2008年03月02日

源氏文論尚友(1)2008室伏「本文研究を再検討する意義」

 「読書尚友」ということばがあります。
 これは、書物を読むことによって古の賢人を友とする、という意味です。
 「尚友」の気持ちをもって、『源氏物語』の本文に関する研究成果をたどったいきたいと思います。
 これまでに私は、さまざまな研究論文を読み漁り、読み飛ばしてきました。
 これではもったいないとの気持ちから、何か形として残しておこうと思い立ち、このブログの1項目として「源氏文論尚友」を立てました。専門家に向けた研究論文が対象なので、一般的な内容ではありません。しかし、あくまでも私が読んだ痕跡を残すことも必要ではないかとの思いから、読後感などを思いつくままに記すものです。

 先日刊行したばかりの、私が編集者となっている本から始めるのが順当でしょう。
 その内容については、
http://blog.kansai.com/genjiito/191
を参照願います。

 いつも、さまざまな形で教えを受けている室伏信肋先生の巻頭論文、「本文研究を再検討する意義」(『講座 源氏物語研究 第七巻 源氏物語の本文』、おうふう、2008.2) からです。

 氏は、非常に禁欲的に『源氏物語』の本文と立ち向かわれます。
 それは、本論文末尾の次の言葉に集約されます。

源氏物語を正しく読む唯一の手段は、いま目の前にある一本、それのみである。しかも一本は無数にあるが、相互に比校して訂正すべきではなく解釈にすべてを注いで、伝本を伝えた古人の篤い心を理会してほしい。古典を読む道は、まずそこに始まる。(18頁)


 写本をあるがままに読んで解釈すべきで、新しい異本は決して作ってはいけない、という姿勢が鮮明に示されています。
 本論で例にあげられたのは、第5巻「若紫」における、「日もいと長きにつれづれなれば」と「人なくてつれづれなれば」です。教科書にもよく出てくる箇所なので、日本の高校で古典を教わった方は、ほとんどの方が見たことのある文であるはずです。しかし、学校で異文を教わることはありません。流布本の解釈で留まっているのです。これは、仕方のないこととはいえ、古典はことばが流動しているものだ、というおもしろさを、若い時に摘んでしまうことになっています。
 私は、かつて清水書院の教科書で『源氏物語』の教師用指導書を執筆したことがあります。その時には、異文の存在から古典のおもしろさを教えることを提唱しました。しかし、これは省みられることもなく、今も一つの流布本が全国の学校の教室で読まれています。残念です。

 さて、氏は、この「つれづれ」は「女性を求めて苛立つ光源氏の心理を見事に表現したすがた」だとされます。そして、次のように言われるのです。

「つれづれ」という古語に対する無理解が、本文校訂を誤らせる結果となったとすれば、本文研究の再検討は、諸本探求より以前に古語に対する十全な理会が前提であると思考されるのである。(12頁)


 これは、現在の流布本を読む時ばかりではなくて、異本や異文を読む上でも、大切な心構えであることを、改めて思い知らされることです。

読みやすく活字化されたテキストだけを見て論を立てる前に、せめて新大系本の「補訂の例と表の見方」を熟視してほしい。(14頁)


 これも、現在の『源氏物語』の研究において、手厳しい評言となっています。

 次の文章は、遅々として進まぬ私への批評であるとともに、少しは理解を示してくださったことばではないか、といい意味で捉えています。本書の編者への、ほんの少しばかりの労いの言葉だと、私は勝手に読んでいます。

 青表紙本(定家本)でもない、河内本でもない、それ以外の諸本を一括して呼称されるいわゆる別本も、近年の研究成果や新しい時代の要請によって、別本を底本とした画期的な集成が作成され、その第二次集成まで刊行中で、早くから別本に着目してその重要性を認識していた研究者にとっては、新時代の到来かと喜んだが、まだそのテキスト化は一部にとどまり、一般化するまでには到っていない。しかし、研究の新しい方向としては従来、諸本の中心的役割を担ってきた青表紙本が、本文の性格から、平安時代に伝来した別本の一つという、これまでとはまったく異なる本文の類別化が提唱され、それに賛同する研究者が、ことに本文研究を心がける人たちによって認識されるようになり、これに伴って、諸本を類同化せず、一本を見つめる傾向をたどり始めてきたことは、早くからその意見を推奨してきた筆者にとって、まことに喜ばしいことだと思っている。(16頁)


 このご意見を重く受け止め、現在作成を進めている陽明本・池田本・天理河内本の3本の校訂本文を、1日も早く先生にお目にかけたいと思っています。

 源氏物語は作者生前から、複数存在したという事実は、当時からこれを一元化する可能性が断たれていたことを示す。原形が単数でないところに、その原形を求めて文献を操作しても、その方法論は無効であることは、当時の本が、一本も残っていないという事実よりも重いといわなければならない。(17頁)


 これに対しては、何か私なりの意見が言えそうです。
 しかし、しばらくは反芻して考えたいと思っています。

 とにかく、氏の言葉は、一語一語が重くのしかかってくるものです。
 今一度、『源氏物語』の本文のありようを見つめ、新たな展望を求めて、資料の整理を進めていきたいと思います。

posted by genjiito at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ◎源氏物語

井上靖卒読(30)『霧の道』

 目の回りに痣のある少女の心の変化が、巧みに語られている小説です。

 三弥子は、成長するとともに、他の女の子とは違う自分の容貌に負い目を持つようになります。彼女を取り巻く家族の心遣いも、細やかに描かれます。しかし彼女は、女学校に入学してからは、自らとの闘いを課します。顔を上げて生きるのです。
 他の人との違いに敏感な年ごろの少女を、丹念につづります。そして、成人後、人を好きになってからも時折顔を覗かせる負い目が、最後まで物語を牽引していきます。

