考古資料館



Pfetztbl_s正面



 この展示は、天徳4年(960)に内裏が焼亡してから、万寿4年(1027)に道長が死ぬまでの摂関期を中心にした、紫式部が生きた時代の考古遺物としての出土品が見られました。いわば、『源氏物語』が描かれた背景とも言える出土品の約300点が展示されているのです。

 角田先生にお別れを言いに行く前に、少し勉強をしたことになります。
 これも、人との別れのありようの一つだと思っています。



posted by genjiito at 23:57| Comment(0) | TrackBack(1) | *身辺雑記

源氏千年(47)音楽で『源氏物語』

 俳優の関(観世)弘子さんが、今月の11日にお亡くなりになりました。
 78歳だったそうです。

 阿部秋生先生がお作りになった『源氏物語』の校訂本文(小学館版)を、情感を込めてその全文を朗読されました。自主制作されたCD―ROMは、何と百枚にもなるものでした。
 制作費の一部を支援するという趣旨での送金をすると、出来次第に四五枚のCD―ROMが入った小箱が届きました。したがって、市販されてはいません。公共図書館などに行けばあると思います。
 大分まえのことになりますが、その完成を記念するパーティーが東京であった時に、私もお祝いに行きました。
 今も、必要に応じて、CD―ROMを聞くことがあります。
 日本文化にとって、これは貴重な財産です。

 CD―ROMで思い出しました。
 『源氏物語』の千年紀を記念する一環として、音楽CDが応援グッズとして出ています。


Kujdxele_s2枚のCD



 上が、リンの『源氏ノスタルジー』です。DVDも付いているので、映像でも楽しめます。
 3人の女性が琴・琵琶を奏で、そして歌います。
 収録曲は、「紫のゆかり、ふたたび」「GENJI」「千年の虹」「乱華」「名もなき花」「浅キ夢見シ」です。最初の2曲には歌はありません。
 好みはあるでしょうが、和の雰囲気は出ています。
 「千年の虹」は、耳になじみやすい感じがします。

 下は、服部浩子の『むらさき日記』です。
 演歌です。収録された2曲の内、もうひとつは「松竹梅」という祝い歌で、これは『源氏物語』とは関係ありません。
 これの好き嫌いは、人によっていろいろでしょう。

 私はiPodに入れているので、シャッフルされた曲の一つとして、何かの拍子にこれらを聞くことがあります。最初は何回か聴いていました。しかし、今は自分で選曲して聞くことはなくなりました。

 この2種類のCDは、マァ難しく言えば、『源氏物語』に関する受容資料の一つとして、という位置づけです。

 朝日新聞の京都版(4月29日)によると、『むらさき日記』は今年の1月に発売されて以来、邦楽シングルランキングで17位まで記録した人気曲だそうです。もっとも、源氏物語千年紀委員会が応援歌としているようなので、そのあたりに何か特別な背景があるのかもしれません。あくまでも推測ですが。
 このCDは、『万葉集』と『小倉百人一首』に続く第3弾とのことです。
 日本文学シリーズとして企画を進めていかれたら、それはおもしろいものにまとまることでしょう。

 それよりも、私はリンの方の今後の活動が楽しみです。いい雰囲気があるので、曲に恵まれるといいですね。
 今回のCDには、ケースの上に源氏物語千年紀委員会の認定シールが貼られていました。『むらさき日記』は、ジャケットに印刷されていました。
 ロゴ使用について、認定のタイミングがあったのでしょうか。




posted by genjiito at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎源氏物語