2008年04月26日

辻村寿三郎さんの古典人形

 この記事は、本年3月9日に京都・高島屋グランドホールで観た、辻村寿三郎さんの「新作人形展 〜平成アールデコ〜」についてのものです。
 実は、以下の文章を書いた後に、突然パソコンの電源が入らなくなりました。そして、原因がロジックボードらしいということだったので、修理に出していました。このことは、以下の2つのブログで報告した通りです。

「またパソコンが休眠」
http://blog.kansai.com/genjiito/201

「仮死状態のノートパソコン」
http://blog.kansai.com/genjiito/202

 先日修理を終えた、というか、ロジックボードが交換されたパソコンがもどってきたので、無事だったハードディスクから取り出した文章の一つが、この記事です。
 時期を失した内容ですが、大事な記録でもあるので掲載します。

***************
 辻村さんの人形展を初めて観ました。なかなか機会がなかったからです。
 展示会場に入ったところで、たまたま辻村さんご本人によるギャラリートークが、入口の『雨月物語』をテーマとする作品から始まったところでした。こんな企画があったとは知りませんでした。
 これはまたとないチャンスなので、辻村さんの説明を聞きながら、人形にまつわる苦労話や、お得意(?)の人生訓に耳を傾けました。今の世相へのご不満が、作品の説明を忘れてなされていましたので、これはこれで楽しく拝聴しました。
 とにかく偶然とはいえ、真横で作者のお話を聞きながら作品を見て回るのは、人形に込められた気持ちが伝わってくるので、得難い体験となりました。
 辻村さんの、『平家物語』の時代や『八犬伝』『雨月物語』の江戸時代など、中世から近世への造詣の深さをかいま見ました。

 私が楽しみにしていた『源氏物語』については、ご本人が説明してくださる機会に恵まれたので楽しみにしたのですが、あまり熱が入っていなかったように思います。
 第1巻の「桐壷」から第5巻の「若紫」までのトピックシーンが、四角い大きな枠のスペースに組まれていました。若紫を北山から盗んでくる場面について、粗っぽい若者のやることは今も昔も変わらない、という短い説明だけで終わりました。時間がなくなったということもあります。
 終わってから、辻村さんのお話に付いてきていた30人ほどの女性たちの中から、3人くらいが質問をしていました。桐壷の更衣が狂っている状況や、着物の色、そして真ん中に置かれた大きな女性の人形についてです。

 辻村さんは、『源氏物語』にはあまり思い入れがないようです。『雨月物語』の説明の時のような、熱っぽい説明はありませんでした。ただし、桐壷の更衣のかわいそうな境遇には心惹かれたらしくて、放心状態で裸のまま庭をさまよう更衣と、そんな更衣に女房が赤子の光源氏を差し出す場面の説明を、ほんの少しだけしてくださいました。
 「人を孤独にしてはいけない」
 「人は温もりを求めている」
 辻村さんは、ドラマの内側に見え隠れする、人間の情念のほとばしりに反応される方のようにお見受けしました。
 人形が付けている着物については、京都などの各所で催される古物市などで入手された布などを活用されているとのこと。古着を使って、自分好みの人形にしているのだとか。スダレなどの小道具も、処分されるものの再活用だそうです。
 真ん中に展示されていた大きな人形は、紫式部だとのことでした。男っぽい人になっていますが、真実を見ることのできる人は、こんなイメージになると仰っていました。

 『源氏物語』のコーナーの前に大日如来や空海の人形があり、熱っぽく人間の生き方とか人生について語られました。しかし私は、その右手前にあった、桐壷をテーマにした人形が気になりました。直前の解説では、桐壷帝の膝やお腹にハマグリを使っているので、その丸みを観てほしいとのことでした。平家の公達などの人間を表現する時には、人間の形をした人形になるが、『源氏物語』などの場合は、自分を拒否する貝を使うので、こうした形になる、と言われました。その意味がまだよく私にはわかりませんが、聞いたままをここに書き留めておきましょう。

 なお、『源氏物語』の人形の中でも桐壷の更衣については、作品の添え書きに「桐壷」とありました。例えば先ほどの大日如来の右側にあった人形には、「若宮の誕生を帝に報告する桐壷」と。
 紛らわしいので、これは「桐壷更衣」とハッキリさせたほうがいいように思いました。

 辻村さんが『源氏物語』に着手されたのは、2001年4月の日本橋三越で発表された「源氏絵巻縁起」からのようです。68歳の時です。これが今回も展示会場の中央にあったもののようです。
 辻村さんは、早くから『源氏物語』に取り組んでおられたように思っていましたが、勘違いしていました。

 帰ってからすぐに、手元の資料を出して見ました。
 『アサヒグラフ』(通巻4001号、1998年11月、朝日新聞社)の表紙を見て、自分の思い違いの原因がわかりました。表紙には「ホリ・ヒロシ 源氏物語」とあるのです。
 ホリさんの人形は、宇治市源氏物語ミュージアムで上映されていた映画『浮舟』でよく知られています。このホリ版『源氏物語』と、この辻村さんの『源氏物語』の人形は、今回たまたま人形の顔をジックリと観、そして着物の作られ方を知ったために、ようやくその違いがわかりました。2人の人形師の味の違いが、少しわかってきました。