 私は、井上靖の作品を読む時に、いつも月と湖が背景に出るのを心待ちにしています。
 この作品では、小宮高介が三弥子にプロポーズした夜の漁港に、月が出るものと思っていました。しかし、月は出ていませんでした。
 というよりも、あえて月がでていない、としているのです。

空を仰いでも月は見えなかったが、仄明るい光線がどことなく辺り一面に漂っている感じだった。(角川文庫、36頁)


 私としては、ここで月を出してほしかったのに … 。なぜ出さなかったのでしょう。

 三弥子は、自分に対する憐れみの情と闘い続けます。

柏きぬ子の憐憫が自分にかけられてあると思うと堪まらなかった。正真正銘の自分の力で柏きぬ子と小宮の愛情を争いたかった。小宮高介の心を争いたかった。(45頁)


 ここには、自分の心に正直な三弥子がいます。
 この作品は、心に染み入る描写が鏤められた、人の情に突き刺さってくる表現が随所に見られる文章で紡がれています。

 ただし、作者が急ぎすぎたせいでしょうか。文脈に疑問を持ったところがあります。
 その文章を引きます。

物心がついてから今日まで、彼女の心を貫いているものは、誰からも憐れみを受けないこと、それから、絶対に自分を卑下しないこと、この二つだったが、これは小宮高介への愛情に対してもまた決して例外ではなかった。(47頁)


と、三弥子にとっての二つの信条が述べられています。
 しかし、最初の方にあった女学校時代の話では、次のように語られていたのです。

三弥子は三年になった春から日記をつけ始めたが、その日記の第一頁に「絶対に自分を卑下しないこと」「絶対に自分自身を忘れないこと」と言う二ケ条を、自分が学校生活に於て今後守るべき信条として書き記した。(15頁)


 「絶対に自分を卑下しないこと」は共通していますが、もう一つが微妙に異なるのです。
 最初に出てきた「絶対に自分自身を忘れないこと」と、次の「誰からも憐れみを受けないこと」の違いです。これは、日記に記した「絶対に自分自身を忘れないこと」を、わかりやすく言い直したのが「誰からも憐れみを受けないこと」だということになるのでしょうか。それには、大いに無理があります。説明が必要です。
 書き進むうちに、憐れみという感情を明示する必要からのものとすべきなのでしょう。
 井上靖の作品の中でのこうした例は、どのようなものがあるのか、今は思い浮かびません。
 小説がどのようにして生まれたのかを考える上では、興味のあるところです。

 また、これまた私の勝手な想像ですが、この『霧の道』は、第1章となっているところで、実際には一旦終わっていたのではないか、と思っています。
 そのことを、少し書きましょう。

 この作品は、第3章まであります。しかし、第1章がその約6割の分量を占めます。第2章は、そのすべてがきぬ子の話となり、第3章で、また三弥子に話が戻ります。この2つの章は、ほぼ同じ分量です。つまり、6対2対2の割合となっています。

 第2章以降のきぬ子は、三弥子に対峙する女性として前面に出てきます。しかし、私はこのきぬ子にどうも馴染めません。この女性の設定は、中途半端なままに終わってしまったように思えるのです。
 三弥子の扱いがよかっただけに、非常に残念です。

 作者の最初の構想では第1章だけだったのでは、という個人的な感想は、その第1章の最後の文章からも伺えます。

 「僕はいまのままの君が好きなんだ」
 小宮の言葉には三弥子だけに解る愛情が暖くこめられてあったが、三弥子はやはり自分が現在立っている道はこの霧のように見透しの利かない道のような気がした。それがまだまだ遠く続いていると思った。
(66頁)


 本作品の題名は、この末尾と呼応するものだとも言えるのではないでしょうか。
 調べれば、このことについて作者のことばなり、何か研究成果があるかもしれません。
 この作品は、『ニューエイジ』という雑誌に連載されました。私が生まれた年の4月号〜6月号と、それに続いて11月号から翌年の1月号という、2回に分けての掲載です。雑誌を見ればいいのですが、この1回目がどこまでだったかが、解決のヒントとなるかもしれません。
 調べもせずに、怠慢なメモで恐縮します。その確認は後日に、ということでご寛恕を … 。

 さらには、冒頭に「おませになったとか、おこしやになったとか」とあり、この「おこしや」の意味がわかりませんでした。
 そこで、最終版である『井上靖全集』で確認しようとしたところ、この『霧の道』は未収録作品であることがわかりました。『井上靖全集』は、井上の全作品が収録されていると思っていたので、意外でした。
 このことは、機会を改めて報告します。【3】




初出誌︰ニューエイジ
連載期間︰1951年4月号〜6月号、11月号〜1952年1月号
連載回数︰6回

文春文庫︰黯い潮・霧の道
角川文庫︰霧の道
井上靖小説全集3︰比良のシャクナゲ・霧の道



posted by genjiito at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | □井上卒読