2008年04月13日

京洛逍遥(34)植物園の「光源氏」

 京都府立植物園へ、ツバキ「光源氏」を見に行きました。
 江戸時代からの品種だそうです。


Ztwxbccx_sツバキ光源氏



 この植物園には、源氏物語にゆかりのある植物が、末摘花(ベニバナ)、藤袴、藤、桐、朝顔など86種類もあるそうです。
千年紀に合わせて作成された小冊子「府立植物園でみる 源氏物語の植物」をもらおうと思ったのですが、受付ではもらえませんでした。
 毎週土曜日のミニミニガイドと、月1回の園長さんときまぐれ散歩の参加者にプレゼントしているそうです。何とかしてもらう方法を考えます。

 なお、植物園のウエブサイトでは、園長によるツバキ「光源氏」のビデオ解説が見られます。

http://hightube.jp/botanical-garden/477


 ムラサキシキブはまだ早いそうですが、写真に収めておきました。


Ordmspcf_sムラサキシキブ



 園内の植物園会館では、「京都盆栽展」が開催されていました。その中で、馬場氏出品の「加茂川貴船石 銘 紫式部」という盆栽の石が目に留まりました。じっと見ていると、石が紫式部に見えて来る、なかなかいい石です。


Fmrtqx6g_s貴船石・紫式部



 ゲンペイシダレモモというものもありました。
 一本の枝に、白と桃色の花が咲いていました。紅白で源平だということでした。


Kggswqxr_sゲンペイシダレモモ



 園内には、結婚式を挙げたばかりの二人がいました。
 つい、シャツターを切ってしまいました。


Lzhwsknb_s新婚さん




posted by genjiito at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎京洛逍遥