2008年03月17日

秋の源氏物語展の準備

 今年の秋には、国文学研究資料館の開館を記念して、源氏物語特別展が開催されます。あと6ヶ月半となりました。
 いろいろな方々からアドバイスをもらいながら、記念展の準備を進めたいと思っています。

 現在の国文学研究資料館の正面玄関は、ここまで整備されました。入口の工事は、急ピッチです。


B5fw2daz_s正面玄関



 玄関を入ると、こんな感じです。床の緑の敷物は、工事期間中だけのものです。
 柱の陰になっていますが、左端のガラス戸が閲覧室と展示室への入口です。


Zc9xqooi_s閲覧と展示室の入口は左



 展示室にはすでに道具が運び入れられ、調整と清掃がおこなわれています。


Wwgrjyd2_s展示室奥



 縦に並ぶエアタイトケースは、国宝や重要文化財が展示できるものとなっています。この空間で、この秋に源氏展を開催するのです。

 この部屋をどう区切り、どのような流れで何をみてもらうか、いろいろと工夫を検討しているところです。

 この写真では、展示室の東側だけです。まだ、西側があります。展示担当者としては、この展示室があまりにも細長いので、その対策に追われることを怖れます。

 この部屋がどう変身するのかは、どうぞお楽しみに。




posted by genjiito at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎源氏物語