 今回、辻村さんにお目にかかれたのもご縁なのでしょうから、図録として販売されていた作品集を買い、それにサインをしてもらいました。


5x8hrgvi_sサイン入り図録



 作品集には、『源氏物語』は1頁だけで、桐壷更衣が狂っている部分が、ほんの小さく紹介されているだけでした。これが、辻村さんにとっての『源氏物語』の位置づけなのでしょう。
 今回は、源氏千年紀という流れの中での京都での展示でしたが、ご本人はそんなことには頓着することなく、マイペースで作品に向かっておられるのがわかりました。



posted by genjiito at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ■古典文学

モバイルノート

 新幹線の中でのことです。
 隣の人がノートパソコンのキーボードを叩き出しました。
 ちょうど私が iPod touch を取り出して、ブログのためのメモを入力しようとしていたところだったのです。期せずしてモバイル世代の新旧が並んだことになりました。
 隣の人はせわしなく両手でキーボードを叩いておられます。こちらは掌に載せたPod touch に、人差し指一本で文字を入力しています。
 モバイル環境が、確実に移行しています。時代が移りつつあることを実感しています。
 大きなノートパソコンを人前で広げる光景は、今後はますます減ることでしょう。
 私が最初に使ったノートパソコンは、エプソンのものでした。ボストンバッグのようで、重たいものでした。
 今のノートパソコンは、MacBookエアを筆頭に、薄くて軽いものになりました。先日、発注しましたので、届き次第に使い心地を報告しましょう。

 とにかく、PDAタイプの iPod touch は、究極のテキスト入力マシンではないでしょうか。
 かつては、カシオの腕時計で、文字が入力できるものがありました。私は、2種類の時計型文字入力リストウオッチを手に巻いていました。現在の携帯電話も、文字入力マシンと呼べますが、入力方式が前時代なので、私はほとんど使いません。携帯でメールはしませんので。
 今は、 iPhoneの日本上陸を、ひたすら待ち望んでいます。
 この分野へのソニーの再チャレンジを熱望しています。



posted by genjiito at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | *身辺雑記

源氏千年(32)源氏物語千年紀展スタート

 京都文化博物館で「源氏物語千年紀展 ~恋、千年の時空をこえて~」が始まるのを控えて、開会式と内覧会がありました。昨日のブログで、少しそのことを書きました。もう少し、展示会の内容を紹介したいと思います。

 開会式には、新聞発表では700人が招待されたとあります。確かに、別館のホールは人で埋まっていました。

Fzzjna7j_sテープカット



 テープカットの後、特別鑑賞会となり、オープン直前の展示会場へ向かいました。
 会場では、国宝や重文が約40点、すべてで157点ものすばらしい作品が展示されていました。今年の10月から、国文学研究資料館でも源氏展をするので、私は展示する側の者としての視点で見てまわりました。

 ハーバード大学美術館が所蔵する三条西実隆と土佐光信の手になる「源氏物語画帖」は、アメリカからの里帰りということになります。
 ちょうどこの展示コーナーの近くで、ハーバード大学美術館で司書をしておられる、アン・ローズ・キタガワさんにお会いしました。アンさんには、一昨年の2月にハーバード大学へ伺い、美術館が所蔵されている『源氏物語』の鎌倉時代の古写本を見せてもらったときにお世話になりました。今年の11月にも、ハーバード大学で国際集会を開くので、その時に私の発表内容があの『源氏物語』の古写本なので、それを展示してもらうことになっています。偶然にお目にかかり、懐かしさから展示会場であることを忘れて、つい大きな声でお話をしてしまいました。
 ハーバード大学所蔵の『源氏物語』については、先月に「海を渡った古写本『源氏物語』の本文 ―ハーバード大学蔵「須磨」の場合―」(伊井春樹編『日本文学研究ジャーナル 第2号』、平成二〇年三月)と題して発表しました。また、今秋に刊行される論集に、「源氏物語本文の伝流と受容に関する試論―「須磨」における〈河内本群〉と〈別本群〉の本文異同―」と題するものを寄稿しています。
 このハーバード大学の『源氏物語』は、いつかは日本に運んで、里帰り展をしたいと思っています。思い続けていると、いつかは実現するものだと信じています。どうぞ、お楽しみに。

 今回の展覧会の図録は、こんなに見事なものでした。280頁の、ズッシリと重い本です。

Haj4njfn_s図録



 この図録の「第四章 源氏物語の楽しみ 享受の歴史」の「第四節 現代の源氏物語・世界の源氏物語」で、「源氏物語の外国語訳」と題する拙文を寄せています。


Lzji20nh_s拙文



 3頁ほどのスペースですが、『源氏物語』が海外でどのような状況にあるのか、最新情報をもとにして書きました。その一部は、会場のパネルにも引かれていますので、お目に留まれば幸いです。

 図録では、翻訳本をこんな状態で並べて紹介していました。これも、おもしろい手法だと思います。


Cu39mjwp_s海外の源氏



 この中では、クロアチア語訳の『源氏物語』は、ぜひごらんください。日本では、なかなか見られない本です。また、昨年刊行されたハングル訳の最新版があります。これは、私も初めて見るものです。
 こうした本の集積を見ると、『源氏物語』が本当に世界中で訳され、刊行され、読まれていることを実感できます。

 仲間に渡すために、さらに2冊の図録を求めました。その際、こんなトートバッグがあったので、これも買いました。なかなかセンスのいいバッグです。黒地と白地の2種類がありましたが、私はコントラストのはっきりした黒地のものをもらいました。

Uywrqscy_sトートバッグ表



Edrchbmh_sトートバッグ裏



 展覧会の帰りには、こうしたグッズを見るのも楽しいですね。
 今年は、『源氏物語』に関するグッズがあふれていますので、見て歩くだけで飽きません。



posted by genjiito at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎源氏物語